最新競馬ニュース

【日経新春杯】ロケット、連覇へ発射オーライ!

SANSPO.COM:2018年1月11日(木) 05:07

 1,240

 日経新春杯の追い切りが10日、東西トレセンで行われた。栗東では連覇を目指すミッキーロケットが、坂路の併せ馬で力強い走り。半馬身差遅れたが、4ハロン51秒2と好時計で状態のよさを披露した。サンケイスポーツ調教評価の『S』は、格上挑戦ながら坂路で力強く駆けたガンコだ。

 気温1度の冷気も吹き飛ばす熱のこもった最終追い切りだった。昨年、このレースで重賞初制覇を飾ったミッキーロケットが、坂路の併せ馬で4ハロン51秒2。しっかりと気合をつけた和田騎手が笑みを浮かべる。

 「相手が走る馬だったので動きは見劣ったけど、いつも通りの時計は出ているからね。乗った感じもいつもと変わらない」

 スタートから僚馬のインディチャンプ(3歳500万下)とびっしりと併せていく。緊張感を持った走りで徐々にスピードアップ。ラスト1ハロンで鞍上がスパートをかけると12秒7でフィニッシュした。半馬身遅れたものの、十分に負荷をかけられた。

 昨年12月の中日新聞杯2着から参戦。年末に左前脚に傷腫れを発症したが、調整に大きな狂いはなく、トレーナーも「何も問題はないよ」とさらり。もちろん、追い切りをみれば素直にうなずける。

 重賞初勝利を飾った昨年は、挑戦者の立場だったが、今年は連覇を目指してトップハンデの57・5キロを背負う。担当の橋本美助手は「だいぶ大人になってきました。競馬にいってテンションが上がらなくなってきた」と、精神面の成長を口にする。

 「賞金を加算しておかないと(レース選択が)厳しいからな。内容次第では、使うところも幅が広がる」と音無調教師。昨年はGIに3回挑戦したものの、掲示板に載れなかっただけに、今年にかける思いは熱い。連覇を達成して、堂々とGI戦線に乗り込む。 (山口大輝)



★日経新春杯の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

 コメント(0

 コメントを書く

コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

関連競馬ニュース

新着競馬ニュース

人気競馬ニュース

会員登録(無料)でできること

レース情報

今週の注目レース

⇒今週の番組表へ

先週のレース結果

8月12日()
関屋記念 G3
エルムS G3

⇒先週の番組表へ

総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡6
87,022万円
2 サトノダイヤモンド 牡5
79,728万円
3 ゴールドアクター 牡7
74,324万円
4 オジュウチョウサン 牡7
54,384万円
5 レイデオロ 牡4
51,492万円
6 サトノクラウン 牡6
48,604万円
7 スマートレイアー 牝8
47,984万円
8 レッドファルクス 牡7
46,924万円
9 スワーヴリチャード 牡4
46,503万円
10 サウンズオブアース 牡7
45,645万円
» もっと見る

3歳
1 アーモンドアイ 牝3
31,342万円
2 ワグネリアン 牡3
30,614万円
3 エポカドーロ 牡3
26,206万円
4 ラッキーライラック 牝3
23,653万円
5 ケイアイノーテック 牡3
16,998万円
6 ダノンプレミアム 牡3
16,651万円
7 リリーノーブル 牝3
13,810万円
8 ステルヴィオ 牡3
13,669万円
9 タワーオブロンドン 牡3
12,474万円
10 タイムフライヤー 牡3
11,016万円
» もっと見る