最新競馬ニュース

【ZBAT!ピックアップデータ】ユニコーンS

SANSPO.COM:2018年6月15日(金) 12:02

 879

 過去のデータを分析し、注目馬を導き出す『ZBAT!ピックアップデータ』。ユニコーンSはハーベストムーンに注目する。過去10年で4戦2勝、単勝回収率295%の戸崎騎手は、過去2年の東京ダート1600メートルでもトップの28勝をマーク。鞍上が“庭”とする得意コースなら重賞初制覇のチャンスだ。

 伝統の3歳ダート重賞ユニコーンS。今年も様々な路線から実力馬が集まった。その中でも、ここまで5戦して【3・1・1・0】と馬券圏内を外していないハーベストムーンを推奨する。

 直線が長く、コーナーも緩い東京ダート1600メートル。実力通りに決まりやすいコースかと思いきや、過去10年でも2014年に3連単22万770円の高配当が飛び出すなど難解な一戦だ。そこで、『ZBAT!ピックアップデータ』は、過去2年の同コースの騎手別成績に注目した。

 戸崎騎手は、2位のルメール騎手に6勝差をつける28勝でトップに立つ。同条件の自身のコース別成績でもこの東京ダート1600メートルが1番であるように、相性の良さは疑いようがない。今年、全国リーディング4位(51勝)につける名手は「位置取りとペース判断がより大事(なコース)。あまり後ろからだと直線が長いとはいえ、届かないですし、たまに前がすごく速くなることもあるので、それについていくとラストが苦しくなる」と、この舞台で勝つためのポイントをきっちりと把握している。

 過去10年のこのレースでも4戦2勝で騎手別トップ。単勝回収率も295%をマークしており、ハーベストムーンにとっては心強い相棒だ。今回が初コンビとなるが「前走も強い相手に勝っているし、楽しみですね。イメージだけですが、結構しぶとさがあるのかなと思います」と大きな期待を口にする。

 送り出す陣営も自信満々。浅見助手は「順調です。(初めての東京への輸送も)小倉へ輸送していますし、あまり心配はしていないです」と胸を張った。この舞台を“庭”とする戸崎騎手が自身の連覇で、ハーベストムーンを重賞初制覇に導くか。



★ユニコーンSの出馬表はこちら 調教タイムも掲載

 コメント(0

 コメントを書く

コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

関連競馬ニュース

新着競馬ニュース

人気競馬ニュース

会員登録(無料)でできること

レース情報

今週の注目レース

⇒今週の番組表へ

先週のレース結果

6月17日()
函館SS G3
ユニコーンS G3

⇒先週の番組表へ

総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡6
87,022万円
2 サトノダイヤモンド 牡5
79,728万円
3 ゴールドアクター 牡7
74,324万円
4 オジュウチョウサン 牡7
53,307万円
5 レイデオロ 牡4
51,492万円
6 サトノクラウン 牡6
48,604万円
7 スマートレイアー 牝8
47,984万円
8 レッドファルクス 牡7
46,924万円
9 スワーヴリチャード 牡4
46,503万円
10 サウンズオブアース 牡7
45,645万円
» もっと見る

3歳
1 アーモンドアイ 牝3
31,342万円
2 ワグネリアン 牡3
30,614万円
3 エポカドーロ 牡3
26,206万円
4 ラッキーライラック 牝3
23,653万円
5 ケイアイノーテック 牡3
16,998万円
6 ダノンプレミアム 牡3
16,651万円
7 リリーノーブル 牝3
13,810万円
8 ステルヴィオ 牡3
13,669万円
9 タワーオブロンドン 牡3
12,474万円
10 タイムフライヤー 牡3
11,016万円
» もっと見る