最新競馬ニュース

【ズバリ!調教診断(最終版)】阪神JF2022 A判定3頭の中からラヴェルを最上位評価!


ウマニティ


 3,525  8  0

【ズバリ!調教診断(最終版)】阪神JF2022 A判定3頭の中からラヴェルを最上位評価!


ウマニティ重賞攻略チームが、毎週末の重賞をあらゆる切り口で考察!今回は阪神ジュベナイルフィリーズ・調教予想(最終版)をお届けします!


日曜日に行われる阪神ジュベナイルフィリーズの出走馬の追い切りについて、1頭ずつ考察していきます。予想の際にお役立てください。

※評価は上からA~D、F(判定不能)の5段階

サンティーテソーロ【A】
美浦坂路単走。手前の変換が素早くロスも少ない。非常に器用な馬。タフな重い馬場にもかかわらず、それを感じさせない機敏な脚さばきは目を引くものがある。鞍上の指示に対しても従順で、状態はかなり良さそう。馬体を維持できるようなら、出番があってもいい。

キタウイング【B】
栗東CW併走。身のこなしが柔らかく、脚さばきも滑らか。低い重心を保ち、バランスの良いフォームで走れている。もう少しラストの鋭さがあれば文句なしだが、この1本でグンと上向いてくる可能性はある。当日の気配次第では、面白い存在になるかもしれない。

シンリョクカ【B】
美浦南W併走。顔を併走相手に向けながらの走りは減点材料。ただ、幼い面を見せながらも、いい意味での荒々しさがあり、四肢の回転力も高い。ラストの反応と伸びも悪くなく、キャリア1戦の馬とすれば上等の内容だろう。本格化はまだ先かもしれないが、素材の良さを窺い知れる稽古だった。

アロマデローサ【C】
栗東坂路単走。気持ちがはやっているのか鞍上は抑えるのに大変そう。リズム重視の稽古の割に、フォームが乱れ気味で気分良く走れていない。ラストこそ反応良く脚を伸ばしていたが、前回から1ハロンの距離延長、それもG1に臨むことを考えると、何かしら不安を覚える内容だった。

モリアーナ【B】
美浦坂路単走。脚元の動きは力強く、首の使い方も上手。一方で、四肢のさばきに少し硬さを感じるし、鞍上の促しに対する反応が若干遅いような気も。とはいえ、タフな馬場状態にもかかわらず、最後までフォームを乱すことなく走り切った点は評価できる。それなりに動ける態勢とみたい。

ミスヨコハマ【C】
美浦南W単走。四肢のさばきに硬さは残るも、この馬なりに首を使って前向きに走れていた。悪い内容ではないものの、短い間隔が影響しているのか、俊敏さという面では今一歩。いつもはもっと動きに柔らかさがあり、ハツラツと走る馬。今回は期待よりも不安のほうが先立つ。

ハウピア【C】
栗東坂路併走。折り合い重視の内容。1週前より頭の位置が低くなり、四肢のさばきにも力感が出てきた。とはいえ、首の動きが少し硬く、前肢と後肢のバランスがひと息に映るのは気になるところ。まだ良化の余地を残している印象。相手強化のG1で大望まではどうか。

エイムインライフ【C】
栗東CW併走。首をきちんと使えているし、鞍上の促しに対する反応も悪くない。ただ、脚運びがやや重く、弾けそうで弾け切れない印象。鞍上の叱咤激励に応えるべく、懸命に前へ出ようとする勝負根性は評価できるが、今回の舞台で勝ち負けに持ち込むには、もう一段階上の変わり身が欲しい。

リバティアイランド【B】
栗東CW併走。乗り手も関係しているのか、いつもより姿勢は高め。しまいにかけて、徐々に頭が高くなった点もいただけない。とはいえ、僚馬を突き放す際の加速度合いは秀逸。これを見せられると、安易に低評価をつけることはできないように思える。判断に悩ましいが、今回はB判定としておきたい。

ミシシッピテソーロ【C】
美浦南W併走。前肢のさばきに若干硬さが見られるも、体の使い方は悪くなく、推進力はしっかりと前に伝わっている。だが、僚馬が斜行気味に寄ってきてアオられてしまい、最後はまともに追えず。自身のリズムで走り切れなかった点がもったいなく思える。

イティネラートル【C】
栗東坂路単走。やや高い姿勢ながらも、力強い脚どりで登坂。手前替えもスムーズだった。ただ、前肢の出が少し硬く、しまいにかけては気を抜くような感じに。1週前はもっと爽やかな走りをしていた。その点を鑑みると、評価は上げづらい。

