最新競馬ニュース

【覆面記者の耳よりトーク】関屋記念

SANSPO.COM:2018年8月10日(金) 12:00

 1,847

 今週の『覆面記者の耳よりトーク』はサマーマイルシリーズ第2戦の関屋記念が対象。情報からは『良績を残す中京記念組』、『新潟も含めた左回り巧者』、『恵量の上り馬』から3歳牡馬のフロンティアが急浮上。本格化気配のエイシンティンクルの評価も高かった。逆に中京記念組でも斤量58キロのウインガニオン、テンに置かれやすいワントゥワンは危険な存在だ。

 記者A 2012年から中京記念がマイル戦になり、そこから関屋記念へ臨んでくる馬が好戦しているな。

 記者B 中京記念組は過去6年で2勝、2着3回、3着2回の良績。それならフロンティアが最も魅力の存在です。中京記念4着は2カ月半ぶりで初の年長馬が相手でした。「おまけに馬場が悪くて大外を回って小差。3歳馬だが、走るね」と、Z調教師は感心していました。

 記者C 「去年の新潟2歳S(GIII)を勝った馬でしょ。ユーイチさん(福永騎手)も『左回り【過去5戦2012】はスムーズ』って話してましたよ」とX騎手。斤量も引き続き53キロで、そこそこ先行できる脚もあるのは有利やね。

 記者D 別路線組からはエイシンティンクルの評価が高かった。「フランス(イスパーン賞)や香港(香港C)でGIを勝ったエイシンヒカリの全妹。前走は差す競馬でも難なく対応して勝ったし、素質、能力的にはまだ上を目指せると思う」と、R助手は初のオープン&重賞でも高く買っていた。この馬も新潟を含めた左回り【3戦2010】はいいし、斤量も54キロや。

 記者B 逆に中京記念で競り込まれたとはいえ、ハンデ57・5キロで8着に沈んだウインガニオンはさらに増量の別定58キロ。「それに昨夏ほどの勢いと活気が感じられないね」と、Q助手は状態面の上積みを気にかけていました。

 記者A 中京記念5着を叩かれたワントゥワンも人気しそうやけど、関屋記念は先行馬が幅を利かせている重賞。「新潟マイルは直線が長くても、意外に先行馬が踏ん張れる舞台。テンに置かれ過ぎると苦しむケースも」と、P調教師は分析していた。



関屋記念の枠順はこちら 調教タイムも掲載

 コメント(0

 コメントを書く

コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

関連競馬ニュース

新着競馬ニュース

人気競馬ニュース

会員登録(無料)でできること

レース情報

今週の注目レース

⇒今週の番組表へ

先週のレース結果

8月12日()
関屋記念 G3
エルムS G3

⇒先週の番組表へ

総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡6
87,022万円
2 サトノダイヤモンド 牡5
79,728万円
3 ゴールドアクター 牡7
74,324万円
4 オジュウチョウサン 牡7
54,384万円
5 レイデオロ 牡4
51,492万円
6 サトノクラウン 牡6
48,604万円
7 スマートレイアー 牝8
47,984万円
8 レッドファルクス 牡7
46,924万円
9 スワーヴリチャード 牡4
46,503万円
10 サウンズオブアース 牡7
45,645万円
» もっと見る

3歳
1 アーモンドアイ 牝3
31,342万円
2 ワグネリアン 牡3
30,614万円
3 エポカドーロ 牡3
26,206万円
4 ラッキーライラック 牝3
23,653万円
5 ケイアイノーテック 牡3
16,998万円
6 ダノンプレミアム 牡3
16,651万円
7 リリーノーブル 牝3
13,810万円
8 ステルヴィオ 牡3
13,669万円
9 タワーオブロンドン 牡3
12,474万円
10 タイムフライヤー 牡3
11,016万円
» もっと見る