最新競馬ニュース

【チャレンジC】レース展望


©サンケイスポーツ


 871  1  0

【チャレンジC】レース展望

今年の競馬も残すところあと1カ月となった。今週の阪神土曜メインには、チャレンジC(12月3日、GⅢ、芝2000メートル)が行われる。過去10年のこのレースを分析すると、3歳馬が23頭出走して6勝、4歳以上が延べ118頭出走して4勝。圧倒的に3歳勢が優位な状況だ。さらには、2020年の勝ち馬レイパパレ、19年のロードマイウェイ、17年のサトノクロニクル、16年のマイネルハニーなど、ここで重賞初制覇を果たす3歳馬が多いことも注目すべきデータとして挙げられるだろう。

今年出走する3歳馬は、ビーアストニッシド(栗東・飯田雄三厩舎、牡)ただ一頭だ。3月のスプリングSで重賞初制覇を果たし、その後は牡馬クラシック戦線に進んで、いずれも大敗。しかしその経験はこの舞台でしっかりと生きてくるはずだ。阪神芝2000メートルの舞台では、昨年11月の京都2歳Sで2着に好走している。阪神、中山といった急坂コースで好走歴が多く、舞台設定は申し分ないだろう。今年の3歳世代からは天皇賞・秋を勝ったイクイノックスや、同レースで3着に入り、ジャパンCでも5着に入ったダノンベルーガなど、年長相手に強い競馬をした馬が多数出ている。ここでも力は引けを取らないとみる。

年長馬では、昨年のこのレースの勝ち馬ソーヴァリアント(美浦・大竹正博厩舎、牡4歳)が中心になりそう。今年2月に右後肢の骨折が判明し、約9カ月の休養を余儀なくされた。復帰初戦の産経賞オールカマーは心房細動の影響で大敗するなど受難が続いているが、秋華賞2着など大舞台で活躍したマジックキャッスル(父ディープインパクト)を半姉に持つなど素質はこのメンバーでは見劣らない。復帰2戦目でしっかりと上昇して好結果を出してくるはずだ。

サマー2000シリーズを賑わしたエヒト(栗東・森秀行厩舎、牡5歳)も注目の1頭だ。一昨年のこのレースに参戦して9着に敗れているが、当時はまだ1勝馬の身。しっかりと勝ち星を積み上げて、今年7月の七夕賞で重賞タイトルをゲット。今年は重賞ウイナーとして臨む一戦で、一昨年とは充実度が違う。前走の新潟記念は14着と大きく負けてしまったが、同舞台でのV歴もあり舞台替わりは吉と出そう。ここで重賞2勝目を狙う。

そのほかにも、古豪サンレイポケット(栗東・高橋義忠厩舎、牡7歳)、長距離で上位争いを演じてきたディアマンミノル(栗東・本田優厩舎、牡5歳)、一昨年のこのレース3着馬ヒンドゥタイムズ(栗東・斉藤崇史厩舎、セン6歳)など15頭が重賞タイトルを目指す。




 ナイス!(1
 コメント(0

 コメントを書く

コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

関連競馬ニュース

新着競馬ニュース

人気競馬ニュース

会員登録(無料)でできること

レース情報

今週の注目レース

1月29日()
シルクロード G3
根岸S G3

⇒今週の番組表へ

先週のレース結果

1月22日()
AJCC G2
東海S G2

⇒先週の番組表へ

総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 イクイノックス 牡4
80,660万円
2 タイトルホルダー 牡5
79,311万円
3 エフフォーリア 牡5
77,664万円
4 デアリングタクト 牝6
61,092万円
5 ソダシ 牝5
57,624万円
6 ヴェラアズール 牡6
54,968万円
7 シャフリヤール 牡5
54,685万円
8 ディープボンド 牡6
54,083万円
9 レシステンシア 牝6
44,953万円
10 ジェラルディーナ 牝5
39,945万円
» もっと見る

3歳
1 ドルチェモア 牡3
11,154万円
2 リバティアイランド 牝3
8,543万円
3 ドゥラエレーデ 牡3
8,497万円
4 キタウイング 牝3
7,528万円
5 トップナイフ 牡3
6,757万円
6 ブトンドール 牝3
5,059万円
7 ダノンタッチダウン 牡3
5,045万円
8 ソールオリエンス 牡3
4,732万円
9 ライトクオンタム 牝3
4,731万円
10 オールパルフェ 牡3
4,636万円
» もっと見る