最新競馬ニュース

【血統アナリシス】京都2歳S2022 キングカメハメハとハーツクライの直系が鎬を削る


ウマニティ


 1,146  1  0

【血統アナリシス】京都2歳S2022 キングカメハメハとハーツクライの直系が鎬を削る


ウマニティ重賞攻略チームが毎週末の重賞をあらゆる切り口で考察!今回は京都2歳S2022・血統予想をお届けします!


今年も京都競馬場整備工事に伴う開催日割の変更があり、20・21年に続いて京都2歳Sは阪神芝2000m・内に舞台を移して施行される。かつては12月下旬に出世レースと名高いラジオNIKKEI杯2歳Sが世代限定重賞として組まれていたコースでもあり、ワンアンドオンリーエピファネイアキズナゴールドシップヴィクトワールピサロジユニヴァースなど、のちのクラシックウィナーが好走馬として名を連ねていた。

京都2歳Sは施行場所を問わずにキングカメハメハハーツクライの直系が3勝ずつと鎬を削っているが、20年ワンダフルタウン(父ルーラーシップ)、21年ジャスティンロック(父リオンディーズ)、と代替開催ではキングカメハメハ系が2連勝と優位に立つ。一方、昨年はハーツクライ産駒のフィデルが3着、ジャスタウェイ産駒のポッドボレットが4着で入線しており、ハーツクライ系も京都開催時同様に存在感を示している。

シュタールヴィントは、父ロードカナロア×母マルセリーナ(母の父ディープインパクト)。半兄にラストドラフト、叔父にグランデッツァがいる血統で、母は11年桜花賞など重賞2勝。本馬は直近2年の勝ち馬と同様に父系祖父がキングカメハメハとなるが、20年1着ワンダフルタウンとは母の父の血脈まで共通する。桜花賞を勝った母をはじめとして、近親には早期から重賞戦線で活躍する馬が多く、本馬もクラシック戦線で楽しみな存在だろう。

グリューネグリーンは、父ラブリーデイ×母レディーダービー(母の父スペシャルウィーク)。「父がキングカメハメハ直仔×母の父がサンデーサイレンス直仔」という配合のアウトラインは直近2年の勝ち馬と同じ。父は5歳時にJRA賞最優秀4歳以上牡馬に選出された晩成型だが、本馬は母の父が日本ダービー馬、2代母がオークス馬という血統背景を持つ。その2代母ウメノファイバーは厩舎所縁の血統でもあり、本馬にかかる期待も大きそうだ。

スマラグドスは、父ハーツクライ×母エメラルドスター(母の父Mount Nelson)。これまでに父は3頭の勝ち馬を出しているが、母の父がロックオブジブラルタル系となる配合は17年グレイルを想起させる。本馬はMargarethenへと辿り着く世界的な名牝系でもあり、日本でもディーマジェスティ、フリオーソなどが出た。デビュー前から調教では好時計を記録していたが、この中間も抜群の動きを披露するなど、依然として好調であることも心強い。


【血統予想からの注目馬】
シュタールヴィント ⑦グリューネグリーン ⑧スマラグドス

 ナイス!(1
 コメント(0

 コメントを書く

コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

関連競馬ニュース

新着競馬ニュース

人気競馬ニュース

会員登録(無料)でできること

レース情報

今週の注目レース

12月11日()
阪神JF G1
カペラS G3
12月10日()
中日新聞杯 G3

⇒今週の番組表へ

先週のレース結果

12月4日()
チャンピオン G1
12月3日()
ステイヤーズ G2
チャレンジC G3

⇒先週の番組表へ

総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 オジュウチョウサン 牡11
94,138万円
2 タイトルホルダー 牡4
79,311万円
3 エフフォーリア 牡4
73,664万円
4 デアリングタクト 牝5
61,092万円
5 ソダシ 牝4
57,624万円
6 ヴェラアズール 牡5
54,968万円
7 シャフリヤール 牡4
54,685万円
8 ディープボンド 牡5
54,083万円
9 サリオス 牡5
45,763万円
10 レシステンシア 牝5
44,953万円
» もっと見る

3歳
1 イクイノックス 牡3
40,324万円
2 セリフォス 牡3
39,571万円
3 スターズオンアース 牝3
39,499万円
4 ドウデュース 牡3
38,595万円
5 アスクビクターモア 牡3
34,528万円
6 スタニングローズ 牝3
28,586万円
7 ジオグリフ 牡3
23,581万円
8 ダノンスコーピオン 牡3
23,191万円
9 ナムラクレア 牝3
19,490万円
10 ダノンベルーガ 牡3
19,086万円
» もっと見る