最新競馬ニュース

【中日新聞杯】レース展望


©サンケイスポーツ


 972  0  0

【中日新聞杯】レース展望

先週は砂上で激戦が行われた中京競馬場。今週は土曜メインとして、中日新聞杯(12月10日、GⅢ、芝2000メートル)が行われる。5年連続で勝ち馬はこのレースが重賞初制覇。今年も将来の有望な馬たちが参戦し、今後を占う一戦となりそうだ。

プログノーシス(栗東・中内田充正厩舎、牡4歳)は今回がキャリア7戦目。昨年3月の未勝利戦(阪神芝2000メートル)でデビュー勝ちを収めると、2戦目の毎日杯ではのちに日本ダービーを制すシャフリヤールにわずか0秒3差の3着に好走し、素質の高さを見せた。その後は破竹の3連勝でOP入り。約半年ぶりとなった前走のカシオペアSでは2着に敗れたが、叩いた上積みを考えれば重賞のメンバーに入っても好勝負は可能だろう。末脚を身上としており、直線の長い中京もぴったりだ。

3歳のマテンロウレオ(栗東・昆貢厩舎、牡)は今回と同じ舞台で行われたきさらぎ賞で重賞初制覇。それ以来、4戦ぶりの白星となった前走のアンドロメダSでは、これまでの末脚を伸ばす競馬から一転して、先行策から抜け出す競馬を披露し、成長を感じさせた。こちらも、叩き2戦目となるだけに大きな上積みが見込めるだろう。成長力の高いハーツクライ産駒で、これからの伸びしろにも十分期待できる。

同じく3歳のキラーアビリティ(栗東・斉藤崇史厩舎、牡)も見逃せない存在だ。昨年はホープフルSでGⅠ制覇も飾った素質馬。白星から遠ざかる現状とはいえ、GⅢなら巻き返しがあるだろう。前走のアルゼンチン共和国杯では初めて年長馬と対戦して8着に敗れたが、前向きな気性だけに2500メートルは長かった印象だ。全2勝を挙げる2000メートルに短縮されるのはプラスだろう。

そのほかにも、京都新聞杯を当時のJRAレコードで制したアスクワイルドモア(栗東・藤原英昭厩舎、牡3歳)や、僚馬で日本ダービーワグネリアンの全弟カントル(牡6歳)、安定感が売りのトゥーフェイス(美浦・新開幸一厩舎、牡4歳)、中京で3勝をマークするイクスプロージョン(栗東・杉山晴紀厩舎、牡4歳)など好メンバーが集結。群雄割拠の尾張決戦となりそうだ。



 ナイス!(0
 コメント(0

 コメントを書く

コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

関連競馬ニュース

新着競馬ニュース

人気競馬ニュース

会員登録(無料)でできること

レース情報

今週の注目レース

2月5日()
東京新聞杯 G3
きさらぎ賞 G3

⇒今週の番組表へ

先週のレース結果

1月29日()
シルクロード G3
根岸S G3

⇒先週の番組表へ

総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 イクイノックス 牡4
80,660万円
2 タイトルホルダー 牡5
79,311万円
3 エフフォーリア 牡5
77,664万円
4 デアリングタクト 牝6
61,092万円
5 ソダシ 牝5
57,624万円
6 ヴェラアズール 牡6
54,968万円
7 シャフリヤール 牡5
54,685万円
8 ディープボンド 牡6
54,083万円
9 レシステンシア 牝6
44,953万円
10 ジェラルディーナ 牝5
39,945万円
» もっと見る

3歳
1 ドルチェモア 牡3
11,154万円
2 リバティアイランド 牝3
8,543万円
3 ドゥラエレーデ 牡3
8,497万円
4 キタウイング 牝3
7,528万円
5 トップナイフ 牡3
6,757万円
6 ブトンドール 牝3
5,059万円
7 ダノンタッチダウン 牡3
5,045万円
8 ソールオリエンス 牡3
4,732万円
9 ライトクオンタム 牝3
4,731万円
10 オールパルフェ 牡3
4,636万円
» もっと見る