最新競馬ニュース

【ズバリ!調教診断】セントライト記念 前評判の低い重賞ホースが好勝負可能のデキ!中山巧者のアノ馬はケチのつけようがない好内容!

ウマニティ

 3,814

月曜日に行われるセントライト記念の出走馬の追い切り内容について、1頭ずつ考察していきます。予想の際にお役立てください。





ギベオン
栗東坂路と栗東CWを併用して、帰厩後の乗り込み量は十分すぎるほど。CWで行われた1週前追い切りでは不良馬場をものともせず、余力残しで好ラップを記録。半面、同じくCWで実施した最終追い切りの気配はイマイチ。折り合い重視の内容だったが、テンションが高く、鞍上は抑えるのが精一杯に見えた。距離が一気に延びる今回は手を出しづらい。

グレイル
1週前に栗東CWで上々の時計をマーク。同じくCWで行われた今週でも豪快なフットワークを駆使して、及第点のラップを記録した。頭の高い走りは相変わらずだが、前捌きの力強さには目を見張るものがある。乗り込み量の不足もなく、いきなり能力全開のシーンがあるかもしれない。要警戒の1頭だ。

ショウナンラーゼン
この中間は栗東坂路で調整。順調に調教を重ねている点はいいのだが、速い時計を出していない点はマイナス材料。最終追い切りもラスト1Fこそ12秒4でまとめてきたが、全体時計は平凡そのもの。上積みに乏しく、今回は苦しい戦いになるのではないか。

ジェネラーレウーノ
南Wで行われた1週前追い切りでは、やや内めの進路とはいえ、6F80秒割れ、5F50秒ソコソコの好ラップを記録。ラスト1Fも12秒台半ばでまとめており、ケチのつけようがない好内容と言えよう。今週の追い切りでも弾むようなフットワークを見せるなど、とにかく状態の良さが目立つ。主導権を握れるようなら、ガラリ一変があっても驚けない。

コズミックフォース
1週前に南Wで長めからビッシリと追われ、及第点の時計を記録&追走先着。同じく南Wで行われた今週の追い切りでも、バランスのとれた好ラップをマークした。少し行きたがる面を見せたものの、休み明けということを考慮すれば、十分許容範囲。動ける態勢は整っているとみていい。

ゼーゲン
1週前に南Wで及第点の時計を記録&併走先着。同じく南Wで実施した今週の追い切りでもマズマズの時計を刻んできた。ただし、追われてからの反応が鈍く、加速がつくまでに少々時間を要する印象。この馬なりに順調なのかもしれないが、相手が揃う今回は様子見が賢明かもしれない。

ブレステイキング
南Wにて実施した1週前追い切りは、タフなコンディションが影響して、終いのラップこそ要したものの、全体時計は上等の部類。同じく南Wで実施した最終追い切りでも、バランス絶妙の好ラップを記録した。首と四肢がキレイに連動した安定感のあるフォームは惹きつけられるものがある。アッと驚かせる走りを見せてもおかしくはない。

メイショウロセツ
1週前までの内容に目立つところは見受けられなかったが、栗東CWで行われた最終追い切りでは、馬場の外側を深く入って好時計をマーク。併走相手のサンライズソアが踏ん張り切れずに失速したのだから、額面以上の価値がある。輸送をクリアできれば、思わぬ伏兵と化す可能性も十分に考えられる。

タニノフランケル
最終追い切りは栗東CWで3頭併せを実施。余力残しで2頭に先着を果たし、ラスト1Fは11秒台半ばの好ラップをマークした。少しハミうけが悪い点は気になるが、加速してからのリズミカルな脚運びはなかなかのもの。叩いた上積みを十分に感じられる内容だった。デキだけなら文句なし。

トラストケンシン
坂路で行われた最終追い切りでは、ラスト1F12秒5のラップを馬なりで記録。1週前にもラスト1F12秒3の好ラップを刻んでおり、タイムだけなら上々と言える。ただし、動きを確認すると、併走した僚馬に手応えで見劣る心許ない内容。ひと押し足りないところは実戦と同様。条件戦ならいざ知らず、さすがにG2では家賃が高い。

ケイティクレバー
栗東CWで行われた最終追い切りでは、鞍上に軽く促されると良い反応を示し、マズマズの伸び脚を披露した。ただし、攻め巧者の同馬にとってこのくらいは朝メシ前。好調時にように、前へ前へと進むような圧力は感じられなかった。相手が一気に強化する今回は、よほど恵まれないと厳しい。

レイエスプランドル
栗東坂路で行われた今週の追い切りでは、速い時計が出づらい馬場状態のなか、4F52秒7、ラスト1F12秒8という、及第点のラップを刻んできた。ただし、春先のいい頃と比べると頭の位置が安定せず、フットワークもバラつき気味。約2カ月半ぶりの実戦の割に乗り込み量も少なく、仕上がり途上の感は否めない。ここは静観が正解とみる。

ダブルフラット
今週の追い切りは栗東Pで実施。ラスト1Fは11秒台半ばをマークした半面、一杯に追われたにしては全体時計が凡庸。走りやすいコースだけに物足りない印象を受ける。よって、調教面からの強調材料は少ないと言わざるを得ない。

オウケンムーン
帰厩後は南Wと坂路を併用して入念な乗り込み。南Wで行われた1週前追い切りは長めから追われ、好時計を記録&追走先着。同じく南Wで実施した最終追い切りでも、スムーズな走りを披露した。動きを見るに、久々の不安は一切ない。好勝負可能のデキにある。

レイエンダ
南Wで実施した今週の追い切りでは、5Fから僚馬と競いつつ、しっかりと脚を伸ばしてきた。併入のかたちで派手さはないものの、脚いろと手応えは完全に上回っており、大きな問題ではない。素軽い身のこなしと柔らかい脚捌きで駆け抜けるさまは、ここにきて本格化ムードすら漂わせている。初の重賞挑戦で楽ではないが、4連勝を決める下地は十分にある。



ウマニティ重賞攻略チーム

 コメント(0

 コメントを書く

コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

関連競馬ニュース

新着競馬ニュース

人気競馬ニュース

会員登録(無料)でできること

レース情報

今週の注目レース

11月18日()
マイルCS G1
11月17日()
東スポ2歳S G3

⇒今週の番組表へ

先週のレース結果

11月11日()
エリザベス杯 G1
福島記念 G3
11月10日()
デイリー2S G2
武蔵野S G3
京都ジャンプ G3

⇒先週の番組表へ

総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡6
88,022万円
2 サトノダイヤモンド 牡5
86,512万円
3 レイデオロ 牡4
73,559万円
4 オジュウチョウサン 牡7
55,899万円
5 サトノクラウン 牡6
48,604万円
6 マカヒキ 牡5
48,298万円
7 スマートレイアー 牝8
47,984万円
8 ファインニードル 牡5
47,828万円
9 アップトゥデイト 牡8
47,571万円
10 レッドファルクス 牡7
46,924万円
» もっと見る

3歳
1 アーモンドアイ 牝3
41,720万円
2 ワグネリアン 牡3
36,086万円
3 エポカドーロ 牡3
27,016万円
4 ラッキーライラック 牝3
23,653万円
5 フィエールマン 牡3
17,886万円
6 ケイアイノーテック 牡3
17,668万円
7 ダノンプレミアム 牡3
16,651万円
8 ステルヴィオ 牡3
16,395万円
9 エタリオウ 牡3
14,754万円
10 ジェネラーレウーノ 牡3
14,217万円
» もっと見る