最新競馬ニュース

【東西現場記者走る】シャルル、キタサン2世だ!

SANSPO.COM:2017年12月26日(火) 05:09

 3,586

 東西サンスポの精鋭記者が、密着取材でGIの勝ち馬を探し出す名物企画『東西現場記者走る』。今年からGIに昇格したホープフルSの担当は大阪サンスポの斉藤弘樹記者(38)だ。変則開催のため3日間に凝縮して取材する連載の初日は、重賞で好走したシャルルマーニュタイムフライヤーに注目した。

 有馬記念が終わってひと息…と思った矢先、デスクからホープフルSのGI密着担当を命じられた。栗東トレセンで寂しいクリスマスを迎えることになったが、連載担当時に好結果を残せていないだけに、泣き言をいうわけにはいかない。お一人さまのチキンとケーキで士気を高め、最後はビシッと決めてみせる。

 まず初日に狙いをつけたのは、キタサンブラックで勢いに乗る清水久厩舎のシャルルマーニュだ。キタサンと同じく、母の父サクラバクシンオーという血統背景も、何か運命的な予感…。さっそく初の2000メートルへの適性を吉田助手に直撃した。

 「胴が長くスラッとした体形で、走りもゆったりしています。お父さんもヴィクトワールピサだし、そんな短距離向きとは思えませんね」

 初勝利に3戦を要したが、オープンに昇級後も2、3着と好走。特にワグネリアンをはじめ強豪がそろった前走の東スポ杯2歳Sでは、先行馬に厳しい展開でも見せ場十分だった。「筋肉がついてきたぶん、徐々にシルエットもきれいになってきました」と同助手は成長を実感。さらに「小倉で勝っているように器用なタイプだし、直線の短い中山はプラスになりそう」とコース替わりも歓迎する。安定した先行力は、大きなアドバンテージになりそう。

 重賞好走馬でもう1頭、気になるのがタイムフライヤーだ。前走の京都2歳S(2着)は、早めに抜け出したぶんだけ差された印象だが、2走前の萩S(4馬身差V)の勝ちっぷりには相当な素質を感じた。松田調教師は「トモ(後肢)に緩さは残りますが、萩Sのあたりから少しずつ馬がしっかりしてきました」と着実な成長を口にする。近2走で手綱を握っているC・デムーロ騎手も「いい瞬発力があります。乗りやすい馬だし、小回りの競馬場も合うと思います」と好感触だった。

 まだまだ本命候補はめじろ押しだ。短期決戦だけに、効率良く取材を進めていきたい。 (斉藤弘樹)

ホープフルSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

東西現場記者走る 2014年春に始まったGI限定の連載企画。東西サンスポが誇る精鋭記者が、密着取材で勝ち馬に迫る。今週は3日間連載の濃縮バージョン。結論はレース当日の紙面で掲載。

 コメント(0

 コメントを書く

コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

関連競馬ニュース

新着競馬ニュース

人気競馬ニュース

会員登録(無料)でできること

レース情報

今週の注目レース

⇒今週の番組表へ

先週のレース結果

8月12日()
関屋記念 G3
エルムS G3

⇒先週の番組表へ

総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡6
87,022万円
2 サトノダイヤモンド 牡5
79,728万円
3 ゴールドアクター 牡7
74,324万円
4 オジュウチョウサン 牡7
54,384万円
5 レイデオロ 牡4
51,492万円
6 サトノクラウン 牡6
48,604万円
7 スマートレイアー 牝8
47,984万円
8 レッドファルクス 牡7
46,924万円
9 スワーヴリチャード 牡4
46,503万円
10 サウンズオブアース 牡7
45,645万円
» もっと見る

3歳
1 アーモンドアイ 牝3
31,342万円
2 ワグネリアン 牡3
30,614万円
3 エポカドーロ 牡3
26,206万円
4 ラッキーライラック 牝3
23,653万円
5 ケイアイノーテック 牡3
16,998万円
6 ダノンプレミアム 牡3
16,651万円
7 リリーノーブル 牝3
13,810万円
8 ステルヴィオ 牡3
13,669万円
9 タワーオブロンドン 牡3
12,474万円
10 タイムフライヤー 牡3
11,016万円
» もっと見る