最新競馬ニュース

【紫苑ステークス】ズバリ調教診断!


ウマニティ


 1,794  2  0

紫苑ステークスの出走馬の追い切り内容について、1頭ずつ考察していきます。予想の際にお役立てください。


マウレア
南Wで行われた1週前追い切りでは、セダブリランテスと併せて互角以上の走りを披露。同じく南Wで実施した最終追い切りでも上々の動きを見せた。タフな馬場をものともしない、素軽いフットワークが印象的。好仕上がりとみていいだろう。

オハナ
帰厩後は併せ馬を中心に入念な乗り込み。南Wで行われた最終追い切りでは、タフなコンディションにもかかわらず、集中力のある走りを見せた。一方で、速い時計を出した調教が少ない点は気がかり。そのぶん、最後のツメが甘くなる可能性もあるので、注意を払いたい。

パイオニアバイオ
今週の追い切りは南Wで併せ馬を実施。追って頭が高くなるところは相変わらずだが、制御しきれなかったオークスの最終追い切り時と比べればマシなほう。この状態で僚馬を楽々と制しているのだから、秘めた能力はかなりのもの。あとは、テンションおよび馬体を維持できるかどうかが、今回の焦点になる。

サラス
この中間は栗東坂路で順調に調教を消化し、2週前と1週前に上々のラップを計測。悪コンディションのなか行われた最終追い切りでは、少し足下を気にするシーンもあったが、全体的に落ち着いた走りを見せた。上々の仕上がりととらえてもいいのではないか。

ロサグラウカ
最終追い切りは南Wで併せ馬を実施。僚馬を追いかけるかたちで馬場の外側を回り、軽く促されると徐々に差を詰め、最後は楽々と先着を果たした。全体時計こそ遅いが、まとまりのあるフォームで駆けるさまは、なかなかのもの。及第点の仕上がりとみていい。

クイーングラス
南Wで行われた1週前追い切りでは併走馬を一蹴。坂路で実施した最終追い切りでも前進気勢に満ちた走りを見せた。ただし、首の使い方が下手なせいか、上体と四肢がうまく連動していない印象。この現状で、それなりのパフォーマンスを示すのだから、秘めたポテンシャルはかなりのものかもしれない。

メサルティム
帰厩後は栗東Pと栗東坂路の併用で丹念な乗り込み。目立つ時計は出ていないが、攻め駆けしない同馬にとっては平常運転で、最終追い切りの動きも悪くなかった。半面、約6カ月の休養明けの割に負荷をかけた調教が少ない点は気がかり。直線急坂の中山では最後まで踏ん張りきれない可能性もあるので、用心しておきたい。

ランドネ
栗東帰厩後は急ピッチで乗り込まれて、好ラップを連発。坂路で行われた最終追い切りでも、弾力性に富んだフットワークを披露した。攻め巧者だけに、額面以上の評価はできないものの、好ムードであることは間違いない。

カレンシリエージョ
1週前に栗東CWで長めから併せ馬を行い、ラスト1F11秒台半ばの好ラップを計測。栗東坂路に場所を移して行われた最終追い切りでは、タフな馬場状態のなか、及第点のタイムをマークした。牝馬らしからぬ、力強いフットワークが印象的。自身の力を出せるデキにある。

ロマンテソーロ
この中間は熱心に併せ馬を消化。ガサのない馬だけに負荷をかけた調教を数多くこなしている点については好感が持てる。1週前にはマッチレスヒーローを相手に互角以上の動きを示し、最終追い切りでも及第点の時計をマークした。とくに悪い点は見受けられず、順調な仕上がり具合ではないか。

ハーレムライン
帰厩後は坂路で順調に調教を重ね、1週前追い切りでは及第点のラップを計時。最終追い切りでは悪い馬場をものともせず、余力十分でキレイな加速ラップを刻んできた。タフなコンディションが合うという一面もあるのかもしれないが、悪くない仕上がりと言えよう。

アヴィオール
美浦帰厩後は坂路と南Wの併用で丹念に乗り込まれているが、1週前までの内容は平凡そのもの。南Wで行われた最終追い切りも、タフな馬場が影響したとはいえ、動きに目立つところは見受けられなかった。一変まではどうか。

ホクセンジョウオー
1週前までの内容に目立つところはなかったが、南Wで実施した最終追い切りではリズミカルな脚捌きを披露した。1Fごとのラップの踏み方は、前回の最終追い切り時のほうが良かったかもしれないが、動きを見るに大きな調子落ちは感じられない。自身の力を出せるデキにある。

ノームコア
最終追い切りの走る姿と時計は確認できなかったが、その前は3週続けて好ラップを叩いており、悪くない状態と言えよう。ただし、約4カ月半ぶりの実戦の割に、乗り込み量は少なめ。2走前に似たような感じで結果を出しているので、マイナス材料にはならない半面、好評価をするわけにもいかない判断に悩ましい1頭である。

レッドベルローズ
テンションの高さを考慮しているのか、この中間は緩めの内容に終始。とはいえ、最終追い切りでは掛かる面を出しながらも我慢して追走先着を果たしているように、気性面の成長が多少なりとも窺える。当日の落ち着き次第では、侮れない1頭になるかもしれない。

ロフティフレーズ
中1週ということもあってか、今週の追い切りは南Wで軽めの調整。重馬場で負荷をかけた点はいいのだが、口向きの悪さを見せるなど、肝心の気配については今ひとつ。踏み込みの浅い点も気がかりで、調教面の強調材料は少ない。



ウマニティ重賞攻略チーム

 コメント(0

 コメントを書く

コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

関連競馬ニュース

新着競馬ニュース

人気競馬ニュース

会員登録(無料)でできること

レース情報

今週の注目レース

7月19日()
函館記念 G3
中京記念 G3
7月18日()
函館2歳S G3

⇒今週の番組表へ

先週のレース結果

7月12日()
七夕賞 G3
プロキオンS G3

⇒先週の番組表へ

総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 アーモンドアイ 牝5
106,381万円
2 オジュウチョウサン 牡9
77,453万円
3 キセキ 牡6
62,022万円
4 フィエールマン 牡5
57,306万円
5 ブラストワンピース 牡5
57,236万円
6 ラッキーライラック 牝5
56,552万円
7 マカヒキ 牡7
56,210万円
8 クロノジェネシス 牝4
53,166万円
9 サートゥルナーリア 牡4
52,359万円
10 ワグネリアン 牡5
50,624万円
» もっと見る

3歳
1 コントレイル 牡3
47,260万円
2 デアリングタクト 牝3
29,389万円
3 サリオス 牡3
25,012万円
4 レシステンシア 牝3
20,813万円
5 ラウダシオン 牡3
17,541万円
6 タイセイビジョン 牡3
14,031万円
7 ヴェルトライゼンデ 牡3
12,845万円
8 ウインマリリン 牝3
12,321万円
9 スマイルカナ 牝3
10,778万円
10 オーソリティ 牡3
9,951万円
» もっと見る