最新競馬ニュース

【オールカマー】ロバートソンキー坂路で勢い十分 本格化示す動き


©サンケイスポーツ


 1,240  1  0

【オールカマー】ロバートソンキー坂路で勢い十分 本格化示す動き

大事に育ててきた素質馬が、5歳秋の開花を予感させる活発な動きを披露だ。日本海Sを勝ってオープン入りしたロバートソンキーが美浦坂路をうなるような勢いで駆け上がり、4ハロン53秒9─12秒3をマーク。軽く仕掛けた程度で、一杯に追われた僚馬ブロードマリー(1勝)を2馬身置き去りにした。主戦の伊藤騎手が手綱から伝わる感触の良さを伝える。

「予定通りの内容で、終始手応えが良かったです。1回使った上積みもあると思います」

体質の弱さがあったことで、5歳秋でまだキャリアは10戦と少ないが、随所で秘めた高い能力を示してきた。デビュー4戦目で重賞初挑戦となった2年前の神戸新聞杯では、14番人気の低評価を覆す3着。無敗で3冠を制するコントレイルには離されたが、2着ヴェルトライゼンデとわずかクビ差だった。

GⅠにも果敢に挑戦し、菊花賞6着、天皇賞・春7着。格上挑戦であっても大きく崩れないところにキラリと光る才能が感じられる。3カ月半ぶりの前走もスタートで後手に回りながら、新潟内回りの短い直線で豪快な大外一気を決めた。

林調教師は「大事に使ってきたのでまだまだ伸びしろがあります」とキッパリ。中間もしっかり乗り込み、「1回使ったぶん、メンタルのスイッチが入って動きが素軽くなりました」と仕上がりに胸を張る。初の中山コースについては「器用さが求められるのでスタートが鍵。中間もしっかりゲート練習しているので、何とか五分に出てほしいですね」と発馬を決めて、流れに乗った競馬をイメージしている。

「左右の回りで得意、不得意は感じません。GⅠでもいい戦いをしてくれていますし、この相手でどんな競馬ができるか楽しみです」

ロバートソンキーとともに重賞初Vを狙う鞍上も相棒を信頼。祖母の全兄がトウカイテイオーという血の魅力も詰まったコントレイル世代の素質馬が、秋の中山で高らかに本格化を宣言する。(板津雄志)



 ナイス!(1
 コメント(0

 コメントを書く

コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

関連競馬ニュース

新着競馬ニュース

人気競馬ニュース

会員登録(無料)でできること

レース情報

今週の注目レース

10月10日(月)
京都大賞典 G2
10月9日()
毎日王冠 G2
10月8日()
サウジRC G3

⇒今週の番組表へ

先週のレース結果

10月2日()
スプリンター G1
10月1日()
シリウスS G3

⇒先週の番組表へ

総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 オジュウチョウサン 牡11
94,138万円
2 タイトルホルダー 牡4
79,311万円
3 エフフォーリア 牡4
73,664万円
4 マカヒキ 牡9
63,008万円
5 デアリングタクト 牝5
55,092万円
6 ディープボンド 牡5
54,083万円
7 ソダシ 牝4
50,842万円
8 レシステンシア 牝5
44,953万円
9 エアスピネル 牡9
44,765万円
10 ジャンダルム 牡7
41,551万円
» もっと見る

3歳
1 ドウデュース 牡3
38,595万円
2 スターズオンアース 牝3
36,651万円
3 ジオグリフ 牡3
23,581万円
4 ダノンスコーピオン 牡3
21,674万円
5 イクイノックス 牡3
20,009万円
6 ナムラクレア 牝3
19,490万円
7 ウインマーベル 牡3
18,033万円
8 スタニングローズ 牝3
17,250万円
9 アスクビクターモア 牡3
16,462万円
10 セリフォス 牡3
15,200万円
» もっと見る