最新競馬ニュース

【函館記念】ナイトオブナイツ、荒れ馬場切り裂く

SANSPO.COM:2018年7月13日(金) 05:06

 1,400

 今週のメインの函館記念(15日、函館、GIII、芝2000メートル)は、洋芝を舞台に行われる。東京や中山とは違い、力の要る粘り気のある芝は、馬によって得手不得手が出るといわれる。2015年以降の函館・芝のデータを分析すると、ハービンジャー産駒が浮上する。今週の函館記念(15日、函館、GIII、芝2000メートル)は唯一、該当するナイトオブナイツが狙い目だ。

 JRAでは、野芝の上に洋芝の種をまいたオーバーシードタイプの馬場が一般的。洋芝オンリーは全10場中、函館と札幌の2場しかない。野芝に比べて力を要し、時計もかかりやすい洋芝。これを得意とするタイプが存在し、北海道シリーズならではの狙い目になる。

 さらに函館は開催5週目に入り、3、4コーナーを中心に芝が傷み始めている。現在、函館リーディングの池添騎手は「すごくクッションがきいていい馬場だったけど、(これまで)かなり雨が降っているし、(先週の雨の中での競馬で)一気に悪くなった」と証言。今週からBコース(最内から4メートル外に枠)に替わって傷んだ内側の部分がカバーされても、洋芝適性はより重要になりそうだ。

 2015年以降の函館の芝レースを分析すると、ハービンジャー産駒が21勝を挙げて1位。2000メートル以上に条件を絞ると、13勝で2位のステイゴールドに6勝差をつける断トツ。勝率も14・3%と跳ね上がる。

 そこで唯一のハービンジャー産駒、ナイトオブナイツが格好のターゲットになる。全6勝中3勝を北海道シリーズで挙げていて、前走のオープン特別・巴賞でも洋芝適性を発揮してV。池添騎手は「力の要る馬場は合っている。前走のように内でロスなく運んで、一瞬の脚を生かしたい」と重賞初制覇をにらむ。今週末は雨予報。道悪でもV実績があり、荒れれば荒れるほどライバルに対してのアドバンテージが大きくなるに違いない。難解なハンデ重賞をズバッと当てて、夏休みの軍資金をゲットしよう。



函館記念の出馬表はこちら 調教タイムも掲載

 ナイス!(2
 コメント(0

 コメントを書く

コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

関連競馬ニュース

新着競馬ニュース

人気競馬ニュース

会員登録(無料)でできること

レース情報

今週の注目レース

⇒今週の番組表へ

先週のレース結果

7月15日()
函館記念 G3

⇒先週の番組表へ

総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡6
87,022万円
2 サトノダイヤモンド 牡5
79,728万円
3 ゴールドアクター 牡7
74,324万円
4 オジュウチョウサン 牡7
54,384万円
5 レイデオロ 牡4
51,492万円
6 サトノクラウン 牡6
48,604万円
7 スマートレイアー 牝8
47,984万円
8 レッドファルクス 牡7
46,924万円
9 スワーヴリチャード 牡4
46,503万円
10 サウンズオブアース 牡7
45,645万円
» もっと見る

3歳
1 アーモンドアイ 牝3
31,342万円
2 ワグネリアン 牡3
30,614万円
3 エポカドーロ 牡3
26,206万円
4 ラッキーライラック 牝3
23,653万円
5 ケイアイノーテック 牡3
16,998万円
6 ダノンプレミアム 牡3
16,651万円
7 リリーノーブル 牝3
13,810万円
8 ステルヴィオ 牡3
13,669万円
9 タワーオブロンドン 牡3
12,474万円
10 タイムフライヤー 牡3
11,016万円
» もっと見る