最新競馬ニュース

【皐月賞】主役の座奪う!ムーン、ローテ最高

SANSPO.COM

 2,558

 アーモンドアイ桜花賞を制した国枝厩舎が、今週はオウケンムーン皐月賞に挑む。調教師の同一年の桜花賞皐月賞制覇は1941年に田中和一郎調教師(皐月賞セントライト、桜花賞ブランドソール)が達成してからなく、77年ぶりの快挙となるか。共同通信杯からのローテーションも過去6年で4勝と、データも後押しする。

 美浦トレセンで桜花賞Vの祝福の声をあちこちからかけられる国枝調教師は、牡馬クラシックにも泰然自若に構えている。

 「自然体で、淡々といきますよ」

 オウケンムーンは昨年8月の新馬戦こそ4着に敗れたが、その後に3連勝。前走の共同通信杯では、好位の5番手から上がり3ハロン33秒5の末脚を繰り出して差し切る強い内容だった。「調教ではアーモンドアイにあっさり負けるほど動かないけど、競馬に行くとやってくれる。お金になることがわかっているのかな」とトレーナーは笑わせる。

 共同通信杯から直行した馬は、過去6年で4勝。勝ち馬に限ると1年おきに勝っていて、「じゃあ、今年は勝つ番か。それはいいねえ」とご機嫌に。約2カ月の休み明けも、「ギシギシいかなくても走るから、このローテにした」と、賞金に余裕ができたことでゆとりを持って仕上げてきた。先週はWコースで6ハロン81秒1-13秒3の好時計を馬なりでマーク。「今週はもうサッとやればいい」と態勢に不安はなく、黄金ローテが味方になりそうだ。

 父オウケンブルースリの産駒は数が少なく、現3歳世代は8頭しかJRAの登録がない。国枝師は「トニービン、ジャングルポケットとくる血統で首が高めで走る。でも前脚のさばきが軽いところがいい」と分析する。

 GI12勝の名トレーナーもまだ牡馬クラシックには縁がない。「取れるときには取っておきたいからね。頑張ってほしい」と期待する。オウケンムーンで、2週連続クラシックVの快挙を狙う。 (柴田章利)



皐月賞の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

 ナイス!(1
 コメント(0

 コメントを書く

コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

関連競馬ニュース

新着競馬ニュース

人気競馬ニュース

会員登録(無料)でできること

レース情報

今週の注目レース

1月27日()
シルクロード G3
根岸S G3
1月26日()
愛知杯 G3

⇒今週の番組表へ

先週のレース結果

1月20日()
AJCC G2
東海S G2

⇒先週の番組表へ

総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡7
100,070万円
2 レイデオロ 牡5
85,655万円
3 アーモンドアイ 牝4
72,022万円
4 オジュウチョウサン 牡8
55,899万円
5 スワーヴリチャード 牡5
54,047万円
6 マカヒキ 牡6
48,298万円
7 アップトゥデイト 牡9
47,571万円
8 ブラストワンピース 牡4
43,851万円
9 レッツゴードンキ 牝7
42,556万円
10 ミッキーロケット 牡6
42,248万円
» もっと見る

3歳
1 アドマイヤマーズ 牡3
13,255万円
2 ダノンファンタジー 牝3
10,342万円
3 サートゥルナーリア 牡3
9,414万円
4 ニシノデイジー 牡3
9,100万円
5 ファンタジスト 牡3
8,779万円
6 グランアレグリア 牝3
5,845万円
7 クロノジェネシス 牝3
4,959万円
8 クラージュゲリエ 牡3
4,820万円
9 アドマイヤジャスタ 牡3
4,623万円
10 ヴァルディゼール 牡3
4,544万円
» もっと見る