リバーラ【F】
美浦南W併走。濃霧の影響で映像が短いうえに不鮮明のため、存在を確認できたのは数秒だけ。僚馬に手ごたえで勝り、前に出る時の脚元の回転力も高いように思えるが、明確な判定は難しい。いずれにせよ、当日の気配はしっかりチェックしておいたほうがいいだろう。

ドゥアイズ【B】
栗東CW併走。派手さはないものの、乗り手と呼吸を合わせて、折り合いはバッチリ。札幌当時の硬さやズブさが解消されつつあり、体の使い方が良くなってきた。厳しく見ればもう少し切れが欲しいが、大きく割り引くほどではない。及第点の仕上がりだろう。

ブトンドール【B】
栗東坂路単走。特有のピッチ走法でキビキビと登坂。最後まで集中を切らすことなく駆け抜けた。前回の最終追い切りのほうが、もう少し余裕を持って走っていたような気もするが、ラストの伸び自体は悪くなく、許容範囲の部類だろう。この馬なりに順調と捉えてもいいのではないか。

ムーンプローブ【B】
栗東坂路併走。未勝利馬を相手に先着は当然にしても、脚元の力感は十分。手ごたえと反応もいい。ただ、気合乗りが良過ぎて制御は大変そう。テンション的にこのあとのケアが上手くいくかどうか。当日の気配をしっかり確認したい1頭ではある。

ドゥーラ【A】
栗東坂路単走。他厩舎の馬を気にしたのか、首をひねる素振りを幾度か見せるも、折り合いは欠いておらず、深刻に捉える必要はなさそう。中盤を過ぎたあたりで、鞍上が軽く促すときちんと反応。ラストの躍動感ある走りは見映えが良く、ガッツリ追えば弾けそうな余韻を残しているのもいい。好気配。

ウンブライル【F】
美浦南W併走。濃霧で見づらい状況。確認できる範囲内での頭の位置はやや高いが、スラッとした脚さばきで、動きも伸びやかに映る。抜け出す際の反応も悪くないように思えた。それだけに、直線途中からの映像しか確認できないのは残念な限り。今回はF判定としておきたい。

ラヴェル【A】
栗東坂路単走。1週前にびっしり攻めたことが功を奏したのか、もっさり感が薄れ、動きに切れが出てきた。完歩の大きい弾力性あるフットワークは見映えが良く、低い姿勢で加速を続けているのもいい。前回の最終追い切りと比較して、口向きが良くなっている点も好印象。上々の仕上がりだろう。


【調教予想からの注目馬】
A判定は3頭。最上位は⑱ラヴェルとする。柔らかい身のこなし、弾力性のあるフットワークは目を引くものがあった。口向きの悪さが解消されつつあることも好感度が高い。いい雰囲気で本番に臨めそうだ。

素早い手前変換と回転鋭い脚さばきが印象深い、①サンティーテソーロを差のない2番手に。1週前、今週と上々の気配を示した、⑯ドゥーラも上位評価に値する。

<注目馬>
ラヴェル ①サンティーテソーロ ⑯ドゥーラ

 コメント(0

 コメントを書く

コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

関連競馬ニュース

新着競馬ニュース

人気競馬ニュース

会員登録(無料)でできること

レース情報

今週の注目レース

2月12日()
京都記念 G2
共同通信杯 G3
2月11日()
クイーンC G3

⇒今週の番組表へ

先週のレース結果

2月5日()
東京新聞杯 G3
きさらぎ賞 G3

⇒先週の番組表へ

総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 イクイノックス 牡4
80,660万円
2 タイトルホルダー 牡5
79,311万円
3 エフフォーリア 牡5
77,664万円
4 デアリングタクト 牝6
61,092万円
5 ソダシ 牝5
57,624万円
6 ヴェラアズール 牡6
54,968万円
7 シャフリヤール 牡5
54,685万円
8 ディープボンド 牡6
54,083万円
9 レシステンシア 牝6
44,953万円
10 ジェラルディーナ 牝5
39,945万円
» もっと見る

3歳
1 ドルチェモア 牡3
11,154万円
2 リバティアイランド 牝3
8,543万円
3 ドゥラエレーデ 牡3
8,497万円
4 キタウイング 牝3
7,528万円
5 トップナイフ 牡3
6,757万円
6 フリームファクシ 牡3
5,609万円
7 ブトンドール 牝3
5,059万円
8 ダノンタッチダウン 牡3
5,045万円
9 ソールオリエンス 牡3
4,732万円
10 ライトクオンタム 牝3
4,731万円
» もっと見る