最新競馬ニュース

【ズバリ!調教診断(水曜追い切りチェック)】ジャパンC2022 京都大賞典組のボッケリーニ、ヴェラアズールを上位評価!


ウマニティ


 2,364  4  0

【ズバリ!調教診断(水曜追い切りチェック)】ジャパンC2022 京都大賞典組のボッケリーニ、ヴェラアズールを上位評価!


ウマニティ重賞攻略チームが毎週末の重賞をあらゆる切り口で考察!今回はジャパンC・調教予想(水曜版) をお届けします!


日曜日に行われるジャパンカップの登録馬の水曜追い切り(追い切り映像が確認できた国内所属馬に限る)について、1頭ずつシンプルに考察していきます。予想の際にお役立てください。なお、出走馬確定後に最終版記事を改めて掲載します。

※評価は上からA~D、F(判定不能)の5段階

カラテ【B】
栗東坂路単走。あまり首が前に出ず上体が高めの走法だが、それはいつものこと。折り合いをつけつつ、良い前進気勢を見せているし、後肢の使い方もいい。もう少し重心が沈めば言うことはないが、この馬とすれば速い水準のラップを刻んでおり、体調面の不安はなさそう。いい意味での平行線だろう。

シャドウディーヴァ【C】
美浦坂路併走。活気はあるが、コーナーからラストまで手前を替えず、頭の位置も高め。首の振り幅が安定しておらず、推進力を上に逃す完歩も時折目につく。最後はステッキを入れて同入に持ち込むも、動きに際立つものはない。今回は期待よりも不安のほうが先立つ。

シャフリヤール【B】
栗東坂路併走。派手さはないが、リラックスしており、程よい活気もある。乗り手と呼吸が合い、折り合いはバッチリ。前回の中間と比べて体幹もしっかりしてきた。厳しく見ればもう少しキレが欲しいが、大きく割り引くほどではない。及第点の仕上がりだろう。

テーオーロイヤル【B】
栗東CW単走。間隔が詰まるのでオーバーワークを避けた緩めの内容。ハミ取りこそ浅いが、もともとそういう馬なので、気にしなくてもいい。前回の中間時に見られた力みは薄れてきているし、体の使い方も悪くない。自身のパフォーマンスはきちんと示している印象。少なくとも、前回のデキを下回るということはない。

デアリングタクト【B】
栗東坂路単走。全体時計は控えめも、ブレの少ないフォームで力強く登坂。ラストは少しラップを落としたが、今回は2ハロン目から13秒2→12秒4(前回の最終追いは14秒1→13秒3)を刻んできたので、酌量の余地はある。中1週で負荷をかけるという面では悪くない内容だった。それなりに動ける態勢とみたい。

トラストケンシン【D】
美浦坂路単走。2ハロン目から13秒そこそこのラップを並べたものの、四肢のさばきは硬く、鞍上の促しに対する反応も薄い。ラストでフワッと力を抜くような感じになっていたのも気になるところ。今回よりも良い走りを見せていた、2走前の目黒記念が12着。G1では厳しいか。

ハーツイストワール【B】
美浦坂路併走。ラストが甘くなったが、それは前回も同じ。そもそも坂路では目立つ動きをするタイプではない。四肢のさばきには力感があり、前回と比べれば追い出しに対する反応も良くなっている。見映えこそ良くないが、デキ落ちという印象はない。まずまずの仕上がりではないか。

ボッケリーニ【A】
栗東CW併走。1週前に7ハロンからハードに攻めた効果もあってか、当時の緩慢さが随分と解消されている。四肢のさばきが素軽くなり、体の使い方も良くなった。前向きな面を出しながらもタメは利いているし、ゴーサインに対する反応もいい。このひと追いでさらに上向く可能性もある。高く評価したい1頭だ。

ユニコーンライオン【B】
栗東CW単走。中1週と間隔が詰まるので、長めからゆったりと走らせる内容。最後まで集中を切らすことなく駆け抜けた。筋肉質のタイプにありがちな硬さが出ていないのは良い傾向。走法的に今回の舞台がフィットするかはどうかも、体調自体は悪くなさそう。自分の競馬はできそうだ。

ユーバーレーベン【C】
美浦南W併走。前回の中間よりも前肢周りの硬さが薄れてきているのは好感。その一方、肩ムチを何発か貰うなど、併せてからの反応は今一歩。もともと瞬時にグンと加速するタイプではないにせよ、もう少し前向きさが欲しいような気も。この1本でどこまで上向いてくるか。当日の気配を注視したい1頭ではある。

リッジマン【C】
水沢ダ単走。ステッキまで入れて目一杯追ってきたが、肩の出がやや窮屈で前肢のさばきも硬く映る。そのぶん、鞍上のアクションの割に鋭さを欠いている印象。現状の走りで、府中の緩急ある競馬に対応できるかどうかは微妙なところ。過度の期待はかけにくい。

ヴェラアズール【A】
栗東CW単走。直線途中で馬自ら手前を右に戻し、鞍上に矯正される場面もあったが、右手前を多用する府中のG1に臨むことを思えば悪い材料ではない。手前替えによるロスも少なく、意外に器用な馬。頭は若干高いが、首と四肢の連動性が高い走りは見映えが良く、ガッツリ追えば弾けそうな余韻を残しているのもいい。好気配。

ヴェルトライゼンデ【B】
栗東坂路単走。中盤あたりまでは頭が少し右に向いていたが、軽く促されるときちんと体の中心に。首を上手に使って、フットワークは終始パワフルだった。脚元の関係からか、近2走の中間と同様にCW追いを挟んでいないのは気になるも、稽古の雰囲気は決して悪くない。この馬なりに整えてきた印象を受ける。


【調教予想からの注目馬】
ボッケリーニ ヴェラアズール


 コメント(0

 コメントを書く

コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

関連競馬ニュース

新着競馬ニュース

人気競馬ニュース

会員登録(無料)でできること

レース情報

今週の注目レース

12月11日()
阪神JF G1
カペラS G3
12月10日()
中日新聞杯 G3

⇒今週の番組表へ

先週のレース結果

12月4日()
チャンピオン G1
12月3日()
ステイヤーズ G2
チャレンジC G3

⇒先週の番組表へ

総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 オジュウチョウサン 牡11
94,138万円
2 タイトルホルダー 牡4
79,311万円
3 エフフォーリア 牡4
73,664万円
4 デアリングタクト 牝5
61,092万円
5 ソダシ 牝4
57,624万円
6 ヴェラアズール 牡5
54,968万円
7 シャフリヤール 牡4
54,685万円
8 ディープボンド 牡5
54,083万円
9 サリオス 牡5
45,763万円
10 レシステンシア 牝5
44,953万円
» もっと見る

3歳
1 イクイノックス 牡3
40,324万円
2 セリフォス 牡3
39,571万円
3 スターズオンアース 牝3
39,499万円
4 ドウデュース 牡3
38,595万円
5 アスクビクターモア 牡3
34,528万円
6 スタニングローズ 牝3
28,586万円
7 ジオグリフ 牡3
23,581万円
8 ダノンスコーピオン 牡3
23,191万円
9 ナムラクレア 牝3
19,490万円
10 ダノンベルーガ 牡3
19,086万円
» もっと見る