最新競馬ニュース

【クラスターC】快逃レジェンド重賞初V


©サンケイスポーツ


 464  1  0

 第17回クラスターC(14日、盛岡9R、交流GIII、3歳上、別定、ダート1200メートル、1着賞金2300万円=出走11頭)内田博幸騎手騎乗の1番人気タイセイレジェンド(牡5歳、栗東・矢作芳人厩舎)が6馬身差の圧逃劇で重賞初制覇を飾った。勝ちタイム1分9秒2(重)。

 2着には2番人気セレスハント、さらに4馬身差の3着に6番人気アイルラヴァゲインが入り、上位3頭をJRA勢が独占した。なお、トーセンクロスは馬場入場後に放馬し、競走除外となった。

 最内枠からダッシュ良く先頭を奪ったタイセイレジェンドは、軽量54キロを生かして軽快な逃げ。直線では脚色が衰えるどころか、逆に後続をグングンと引き離すと、終わってみれば、前走・北海道スプリントCで2着に敗れたセレスハントに6馬身もの差をつける圧巻の逃走劇。自身初となる重賞タイトルを手中に収めた。

 鞍上の内田博幸騎手は「負担重量も軽かったのでスピードを生かした。ハナに行けなければ3番手でもいいと思っていたが、スピードで押し切ってくれたので、あとはこの馬のペースで行きました。強い馬(セレスハント)がいたので追い上げが怖かったが、反応も良かったし、実際オーロラビジョンで確認したときも離れていたので大丈夫だろうと。強かった。まだまだビッグレースを取れる」と相棒をたたえた。

 タイセイレジェンドは父キングカメハメハ、母シャープキック、母の父メジロマックイーンという血統。通算成績24戦7勝。重賞初勝利。内田博幸騎手、矢作芳人調教師はともに同レース初制覇。

 ナイス!(1
 コメント(0

 コメントを書く

コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

新着競馬ニュース

人気競馬ニュース

会員登録(無料)でできること

レース情報

今週の注目レース

4月12日()
桜花賞 G1
4月11日()
NZT G2
阪神牝馬S G2

⇒今週の番組表へ

先週のレース結果

4月5日()
大阪杯 G1
4月4日()
ダービーCT G3

⇒先週の番組表へ

総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 アーモンドアイ 牝5
90,211万円
2 オジュウチョウサン 牡9
70,813万円
3 ブラストワンピース 牡5
57,236万円
4 ラッキーライラック 牝5
56,552万円
5 マカヒキ 牡7
56,210万円
6 キセキ 牡6
55,914万円
7 ワグネリアン 牡5
50,624万円
8 サートゥルナーリア 牡4
50,059万円
9 フィエールマン 牡5
42,004万円
10 サングレーザー 牡6
41,309万円
» もっと見る

3歳
1 レシステンシア 牝3
11,585万円
2 サリオス 牡3
11,145万円
3 コントレイル 牡3
11,127万円
4 マルターズディオサ 牝3
9,736万円
5 タイセイビジョン 牡3
8,586万円
6 ヴェルトライゼンデ 牡3
7,463万円
7 サトノフラッグ 牡3
6,708万円
8 ラウダシオン 牡3
6,654万円
9 ワーケア 牡3
6,454万円
10 エーポス 牝3
6,438万円
» もっと見る