最新競馬ニュース

【CBC賞】レース展望

SANSPO.COM:2018年6月25日(月) 19:00

 1,262

 今週開幕する夏の中京開催、1週目のメインは全6戦で構成されるサマースプリントシリーズの第2戦、CBC賞(7月1日、GIII、芝1200メートル)。夏のスプリント王を目指す馬たちの集まりに思えるが、過去の傾向ではむしろ秋のGIスプリンターズSに向けても重要な一戦といえる。2008年1着スリープレスナイト、16年1着レッドファルクスが、いずれもスプリンターズS優勝へとつなげた。ローカル色が濃くなる夏競馬だが、今後に向けて目が離せない。

 現状の充実ぶりが目を引くのはダイメイフジ(栗東・森田直行厩舎、牡4歳)だ。前走の安土城Sでは、翌週に安田記念を勝つことになるモズアスコットをクビ差抑えてV。相手に仕掛け遅れの感があったのは否めないが、オープン入り3戦目で価値ある勝利をつかんだ。今回は1ハロン短縮されて芝1200メートルになるが、この距離は【2・2・1・0】で全て3着以内と堅実な成績を残している。3走前の夕刊フジ賞オーシャンS3着以来となるミルコ・デムーロ騎手と2度目のコンビ。管理する森田調教師にとっては初のJRA重賞Vがかかるだけに、56キロのハンデでも力が入るところだ。

 昨夏まで1000万下の条件馬だったペイシャフェリシタ(美浦・高木登厩舎、牝5歳)=54キロ=が、この一年で3勝を挙げて躍進している。オープン入り後の3戦も、2、5、1着と安定感を身につけてきた。中京コースでも4走前の浜松Sを1分7秒6の好タイムで勝つなど2勝をマークしており、高木調教師も「一番合っていると思う」と適性に太鼓判を押す。重賞初勝利の大きなチャンスだ。

 昨年のこのレースでハナ差2着と惜敗したのがセカンドテーブル(栗東・崎山博樹厩舎、牡6歳)=56キロ。その後は7カ月の休養を挟んで、ここ2戦はオープンで2、4着とまずまずの内容を見せている。コンビを組んで16戦目。馬の癖を知り尽くす水口優也騎手にとっては、デビュー9年目で重賞初Vがかかる一戦だ。

 コメント(0

 コメントを書く

コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

関連競馬ニュース

新着競馬ニュース

人気競馬ニュース

会員登録(無料)でできること

レース情報

今週の注目レース

⇒今週の番組表へ

先週のレース結果

7月22日()
中京記念 G3
函館2歳S G3

⇒先週の番組表へ

総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡6
87,022万円
2 サトノダイヤモンド 牡5
79,728万円
3 ゴールドアクター 牡7
74,324万円
4 オジュウチョウサン 牡7
54,384万円
5 レイデオロ 牡4
51,492万円
6 サトノクラウン 牡6
48,604万円
7 スマートレイアー 牝8
47,984万円
8 レッドファルクス 牡7
46,924万円
9 スワーヴリチャード 牡4
46,503万円
10 サウンズオブアース 牡7
45,645万円
» もっと見る

3歳
1 アーモンドアイ 牝3
31,342万円
2 ワグネリアン 牡3
30,614万円
3 エポカドーロ 牡3
26,206万円
4 ラッキーライラック 牝3
23,653万円
5 ケイアイノーテック 牡3
16,998万円
6 ダノンプレミアム 牡3
16,651万円
7 リリーノーブル 牝3
13,810万円
8 ステルヴィオ 牡3
13,669万円
9 タワーオブロンドン 牡3
12,474万円
10 タイムフライヤー 牡3
11,016万円
» もっと見る