最新競馬ニュース

【TCK女王盃】女王ホワイトフーガが貫禄勝ち


©サンケイスポーツ


 528  0  0

【TCK女王盃】女王ホワイトフーガが貫禄勝ち |競馬ニュース|ウマニティ

 今年最初の交流重賞は明け4歳以上の牝馬による一戦。1月13日(水)に大井競馬の11Rで第19回TCK女王盃(交流GIII、サラ4歳以上、牝馬、選定馬、別定、ダート1800メートル、11頭立て、1着賞金=2200万円)が行われた。昨年11月の交流GIレディスクラシックで、のちのチャンピオンズC優勝馬サンビスタを5馬身差で下したホワイトフーガ(美浦・高木登厩舎)はここから始動。単勝1.2倍の断然の1番人気に応えて、大野拓弥騎手の冷静なリードで快勝した。タイムは1分53秒8(良)。

 1馬身1/4差の2着には後方から末脚を伸ばしたパワースポット(4番人気)が入り、さらに3馬身差の3着にタマノブリュネット(3番人気)が続いた。

 追う立場から追われる立場へ。今年の牝馬ダート戦線をリードするホワイトフーガを勝利に導いた大野拓弥騎手は「みんながぼくの馬をマークする形になる形になるだろうとは思っていましたが、予想以上にペースが遅く、思った以上に前の位置取りになってしまいました。ペースは遅かったけど、後ろからのいい目標になっているので油断はできませんでした」と道中をふり返る。「それでも、いい伸びでした。上がり37秒前半で、しっかりまとめてくれたと思います。去年サンビスタを負かしているわけですからね。今日は負けられない一戦で、勝ててよかったと思います」と人気に応えてひと安心。2016年初戦の白星スタートに笑みがこぼれた。

 TCK女王盃の勝ち馬ホワイトフーガは、父クロフネ、母マリーンウィナー、母の父フジキセキという血統。芦毛の牝4歳。北海道浦河町・梅田牧場の生産馬で、西森鶴氏の所有馬。通算成績は11戦6勝(うち地方5戦3勝)。重賞は2015年交流GII・関東オークス、交流GI・JBCレディスクラシックに次いで3勝目。高木登調教師、大野拓弥騎手ともにTCK女王盃は初優勝。

関連キーワード

 ナイス!(0
 コメント(0

 コメントを書く

コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

関連競馬ニュース

新着競馬ニュース

人気競馬ニュース

会員登録(無料)でできること

レース情報

今週の注目レース

2月23日()
フェブラリー G1
小倉大賞典 G3
2月22日()
ダイヤモンド G3
京都牝馬S G3

⇒今週の番組表へ

先週のレース結果

2月16日()
京都記念 G2
共同通信杯 G3
2月15日()
クイーンC G3

⇒先週の番組表へ

総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 アーモンドアイ 牝5
90,211万円
2 オジュウチョウサン 牡9
66,681万円
3 ブラストワンピース 牡5
57,236万円
4 マカヒキ 牡7
56,210万円
5 キセキ 牡6
55,914万円
6 ワグネリアン 牡5
49,274万円
7 サートゥルナーリア 牡4
43,273万円
8 フィエールマン 牡5
42,004万円
9 サングレーザー 牡6
41,309万円
10 ゴールドドリーム 牡7
40,700万円
» もっと見る

3歳
1 サリオス 牡3
11,145万円
2 コントレイル 牡3
11,127万円
3 レシステンシア 牝3
10,271万円
4 タイセイビジョン 牡3
8,586万円
5 マイラプソディ 牡3
6,216万円
6 サンクテュエール 牝3
5,746万円
7 ダーリントンホール 牡3
5,574万円
8 コルテジア 牡3
5,555万円
9 ミヤマザクラ 牝3
5,468万円
10 マイネルグリット 牡3
5,467万円
» もっと見る