最新競馬ニュース

【プロキオンS】打倒エール!阪神男ローテ

SANSPO.COM

 738

 得意舞台で巻き返しだ!! ランザローテが、プロキオンSで重賞初Vを目指す。圧巻のデビュー勝ちを飾った同馬は、2度の長期休養を乗り越えて昨年末に復帰。3連勝でオープン入りした。近2走は落鉄や逃げ争い激化などで力を発揮できなかったが、阪神ダ1400メートルは【2・0・1・0】。まだキャリア9戦の6歳馬が、亡き父アグネスタキオンに初のJRAダート重賞のタイトルを捧げることができるか。

 ランザローテがベストの距離で打倒バンブーエールを虎視眈々と狙っている。

 3年前の6月25日、函館競馬場の未勝利戦。経験馬を相手に3角先頭の強気な競馬で2着に10馬身差の圧勝劇。手綱を取っていた藤岡佑騎手が「能力は相当高い」と興奮気味だった。その後、右トモの不安と右前脚の屈腱炎で2度の長期休養を余儀なくされたが、昨年12月に復帰すると、一気の3連勝でオープン入りを果たした。

 重賞初挑戦だったマーチSは落鉄の影響もあり9着、前走のオアシスSは僚馬セントラルコーストとの逃げ争いで“超ハイペース”を作って5着に敗れた。

 「オープンや重賞になると、距離適性が大きく左右される。この馬にとって1400メートルはベストだから期待してますよ」。吉村調教助手は、近2走の敗因を距離に求める。条件戦の頃は能力の違いで1700メートルでも圧勝していたが、一線級が揃うオープンでは距離適性の差が出る。その点、今回の阪神1400メートルは【2・0・1・0】。当然、陣営の期待は大きい。

 状態面も順調な仕上がりだ。除外が続き前走から2カ月開いているが、短期放牧を挟み坂路でじっくりと乗り込まれている。「体調はいい意味で変動なくきています。1週前の動きも上々でしたし、力を出せる態勢だと思います」と吉村助手。青毛の馬体は毛づやがピカピカで、暑さもまるでこたえていないという。

 「前々の競馬でスムーズに運べれば、重賞でも通用すると思います。強い馬とは斤量差もありますからね」。陣営も意識するバンブーエール(59キロ)とは3キロ差ある。父アグネスタキオンの死後、ディープスカイ宝塚記念で3着に敗れるなど産駒は一時期の勢いを失っている。ランザローテが重賞初制覇を決めて、改めて父の偉大さを証明してみせる。

 ナイス!(0
 コメント(0

 コメントを書く

コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

関連競馬ニュース

新着競馬ニュース

人気競馬ニュース

会員登録(無料)でできること

レース情報

今週の注目レース

8月25日()
キーンランド G3
新潟2歳S G3
8月24日()
新潟ジャンプ G3

⇒今週の番組表へ

先週のレース結果

8月18日()
札幌記念 G2
北九州記念 G3

⇒先週の番組表へ

総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡7
100,070万円
2 レイデオロ 牡5
87,155万円
3 アーモンドアイ 牝4
74,871万円
4 オジュウチョウサン 牡8
66,681万円
5 スワーヴリチャード 牡5
58,813万円
6 リスグラシュー 牝5
58,398万円
7 キセキ 牡5
52,914万円
8 マカヒキ 牡6
51,710万円
9 アルアイン 牡5
51,170万円
10 ブラストワンピース 牡4
50,950万円
» もっと見る

3歳
1 アドマイヤマーズ 牡3
27,353万円
2 サートゥルナーリア 牡3
25,716万円
3 グランアレグリア 牝3
19,878万円
4 ダノンファンタジー 牝3
18,337万円
5 ダノンキングリー 牡3
17,411万円
6 ラヴズオンリーユー 牝3
17,295万円
7 ヴェロックス 牡3
16,304万円
8 クロノジェネシス 牝3
14,611万円
9 ニシノデイジー 牡3
11,910万円
10 ディアンドル 牝3
11,523万円
» もっと見る