最新競馬ニュース

【ズ馬ッと!バ場ッと!!】高速決着まかせろ!持ち時計トップのヤングマンパワー

SANSPO.COM:2018年8月10日(金) 12:00

 966

 馬場傾向から注目馬をピックアップする『ズ馬ッと! バ場ッと!!』。今回はサマーマイルシリーズ第2戦の関屋記念を取り上げる。近年は高速決着になる傾向があり、今年の新潟芝も走破時計が速い。そこで持ち時計トップのヤングマンパワーに注目だ。

 今回は関屋記念が行われる新潟芝コースを徹底分析。高速決着に対応できるタイプに狙いを定める。

 新潟はJRA全10競馬場の中で唯一、野芝のみの軽い馬場が特徴だ。また、芝1600メートル戦が行われる外回りコースは、直線が658・7メートルと国内で最も長くて能力を発揮しやすく、晴天が多い第2回開催は走破時計も速くなりやすい。実際に今年も、すでに芝2000メートル、芝2200メートルのコースレコードが更新されている。

 2週続けて新潟で騎乗した福永騎手は「芝の状態はいい。毎年、この時期は時計が速くなるから、その中でどう対応していくかになる」と分析する。今週末の新潟競馬場周辺は、あす11日の午前に雨が降る予報だが、午後からは晴れる見込み。12日は良馬場で開催できそうで、例年通りの高速決着が濃厚だ。

 また、過去5回の関屋記念の勝ち時計の平均は1分32秒3。これはヴィクトリアマイル(1分32秒4)、マイルCS(1分32秒7)、安田記念(1分32秒9)の同タイムを上回り、GI以上に速い走破時計が求められる。

 ここは素直に芝1600メートルの持ち時計(1分31秒8)がトップのヤングマンパワーを狙いたい。2年前にこのレースを制した際にマークしたもので、舞台適性の裏付けは十分。同2位のウインガニオンとは0秒2差で、新潟に限れば0秒6差の開きがある。

 またスピードも十分に秘めており、好位付けからの安定した走りがセールスポイント。ここまで2週が経過した夏の新潟開催。芝についてみると、逃げ5勝(勝率17・2%)、先行14勝(同15・2%)、中団7勝(同4・1%)、後方は2勝(同1・9%)。先行馬が大きく幅をきかせており、この点からも推すことができる。

 昨秋のマイルCS後にのどの手術を行い、5カ月ぶりの前走、マイラーズCは12着に敗れたが、立て直してきたこの中間は復調ムードが漂う。ここはヤングマンパワーの復活を信じる手だ。



関屋記念の枠順はこちら 調教タイムも掲載

 ナイス!(1
 コメント(0

 コメントを書く

コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

関連競馬ニュース

新着競馬ニュース

人気競馬ニュース

会員登録(無料)でできること

レース情報

今週の注目レース

⇒今週の番組表へ

先週のレース結果

8月12日()
関屋記念 G3
エルムS G3

⇒先週の番組表へ

総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡6
87,022万円
2 サトノダイヤモンド 牡5
79,728万円
3 ゴールドアクター 牡7
74,324万円
4 オジュウチョウサン 牡7
54,384万円
5 レイデオロ 牡4
51,492万円
6 サトノクラウン 牡6
48,604万円
7 スマートレイアー 牝8
47,984万円
8 レッドファルクス 牡7
46,924万円
9 スワーヴリチャード 牡4
46,503万円
10 サウンズオブアース 牡7
45,645万円
» もっと見る

3歳
1 アーモンドアイ 牝3
31,342万円
2 ワグネリアン 牡3
30,614万円
3 エポカドーロ 牡3
26,206万円
4 ラッキーライラック 牝3
23,653万円
5 ケイアイノーテック 牡3
16,998万円
6 ダノンプレミアム 牡3
16,651万円
7 リリーノーブル 牝3
13,810万円
8 ステルヴィオ 牡3
13,669万円
9 タワーオブロンドン 牡3
12,474万円
10 タイムフライヤー 牡3
11,016万円
» もっと見る