最新競馬ニュース

【日経新春杯】ヴァンドール、馬なり12秒3

SANSPO.COM

 1,291

 日経新春杯の追い切りが11日、栗東トレセンで行われた。中日新聞杯3着のロードヴァンドールは、CWコースの単走でパワフルな走り。好調をアピールして、重賞初Vが視界に入ってきた。展開の鍵を握る逃げ馬が、距離延長でマイペースからの押し切りを狙う。

 重賞初Vに向けて、力強く駆け抜けた。冷たい風が吹き荒れるなか、ロードヴァンドールがCWコースでパワフルな動きを披露。見届けた昆調教師の表情が自然と緩む。

 「もうあまりやる予定はなかったし、そんなにやっていないけど、朝イチより重たくなっている馬場を馬なりで上がってきたしね」

 前日午後に雨が降り、さらに夜の冷え込みで馬場の一部は凍っていた栗東トレセン。それが溶けて荒れ始めた時間帯に登場した。稍重馬場を気にすることもなく、出だしから申し分ない行きっぷりをみせる。徐々にラップを上げ、直線も馬なりで6ハロン82秒5-12秒3のフィニッシュだ。

 昨年1月にオープン入り。その後は6戦連続で重賞に挑戦して4、2、14、6、14、3着。GIの2走を除けば、持ち前の先行力を武器に安定した走りを見せてきた。

 「まだ完成しきっていないけど、少しずつ良くなってきている。(2走前の)天皇賞の頃よりは間違いなくいいね」

 さらなる伸びしろを見込みつつ、トレーナーも一戦ごとの成長を実感している。

 今回は、一昨年の神戸新聞杯(9着)以来となる2400メートルへの挑戦。これは、前走の中日新聞杯(3着)で初めてコンビを組んだ横山典騎手からの進言がきっかけだ。昆師も「新馬から2000メートルを使ったように、距離はもつだろうと思っていた。2000メートルでもうひと押しという競馬が続いているけど、距離を延ばしたら面白いかも」と見立てている。

 全4勝中3勝を挙げる京都コース。開幕2週目で芝は内めの状態が良く、理想的な単騎逃げがかないそうな顔触れだ。

 「スピードの持続力があって、タフさを持っている。バテそうでバテないのが、この馬のいいところ」

 トレーナーも自信ありの口ぶりだ。持ち前のしぶとさを最大限に生かして、ロードヴァンドールが今年最初のGIIを勝ちに行く。(斉藤弘樹)



日経新春杯の出馬表はこちら 調教タイムも掲載

 ナイス!(1
 コメント(0

 コメントを書く

コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

関連競馬ニュース

新着競馬ニュース

人気競馬ニュース

会員登録(無料)でできること

レース情報

今週の注目レース

9月23日()
オールカマー G2
神戸新聞杯 G2

⇒今週の番組表へ

先週のレース結果

9月17日(月)
セントライト G2
9月16日()
ローズS G2
9月15日()
阪神ジャンプ G3

⇒先週の番組表へ

総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡6
87,022万円
2 サトノダイヤモンド 牡5
79,728万円
3 ゴールドアクター 牡7
74,324万円
4 オジュウチョウサン 牡7
54,384万円
5 レイデオロ 牡4
51,492万円
6 サトノクラウン 牡6
48,604万円
7 マカヒキ 牡5
48,298万円
8 スマートレイアー 牝8
47,984万円
9 アップトゥデイト 牡8
47,571万円
10 レッドファルクス 牡7
46,924万円
» もっと見る

3歳
1 アーモンドアイ 牝3
31,342万円
2 ワグネリアン 牡3
30,614万円
3 エポカドーロ 牡3
26,206万円
4 ラッキーライラック 牝3
23,653万円
5 ケイアイノーテック 牡3
16,998万円
6 ダノンプレミアム 牡3
16,651万円
7 ジェネラーレウーノ 牡3
14,217万円
8 リリーノーブル 牝3
13,810万円
9 ステルヴィオ 牡3
13,669万円
10 タワーオブロンドン 牡3
12,474万円
» もっと見る