最新競馬ニュース

【日経新春杯】ムイト12秒1!雪を切り裂き加速

SANSPO.COM

 1,701

 日経新春杯の追い切りが9日、東西トレセンで行われた。雪に見舞われた栗東では、ムイトオブリガードが、サンケイスポーツ調教評価で『S』となる素晴らしい動きを見せた。CWコースでの3頭併せで最先着。重賞初勝利に向けて充実ぶりを誇示した。美浦では菊花賞5着のグローリーヴェイズがWコースで躍動した。

 重賞初勝利にかける思いが、白い湯気となって馬体からあふれ出た。雪中の栗東で、上位人気確実のムイトオブリガードが確かな伸びを披露。動きを見届けた角田調教師は、満足げに切り出した。

 「無事に追い切りができてよかった。1頭だと全然動かないけど、追いかける形が合っている。休み明けとしてはいい状態で臨めると思います」

 未明から降り続く雪の影響で馬場状態が悪化。追い切りを延期する陣営もいた後半の時間帯にCWコースに登場し、3頭併せの最後方からスタートした。折り合いをつけて3コーナー過ぎから徐々に加速。一杯に追われた僚馬に最内から悠々と並びかけると、仕掛けられてグイッと伸びた。6ハロン80秒3、3ハロン38秒2-12秒1をマークし、楽々と最先着。水分を含んだ馬場を考慮すれば上々の内容だ。

 2歳秋に芝でデビュー(2着)したが、脚元に不安があったため、3歳になると負担の少ないダートに転向。成長を待って不安が解消した昨年に再び芝の舞台に戻ってくると、降級と休養を挟んで条件戦を3連勝してオープン入り。前走のGIIアルゼンチン共和国杯では、不向きな展開でもメンバー最速の末脚で2着を確保した。高野助手は「以前に比べて加減せず調教ができるようになって、継続してレースを使えるようになってきたのが大きい」と、本格化した要因を分析する。

 今回は3戦3勝の2400メートル戦。近走は左回りで良績を残しているが、昨年2月に小倉芝2600メートルのコースレコードを樹立するなど2勝を挙げる右回りにも不安はない。角田調教師は「いい舞台なのでスタートさえ決まれば。脚元のことがあるので一回一回が勝負」と結んだ。

 吹雪の中で躍動したムイトオブリガードが、“明け4歳世代旋風”もはね返し、初タイトルをつかみ取る。 (川端亮平)



★日経新春杯の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

 コメント(0

 コメントを書く

コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

関連競馬ニュース

新着競馬ニュース

人気競馬ニュース

会員登録(無料)でできること

レース情報

今週の注目レース

6月30日()
ラジNIK賞 G3
CBC賞 G3

⇒今週の番組表へ

先週のレース結果

6月23日()
宝塚記念 G1
6月22日()
東京ジャンプ G3

⇒先週の番組表へ

総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡7
100,070万円
2 レイデオロ 牡5
87,155万円
3 アーモンドアイ 牝4
74,871万円
4 オジュウチョウサン 牡8
66,681万円
5 スワーヴリチャード 牡5
58,813万円
6 リスグラシュー 牝5
58,398万円
7 キセキ 牡5
52,914万円
8 マカヒキ 牡6
51,710万円
9 アルアイン 牡5
51,170万円
10 アップトゥデイト 牡9
47,571万円
» もっと見る

3歳
1 アドマイヤマーズ 牡3
27,353万円
2 ロジャーバローズ 牡3
26,876万円
3 サートゥルナーリア 牡3
25,716万円
4 グランアレグリア 牝3
19,878万円
5 ダノンファンタジー 牝3
18,337万円
6 ダノンキングリー 牡3
17,411万円
7 ラヴズオンリーユー 牝3
17,295万円
8 ヴェロックス 牡3
16,304万円
9 クロノジェネシス 牝3
14,611万円
10 ニシノデイジー 牡3
11,910万円
» もっと見る