最新競馬ニュース

【エリザベス杯】マリアライト差し切ってGI初制覇!

SANSPO.COM

 1,351

 15日の京都11Rで行われた第40回エリザベス女王杯(3歳上牝馬オープン、GI、芝2200メートル、18頭立て、1着賞金=9000万円)は、蛯名正義騎手騎乗の6番人気マリアライト(4歳、美浦・久保田貴士厩舎)が中団追走から差し切り、初の重賞勝ちをGIの大舞台で成し遂げた。タイムは2分14秒9(稍重)。

 ゴール前は手に汗握る大接戦。しかし、そこからクビ差抜け出したのは、6番人気の伏兵マリアライトだった。蛯名騎手が高々と左手を掲げ、ガッツポーズ。新女王誕生を力強くアピールした。

 レースは内から先行する姿勢を見せたリラヴァティを制して、ウインリバティがハナへ。そのまま後続を引き離して、大逃げを打った。リラヴァティが離れた2番手につけ、さらに離れた位置にフーラブライドタガノエトワールも好位に取り付き、人気のヌーヴォレコルトラキシスタッチングスピーチなどの人気馬とともに中団馬群の後ろからレースを進めた。逃げて見せ場を作った2頭だったが、直線に入ると馬群にのみ込まれ、そこからは差し馬の決め手比べ。外から抜け出したマリアライトに、ヌーヴォレコルトタッチングスピーチ、さらにルージュバックも襲いかかる。しかし、ひと足早く抜けたマリアライトは最後まで踏ん張り通して先着。重賞初VがうれしいGI制覇となった。久保田貴士調教師もこれが初のGI勝利。クビ差2着が1番人気のヌーヴォレコルトで、関東馬のワンツーとなった。2着とハナ差の3着が4番人気のタッチングスピーチで、ルージュバックが4着。2番人気ラキシスは11着に終わっている。

 マリアライトは、父ディープインパクト、母クリソプレーズ、母の父エルコンドルパサーという血統。北海道安平町・ノーザンファームの生産馬で、(有)キャロットファームの所有馬。通算成績は13戦5勝。重賞初勝利。久保田貴士調教師、蛯名正義騎手ともにエリザベス女王杯は初勝利。

 蛯名騎手は「この馬向きの馬場になりましたし、(マイナス10キロで)シェイプアップしていい体になっていたので、思い切っていきました。レース自体は完璧でした。(ゴール前は後続の)鼻面も見えたので、何とかしのいでくれと。頑張ってくれました。(長所は?の問いに)すごく操縦が利いて、乗りやすさがあります。こういう馬場も上手で苦にしないですし、体も良くなってきました。とにかく、乗りやすさが大きいですね。ここまで(体が)大きくならなかったので、我慢して使ってもらって、牧場や厩舎でも無理をせず回数を使っていませんから、まだまだ良くなると思います」と4歳秋を迎えて本格化を遂げた女王のさらなる飛躍を見込んでいた。

★15日京都11R「エリザベス女王杯」の着順&払戻金はこちら

 ナイス!(2
 コメント(0

 コメントを書く

コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

関連競馬ニュース

新着競馬ニュース

人気競馬ニュース

会員登録(無料)でできること

レース情報

今週の注目レース

9月23日()
オールカマー G2
神戸新聞杯 G2

⇒今週の番組表へ

先週のレース結果

9月17日(月)
セントライト G2
9月16日()
ローズS G2
9月15日()
阪神ジャンプ G3

⇒先週の番組表へ

総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡6
87,022万円
2 サトノダイヤモンド 牡5
79,728万円
3 ゴールドアクター 牡7
74,324万円
4 オジュウチョウサン 牡7
54,384万円
5 レイデオロ 牡4
51,492万円
6 サトノクラウン 牡6
48,604万円
7 マカヒキ 牡5
48,298万円
8 スマートレイアー 牝8
47,984万円
9 アップトゥデイト 牡8
47,571万円
10 レッドファルクス 牡7
46,924万円
» もっと見る

3歳
1 アーモンドアイ 牝3
31,342万円
2 ワグネリアン 牡3
30,614万円
3 エポカドーロ 牡3
26,206万円
4 ラッキーライラック 牝3
23,653万円
5 ケイアイノーテック 牡3
16,998万円
6 ダノンプレミアム 牡3
16,651万円
7 ジェネラーレウーノ 牡3
14,217万円
8 リリーノーブル 牝3
13,810万円
9 ステルヴィオ 牡3
13,669万円
10 タワーオブロンドン 牡3
12,474万円
» もっと見る