最新競馬ニュース

障害王者オジュウ、武で平地初V!二刀流ホース誕生、夢は有馬

SANSPO.COM:2018年7月8日() 05:06

 491

 開成山特別(7日、福島9R、3歳上500万下(混)(特指)、定量、芝2600メートル、1着本賞金1050万円=出走12頭)中央競馬で2016、17年と2年連続最優秀障害馬に輝いたオジュウチョウサン(美浦・和田正一郎厩舎、牡7歳)が7日、4年8カ月ぶりに臨んだ平地競走の開成山特別(500万下、芝2600メートル)を武豊騎手(49)とのコンビで快勝。福島競馬場が大フィーバーに包まれた。レース後、陣営は有馬記念(12月23日、中山競馬場、GI、芝2500メートル)挑戦プランを改めて表明。ジャンプ界のアイドルホースは、二刀流のスターホースとしての第一歩を記した。

 七夕のみちのくに、でっかい夢がかなった。J・GI5勝の現役最強障害馬オジュウチョウサンが、4年8カ月ぶりの出走となった平地競走を快勝。武豊騎手を背に障害戦からの連勝を「10」と伸ばし、最高の形で“二刀流”デビューを飾った。

 福島駅の競馬場行きバス乗り場には朝から長蛇の列ができ、場内の食堂では売り切れメニューが続出。本来、のどかなはずの土曜日のローカル競馬場を襲った“オジュウフィーバー”に、堂々と最高の答えを出すのだから役者が違う。抜群のスタートから折り合いをつけて好位で運び、2周目の4コーナーでは力強く先頭に立つ横綱相撲。鮮やか過ぎるほどの完勝劇だ。

 「強かった。乗った感じからして、すごくいい馬だと思ったし、スタミナはあるけど、道悪(稍重)で勝った感じじゃない。良馬場なら、もっと走れそうな感じがする」

 断然の単勝1番人気(200円)に支持したファンからの大歓声に、殊勲の鞍上がGIばりのガッツポーズで応える。初騎乗とは思えぬ息の合った走りは、昨年までの最強パートナー・キタサンブラックをほうふつさせたが、キタサンとはまた違う重圧も味わった。「僕のキャリアでもあまりなかったケースで、500万下では感じたことのないプレッシャーだった。無事に走れれば力が違うと思っていたけど、勝ててほっとした。きょうの走りなら、平地でも上を狙えると思います」と表情を緩めた。

 今年、開場100周年を迎えた福島競馬。障害王者の平地参戦という大花火を打ち上げた“仕掛け人”長山尚義オーナー(73)からは、レース後、壮大なプランが飛び出した。

 「平地を走らせようと思ったのは去年、有馬記念のファン投票でたくさんの票(1278票)を頂いたからなんです。とにかく今年は有馬記念に出したい。それでもしも勝てたりしたら、次はドバイとかね。競馬は夢とロマンですから」

 コメント(0

 コメントを書く

コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

関連競馬ニュース

新着競馬ニュース

人気競馬ニュース

会員登録(無料)でできること

レース情報

今週の注目レース

⇒今週の番組表へ

先週のレース結果

7月22日()
中京記念 G3
函館2歳S G3

⇒先週の番組表へ

総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡6
87,022万円
2 サトノダイヤモンド 牡5
79,728万円
3 ゴールドアクター 牡7
74,324万円
4 オジュウチョウサン 牡7
54,384万円
5 レイデオロ 牡4
51,492万円
6 サトノクラウン 牡6
48,604万円
7 スマートレイアー 牝8
47,984万円
8 レッドファルクス 牡7
46,924万円
9 スワーヴリチャード 牡4
46,503万円
10 サウンズオブアース 牡7
45,645万円
» もっと見る

3歳
1 アーモンドアイ 牝3
31,342万円
2 ワグネリアン 牡3
30,614万円
3 エポカドーロ 牡3
26,206万円
4 ラッキーライラック 牝3
23,653万円
5 ケイアイノーテック 牡3
16,998万円
6 ダノンプレミアム 牡3
16,651万円
7 リリーノーブル 牝3
13,810万円
8 ステルヴィオ 牡3
13,669万円
9 タワーオブロンドン 牡3
12,474万円
10 タイムフライヤー 牡3
11,016万円
» もっと見る