最新競馬ニュース

【函館記念】ナイツ、バテない末脚持つハービンジャーの血

SANSPO.COM

 1,050

 本場英国で頂点を極めたパワフルな血が、洋芝の函館を席巻する。ハービンジャー産駒ナイトオブナイツが初タイトルを獲得する。

 ディープインパクトを筆頭に、内国産馬が幅を利かすサイアー勢力図で、孤軍奮闘とばかりに独特の存在感を示しているのがハービンジャーだ。一瞬の切れ味に欠けるものの、タフな状況下でもバテずにグイグイ伸びる末脚を武器に、昨年は産駒が大ブレーク。雨にたたられた秋の京都で秋華賞ディアドラ)、エリザベス女王杯モズカッチャン)、マイルCSペルシアンナイト)と無双の活躍を見せたのは、記憶に新しいところだ。

 現役時には世界有数の力の要るコースである英アスコット競馬場の“キングジョージ”で、圧巻の11馬身差Vを飾っている底力の持ち主。条件がそろえば、国内勢をいとも簡単に粉砕できる破壊力を秘めている。

 その条件が最もそろいやすいのが函館だ。15年以降の芝戦で勝利数1位の【21・19・14・123】。連対率22・6%こそ、洋芝に苦しむ馬が続出するタフな舞台への、類い希な適性の証明だ。

 その産駒ナイトオブナイツは函館(4)(1)(1)着。叩き台のはずの巴賞も、適性の違いで鮮やかに後続を完封してみせた。唯一の誤算は10キロ減った馬体重か。しかし今回は輸送がない、そのまま滞在できる現地競馬だ。

 中1週もケアは万全で、「中間の雰囲気はメチャメチャいい。去年の函館も連闘で勝ったし(奥尻特別4着→恵山特別1着)、1回使って、ちょうど良くなった」と岡冨助手。池添騎手も「前走の内容はすごくいい。折り合いをつけてロスなく運べれば、スローでも一瞬の脚を使える」とニヤリ。函館SSセイウンコウセイ)との重賞Wジャックへ手応えを隠さない。

 “郷に入れば郷に従え”。充実期を迎えた適性No.1を素直に信頼だ。

 “究極の3連単”はナイツを1着に固定し、2・3着にトリコロールブルーを据えた12点。(夕刊フジ)



函館記念の枠順はこちら 調教タイム&レース前談話も掲載

 コメント(0

 コメントを書く

コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

関連競馬ニュース

新着競馬ニュース

人気競馬ニュース

会員登録(無料)でできること

レース情報

今週の注目レース

12月16日()
朝日杯FS G1
12月15日()
ターコイズS G3

⇒今週の番組表へ

先週のレース結果

12月9日()
阪神JF G1
カペラS G3
12月8日()
中日新聞杯 G3

⇒先週の番組表へ

総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡6
92,522万円
2 サトノダイヤモンド 牡5
86,512万円
3 レイデオロ 牡4
73,559万円
4 オジュウチョウサン 牡7
55,899万円
5 スワーヴリチャード 牡4
54,047万円
6 マカヒキ 牡5
48,298万円
7 スマートレイアー 牝8
47,984万円
8 ファインニードル 牡5
47,828万円
9 アップトゥデイト 牡8
47,571万円
10 レッドファルクス 牡7
46,924万円
» もっと見る

3歳
1 アーモンドアイ 牝3
72,022万円
2 ワグネリアン 牡3
36,086万円
3 ステルヴィオ 牡3
27,773万円
4 エポカドーロ 牡3
27,016万円
5 ラッキーライラック 牝3
23,653万円
6 フィエールマン 牡3
17,886万円
7 ケイアイノーテック 牡3
17,668万円
8 ダノンプレミアム 牡3
16,651万円
9 ルヴァンスレーヴ 牡3
16,344万円
10 エタリオウ 牡3
14,754万円
» もっと見る