最新競馬ニュース

【七夕賞】単勝万馬券!11番人気メドウ重賞初制覇

SANSPO.COM:2018年7月9日(月) 05:04

 868

 第54回七夕賞(8日、福島11R、GIII、3歳上オープン国際(特指)、ハンデ、芝2000メートル、1着本賞金4100万円 =出走12頭)サマー2000シリーズの初戦は、丸田恭介騎乗で11番人気のメドウラークが直線で鮮やかに抜け出して重賞初制覇。単勝万馬券(1万80円)の激走で、3着にも最低人気のパワーポケットが入り、3連単256万円超の大波乱となった。タイム2分0秒8(良)。1番人気のサーブルオールは4着、3番人気のプラチナムバレットは4コーナーで落馬し、競走中止となった。

 開場100周年を迎えた福島の名物GIIIで、ブービー人気が単勝万馬券の特大砲を打ち上げた。大波乱の主役は、7歳馬メドウラークと丸田騎手の初コンビ。レースの上がり3ハロンが38秒6と、芝とは思えないほどの“超”消耗戦で、持ち味のしぶとさを存分に発揮した。

 「最高ですね。本当に道悪が上手な馬で、軟らかい馬場でもいい手応えで回ってこられたし、馬の豊富なキャリアにも助けられた。初めて重賞を勝ったのも福島。特別な縁を感じますね」

 2010年福島記念ダンスインザモア)で重賞初制覇を飾った思い出の場所で、丸田騎手が声を弾ませた。

 鞍上の言葉通り良馬場でも緩さが残る馬場が味方した。加えて、マイネルミラノが作った1000メートル通過が58秒2のハイペース。前にいる人気馬がスタミナを削られる中、馬のリズムに合わせて後方を進んだメドウラークは手応え良く勝負の3、4コーナーへ。外から勢いよく上がってきたマイネルサージュの「まくり」を許さず、そのままクビ差振り切った。

 橋田調教師も低迷していた愛馬の復活に感慨深げ。「よく最後まで辛抱してくれた。4コーナーで2着馬に締められずに押し切ったのは、いい判断だった。乗り役を褒めてやってください」と人馬をたたえた。15年のジューンS以来、実に3年ぶりの勝利で勢いをつけ、このままサマー2000シリーズを戦うつもりだ。

 丸田騎手といえば、前週の福島開幕日でも特別戦で2桁人気馬を3連続で3着に導き、この日も2勝を挙げる活躍だ。

 「(穴をあけている)自覚はないですけどね。レースではせこく立ち回ることを心掛けています」

 そう謙遜するデビュー12年目の32歳が、穴党の心強い味方として、まだまだ夏競馬を盛り上げていく。 (板津雄志)

★8日福島11R「七夕賞」の着順&払戻金はこちら

メドウラーク 父タニノギムレット、母アゲヒバリ、母の父クロフネ。鹿毛の牡7歳。栗東・橋田満厩舎所属。北海道安平町・ノーザンファームの生産馬。馬主は吉田勝己氏。戦績34戦6勝。獲得賞金1億4591万7000円。重賞初勝利。七夕賞橋田満調教師、丸田恭介騎手ともに初勝利。馬名は「マキバドリ」。

 ナイス!(2
 コメント(0

 コメントを書く

コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

関連競馬ニュース

新着競馬ニュース

人気競馬ニュース

会員登録(無料)でできること

レース情報

今週の注目レース

⇒今週の番組表へ

先週のレース結果

7月22日()
中京記念 G3
函館2歳S G3

⇒先週の番組表へ

総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡6
87,022万円
2 サトノダイヤモンド 牡5
79,728万円
3 ゴールドアクター 牡7
74,324万円
4 オジュウチョウサン 牡7
54,384万円
5 レイデオロ 牡4
51,492万円
6 サトノクラウン 牡6
48,604万円
7 スマートレイアー 牝8
47,984万円
8 レッドファルクス 牡7
46,924万円
9 スワーヴリチャード 牡4
46,503万円
10 サウンズオブアース 牡7
45,645万円
» もっと見る

3歳
1 アーモンドアイ 牝3
31,342万円
2 ワグネリアン 牡3
30,614万円
3 エポカドーロ 牡3
26,206万円
4 ラッキーライラック 牝3
23,653万円
5 ケイアイノーテック 牡3
16,998万円
6 ダノンプレミアム 牡3
16,651万円
7 リリーノーブル 牝3
13,810万円
8 ステルヴィオ 牡3
13,669万円
9 タワーオブロンドン 牡3
12,474万円
10 タイムフライヤー 牡3
11,016万円
» もっと見る