最新競馬ニュース

【ヴィクトリア】リスグラシューに武太鼓判!

SANSPO.COM

 2,507

 マイル女王を決めるヴィクトリアマイルの追い切りが9日、東西トレセンで行われた。滋賀・栗東トレセンでは、リスグラシュー(栗東・矢作厩舎、牝4歳)が、坂路での併せ馬で確かな伸びを見せ、体調の良さを誇示。悲願のGIタイトル奪取に向け、騎乗停止から3週ぶりに復帰する武豊騎手も手応え十分だ。

 雨が上がった朝一番の栗東坂路を、リスグラシューが余力十分に駆け上がった。頂点に立つためにあえて力を温存。矢作調教師は納得の表情で切り出した。

 「折り合い面を考えて馬の後ろで。折り合いは問題なかった。予定通り、指示通りにできた。以前に比べて明らかにトモ(後肢)が良くなっている」

 僚馬エンパイアガール(500万下)の真後ろにつけて、序盤は折り合いに専念。うなるような手応えで直線に向くと、内から徐々に馬体を併せていく。雨の影響で水分をたっぷり含んだ不良馬場をものともせず、馬なりで加速して僚馬にクビ差先着でフィニッシュ。

 長距離輸送とイレ込みやすい気性面を考慮して4ハロン54秒4-12秒2と全体時計は抑えめだが、理想的な右肩上がりのラップを刻んだ。1週前追い切りで4ハロン49秒9と2日の栗東坂路の一番時計をマークしていて、仕上がりは問題ない。調整役の岡助手は「やり過ぎず、やらなさ過ぎず、いい感じで気持ちが乗っています」と好気配を伝えた。

 心強いパートナーも、戻ってくる。4月22日の京都競馬で斜行し、騎乗停止中だった武豊騎手が、今週末から復帰。「ワクワクしています」と笑顔の名手は、1週前追い切りにまたがり好感触をつかんでいる。「昨年の今ごろと比べると、力強くなってパワーアップした。もともと調教は動くタイプだけど、さらに動いている。先週はすごくいい動きで気持ちよさそうに走っていた」と成長ぶりに目を細めた。

 前走のサンケイスポーツ杯阪神牝馬Sは、超スローペースに泣いたが、ラストはしっかり伸びて、勝ち馬とタイム差なしの3着。前哨戦として悲観することはなく、ひと叩きして筋肉の張りや毛づやが良くなった。東京マイル戦は、2歳時のアルテミスS、今年2月の東京新聞杯と、重賞を2勝した得意舞台だ。

 武豊騎手は「昨年は惜しいレースが続いたので、今度こそという思いはある。このレースが一番、GIを勝つチャンスがある。力を出してGIウイナーにしてあげたい」と締めくくった。

 コメント(0

 コメントを書く

コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

関連競馬ニュース

新着競馬ニュース

人気競馬ニュース

会員登録(無料)でできること

レース情報

今週の注目レース

12月16日()
朝日杯FS G1
12月15日()
ターコイズS G3

⇒今週の番組表へ

先週のレース結果

12月9日()
阪神JF G1
カペラS G3
12月8日()
中日新聞杯 G3

⇒先週の番組表へ

総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡6
92,522万円
2 サトノダイヤモンド 牡5
86,512万円
3 レイデオロ 牡4
73,559万円
4 オジュウチョウサン 牡7
55,899万円
5 スワーヴリチャード 牡4
54,047万円
6 マカヒキ 牡5
48,298万円
7 スマートレイアー 牝8
47,984万円
8 ファインニードル 牡5
47,828万円
9 アップトゥデイト 牡8
47,571万円
10 レッドファルクス 牡7
46,924万円
» もっと見る

3歳
1 アーモンドアイ 牝3
72,022万円
2 ワグネリアン 牡3
36,086万円
3 ステルヴィオ 牡3
27,773万円
4 エポカドーロ 牡3
27,016万円
5 ラッキーライラック 牝3
23,653万円
6 フィエールマン 牡3
17,886万円
7 ケイアイノーテック 牡3
17,668万円
8 ダノンプレミアム 牡3
16,651万円
9 ルヴァンスレーヴ 牡3
16,344万円
10 エタリオウ 牡3
14,754万円
» もっと見る