最新競馬ニュース

【JC】レイ・ポーリック氏、ディザイア◎

SANSPO.COM

 2,528

 09年はズバリ牝馬の年だった。ご存じの通りアメリカではレイチェルアレクサンドラ(3歳)が、プリークネスSを含めGIで3度牡馬を下した。一方の主役ゼニヤッタ(4歳)はBCクラシックで強豪牡馬を一蹴し、14戦無敗で完璧な現役生活を終え、仏のゴルディコヴァ(4歳)が牡馬相手のBCマイルで連覇を成し遂げている。

 日本でもブエナビスタレッドディザイアが3歳牝馬路線でしのぎを削り、ウオッカが人気を担うなど日本競馬を大いに盛り上げた。

 私は09年の牝馬のドラマは、まだまだ終わらないと見る。その主役になるべき馬こそ、今回の◎レッドディザイアだ。人気は、もう一頭の牝馬ウオッカに集まるだろうが、レッドディザイアの強靭なレースぶり、力強い走法にすっかりほれてしまった。世界が注目するこの舞台で、ヒロインが誕生する。

 BCターフを連覇してやってきた〇コンデュイット。そのパワフルな走りは、必ずや人々の目を奪うだろうが、気掛かりなのはヨーロッパとアメリカを往復、さらに日本へというハードなスケジュール。体力の回復がカギとなり、一枚割引で対抗とした。

 先団につけ直線で抜け出した昨年のレースぶりが忘れられない▲スクリーンヒーローも力は互角。わがアメリカから3頭が参戦するが、なかでは△マーシュサイドが一番手。ニール・ドライスデールの手腕は常に的確であり、大レースにあわせての調整には定評があるだけに、ここでも侮れない。(米国競馬ジャーナリスト)

レイ・ポーリック

 (Ray Paulick)1953年10月生まれの56歳。米・イリノイ州シカゴ出身。フロリダ大学を卒業後、シカゴサンタイムズでジャーナリスト活動を始める。レーシングタイムズ、デイリーレーシングフォーム、サラブレッドタイムズを経て、92年に米国で最も権威のあるブラッドホース社に移籍。07年まで編集長を務める。「週刊Gallop」には93年の創刊直後から北米リポートを連載中。現在はフリーの競馬ジャーナリスト。ジャパンCはほぼ毎年、来日して競馬場で観戦。米ケンタッキー州レキシントン在住。家族は夫人のキャロルさんと一男一女。

 ナイス!(0
 コメント(0

 コメントを書く

コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

関連競馬ニュース

新着競馬ニュース

人気競馬ニュース

会員登録(無料)でできること

レース情報

今週の注目レース

1月27日()
根岸S G3
シルクロード G3
1月26日()
愛知杯 G3

⇒今週の番組表へ

先週のレース結果

1月20日()
AJCC G2
東海S G2

⇒先週の番組表へ

総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡7
100,070万円
2 レイデオロ 牡5
85,655万円
3 アーモンドアイ 牝4
72,022万円
4 オジュウチョウサン 牡8
55,899万円
5 スワーヴリチャード 牡5
54,047万円
6 マカヒキ 牡6
48,298万円
7 アップトゥデイト 牡9
47,571万円
8 ブラストワンピース 牡4
43,851万円
9 レッツゴードンキ 牝7
42,556万円
10 ミッキーロケット 牡6
42,248万円
» もっと見る

3歳
1 アドマイヤマーズ 牡3
13,255万円
2 ダノンファンタジー 牝3
10,342万円
3 サートゥルナーリア 牡3
9,414万円
4 ニシノデイジー 牡3
9,100万円
5 ファンタジスト 牡3
8,779万円
6 グランアレグリア 牝3
5,845万円
7 クロノジェネシス 牝3
4,959万円
8 クラージュゲリエ 牡3
4,820万円
9 アドマイヤジャスタ 牡3
4,623万円
10 ヴァルディゼール 牡3
4,544万円
» もっと見る