最新競馬ニュース

【フェブラリー】ノンコノユメ、夢の舞台制圧だ!

SANSPO.COM:2018年2月13日(火) 05:11

 1,699

 今週の日曜は、今年最初のJRAのGIレース、フェブラリーステークス(18日、東京、ダ1600メートル)が行われる。昨年の最優秀ダートホースのゴールドドリームを筆頭に好メンバーがそろうが、注目は前哨戦の根岸Sをレコード勝ちしたノンコノユメ。低迷していた2年前の2着馬が、前走で完全復活をアピール。2015年ジャパンダートダービー以来のGI制覇を狙う。

 追い求めてきた舞台だ。前走の根岸Sで2015年武蔵野S以来、2年2カ月ぶりの勝利を飾ったノンコノユメが、勢いに乗って悲願のJRA・GIタイトルを狙う。

 「この間は、気分良く外に出せたからね。1週前に、デビュー戦以来にダートで追い切って、気も入っていた」

 それまでの鬱憤を晴らした勝利を、加藤征調教師も満足げに振り返る。後方4番手から、直線は上がり最速の34秒2を繰り出し、最後は斤量が2キロ軽いサンライズノヴァを地力でねじ伏せた。しかもコースレコードのおまけつき。初コンビの内田騎手も「外に出せば、伸びてくれることは分かっていた。素晴らしい脚を使ってくれた」と末脚を絶賛した。

 気性の激しさを考慮して、一昨年の帝王賞(2着)後に去勢。落ち着きは出たものの、今度は馬体の調整に苦しんだ。それも時間とともに解消し、以前のような、いい意味でピリッとした気性も戻ってきた。心身の一致が、前走の456キロという自身最高馬体重、そして快勝に表れた。

 中間もレース6日後から坂路入りして元気いっぱい。7日(坂路4ハロン58秒8)、11日(同56秒8)に時計も出した。「ガンガン坂路でやっているし、状態は維持できている」とトレーナーは充実ぶりに笑み。気性や馬体重を考慮して一昨年は土曜、昨年(7着)は金曜輸送だったが、今回は当日輸送で臨む予定だ。

 去勢手術を行ったのも、一昨年に2着だったフェブラリーSの舞台を見据えてのもの。自慢の末脚が存分に生きる東京ダートマイル。中央でGIを取るなら、この舞台をおいて他にない。末脚の輝きを取り戻したノンコノユメ。三度目の正直で夢をかなえる。

★フェブラリーSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

 コメント(0

 コメントを書く

コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

関連競馬ニュース

新着競馬ニュース

人気競馬ニュース

会員登録(無料)でできること

レース情報

今週の注目レース

⇒今週の番組表へ

先週のレース結果

8月12日()
関屋記念 G3
エルムS G3

⇒先週の番組表へ

総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡6
87,022万円
2 サトノダイヤモンド 牡5
79,728万円
3 ゴールドアクター 牡7
74,324万円
4 オジュウチョウサン 牡7
54,384万円
5 レイデオロ 牡4
51,492万円
6 サトノクラウン 牡6
48,604万円
7 スマートレイアー 牝8
47,984万円
8 レッドファルクス 牡7
46,924万円
9 スワーヴリチャード 牡4
46,503万円
10 サウンズオブアース 牡7
45,645万円
» もっと見る

3歳
1 アーモンドアイ 牝3
31,342万円
2 ワグネリアン 牡3
30,614万円
3 エポカドーロ 牡3
26,206万円
4 ラッキーライラック 牝3
23,653万円
5 ケイアイノーテック 牡3
16,998万円
6 ダノンプレミアム 牡3
16,651万円
7 リリーノーブル 牝3
13,810万円
8 ステルヴィオ 牡3
13,669万円
9 タワーオブロンドン 牡3
12,474万円
10 タイムフライヤー 牡3
11,016万円
» もっと見る