最新競馬ニュース

【毎日王冠】ひと夏越してさらにパワーアップしたノースブリッジがGⅠ馬撃破を狙う


©サンケイスポーツ


 1,202  4  0

【毎日王冠】ひと夏越してさらにパワーアップしたノースブリッジがGⅠ馬撃破を狙う

今週末の中央競馬は3日間開催で、日曜の東京メインでは天皇賞・秋のステップレースとなる毎日王冠が行われる。注目は、春に今回と同舞台のエプソムCを勝った上がり馬のノースブリッジだ。大事に使われてきた効果で本格化気配が漂っており、ここでGⅠ馬4頭を撃破すれば、秋の楽しみが大きく広がる。




エプソムCで初の重賞を手中にしてスター候補に躍り出たノースブリッジが秋初戦を迎える。その毎日王冠は、天皇賞・秋の前哨戦。GⅠ馬4頭がそろうなど相手は一気に強くなり、文字通り試金石の一戦となる。

全休日翌日の4日は、美浦坂路に入り、4ハロン61秒5―14秒3で調整。休み明けを感じさせない活気ある動きを見せ、世話役の工藤厩務員は「ひと夏越えて、また一段とたくましくなった感じ。体に張りが出て、走りがパワフルになってきた」と目を細めた。

もともと、2歳時は新馬戦、1勝クラスの葉牡丹賞を連勝した素質馬。不運にも両前脚を続けて挫石するアクシデントがあり、クラシック出走はかなわなかったが、その後は放牧には出さずに厩舎に置いてケアを続けてきた。大事にレースを使ってきた効果で、ついに重賞タイトルまで獲得。素質開花の間近にまでたどりついた。

この夏も自厩舎での調整を続けた。猛暑に見舞われたが、「暑さに負けることはなかった。ヤンチャで普段うるさいのは相変わらずだけどね」と工藤厩務員は笑って順風満帆ぶりを口にする。実際に、9月22日、28日と2週続けて調教にまたがった主戦の岩田康騎手は、28日の追い切り後に「1週前(22日)とこんなに違うのか、というくらい馬が変わった。トモ(後肢)の感じが違う。すごいわ。今までで一番」と手放しで絶賛。仕上がりは万全だ。

課題はゲート。「駐立でそわそわするので、ゲートで口を縛ってから、スタートは少しましになったが…。そこがポイントかな」と奥村武調教師が口にするように一抹の不安は残すが、「広い東京はレースをつくりやすい。とにかく自分のリズムで運べれば」と期待感も十分。万全の臨戦態勢で挑むブリッジから目を離せそうにない。(水戸正晴)

 コメント(0

 コメントを書く

コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

関連競馬ニュース

新着競馬ニュース

人気競馬ニュース

会員登録(無料)でできること

レース情報

今週の注目レース

12月4日()
チャンピオン G1
12月3日()
ステイヤーズ G2
チャレンジC G3

⇒今週の番組表へ

先週のレース結果

11月27日()
ジャパンC G1
京阪杯 G3
11月26日()
京都2歳S G3

⇒先週の番組表へ

総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 オジュウチョウサン 牡11
94,138万円
2 タイトルホルダー 牡4
79,311万円
3 エフフォーリア 牡4
73,664万円
4 ソダシ 牝4
57,624万円
5 デアリングタクト 牝5
55,092万円
6 ディープボンド 牡5
54,083万円
7 サリオス 牡5
45,763万円
8 レシステンシア 牝5
44,953万円
9 ジャンダルム 牡7
41,551万円
10 シュネルマイスター 牡4
39,379万円
» もっと見る

3歳
1 イクイノックス 牡3
40,324万円
2 セリフォス 牡3
39,571万円
3 スターズオンアース 牝3
39,499万円
4 ドウデュース 牡3
38,595万円
5 アスクビクターモア 牡3
34,528万円
6 スタニングローズ 牝3
28,586万円
7 ジオグリフ 牡3
23,581万円
8 ダノンスコーピオン 牡3
23,191万円
9 ナムラクレア 牝3
19,490万円
10 ウインマーベル 牡3
18,033万円
» もっと見る