最新競馬ニュース

【京都大賞典】本格化したウインマイティーが牡馬蹴散らしGⅠ戦線へ


©サンケイスポーツ


 1,066  1  0

【京都大賞典】本格化したウインマイティーが牡馬蹴散らしGⅠ戦線へ

今週は東京、阪神の2場で3日間開催。月曜阪神のメインでは、京都大賞典が行われる。注目はマーメイドSで重賞初勝利を飾ったウインマイティーオークス3着のあと低迷の時期もあったが、5歳秋を迎えて完全復活。牡馬混合戦で地力強化を披露して、いざGⅠ戦線へ。




実りの秋に向けてウインマイティーが始動する。秋晴れとなった全休日朝の栗東トレセン。調整の順調ぶりに柴田助手が大きくうなずく。

「とてもいい夏休みを過ごしてくれました。メンタル面がリフレッシュされて、いい感じで戻ってきてくれて良かったです」

3歳時は忘れな草賞を勝ち、オークスでも3着。ただ、秋華賞(9着)で他馬にぶつけられてから闘争心を失い、レースをやめてしまう面が出て、低迷期が続いた。それでも、陣営は復活を信じ、調教コースを栗東CWコースからDPコースに替えたり、プール調整を取り入れるなど工夫。そんな地道な努力が実を結び、6月のマーメイドSでは1分58秒3のレースレコードで重賞初勝利。「いい勝ち方でした。速い時計で走れたのも良かったですね」と同助手は笑顔で振り返る。

今回は4カ月ぶりの実戦。柴田助手は「以前は周りの馬を気にしているところがありましたが、音を立てたりしても動じなくなりました。精神面も成長しています」と充実ぶりを伝えた。実際に9月30日には、栗東DPコースで6ハロン74秒9-11秒6の好時計をマーク。自己ベストを1秒6更新した。「リズム良く走れていて、気配もいいですね。かなりいい状態だと思います」と胸を張る。

今秋の最大目標はエリザベス女王杯(11月13日、阪神、GⅠ、芝2200メートル)。「距離的には心配していません。強い牡馬も出てきますが、期待しています」と力強く結んだ。

管理する五十嵐調教師は、来年2月限りで定年引退。スプリンターズS(GⅠ)のテイエムスパーダは15着に敗れたが、今週はウインマイティーが晴れ舞台への思いを込めて、阪神の2400メートルを舞う。(増本隆一朗)

 ナイス!(1
 コメント(0

 コメントを書く

コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

関連競馬ニュース

新着競馬ニュース

人気競馬ニュース

会員登録(無料)でできること

レース情報

今週の注目レース

12月11日()
阪神JF G1
カペラS G3
12月10日()
中日新聞杯 G3

⇒今週の番組表へ

先週のレース結果

12月4日()
チャンピオン G1
12月3日()
ステイヤーズ G2
チャレンジC G3

⇒先週の番組表へ

総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 オジュウチョウサン 牡11
94,138万円
2 タイトルホルダー 牡4
79,311万円
3 エフフォーリア 牡4
73,664万円
4 デアリングタクト 牝5
61,092万円
5 ソダシ 牝4
57,624万円
6 ヴェラアズール 牡5
54,968万円
7 シャフリヤール 牡4
54,685万円
8 ディープボンド 牡5
54,083万円
9 サリオス 牡5
45,763万円
10 レシステンシア 牝5
44,953万円
» もっと見る

3歳
1 イクイノックス 牡3
40,324万円
2 セリフォス 牡3
39,571万円
3 スターズオンアース 牝3
39,499万円
4 ドウデュース 牡3
38,595万円
5 アスクビクターモア 牡3
34,528万円
6 スタニングローズ 牝3
28,586万円
7 ジオグリフ 牡3
23,581万円
8 ダノンスコーピオン 牡3
23,191万円
9 ナムラクレア 牝3
19,490万円
10 ダノンベルーガ 牡3
19,086万円
» もっと見る