最新競馬ニュース

【宝塚記念】エフフォーリアは絶好の❷枠④番 本番でもブリンカー着用で復権を目指す


©サンケイスポーツ


 2,265  9  0

【宝塚記念】エフフォーリアは絶好の❷枠④番 本番でもブリンカー着用で復権を目指す

復権に向けて、願ってもない好枠をゲットした。大阪杯9着からの反撃を誓うエフフォーリアは❷枠④番。水出助手は黒帽を歓迎した。

「まだ阪神は(開催)2週目ですし、内でいいんじゃないかと思います。(後入れの)偶数枠もいいですね」

過去10年では❽枠が7勝と圧倒的な成績を残しているが、これは開催4週目の馬場で内が荒れているケースが多かったため。京都が改装工事のため休止されている影響で開催2週目の施行となった昨年は、❶枠①番からハナを切った7番人気ユニコーンライオンが2着に粘り、❷枠②番から2番手を進んだレイパパレが3着に入った。同様の開催形態となっている今年も内枠が有利になりそうだ。

22日の追い切りで装着したブリンカーは、本番でも引き続き着けることが決まった。「反応が良かったですからね。ブリンカーを着けてゲートを練習しても大丈夫でした。たぶん同じ(深さの)ものを使うことになると思います」と水出助手は〝秘密兵器〟の効果にも期待を寄せる。

追い切り翌日は美浦北馬場の角馬場で軽く運動したあと、森林逍遥馬道を通ってリラックスした。「いつもと一緒の雰囲気。カイバをしっかりと食べているし、何の問題もなくきていますよ」と鹿戸調教師。僚馬の上から観察した水出助手も「シャンシャンと歩いていましたよ」と好調ぶりを証言する。

昨年は皐月賞天皇賞・秋有馬記念とGⅠ3勝の大活躍で年度代表馬に輝いたエフフォーリア。サマーグランプリでの復活へ、お膳立ては整った。

 コメント(0

 コメントを書く

コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

関連競馬ニュース

新着競馬ニュース

人気競馬ニュース

会員登録(無料)でできること

レース情報

今週の注目レース

7月3日()
ラジNIK賞 G3
CBC賞 G3

⇒今週の番組表へ

先週のレース結果

6月26日()
宝塚記念 G1
6月25日()
東京ジャンプ G3

⇒先週の番組表へ

総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 オジュウチョウサン 牡11
94,138万円
2 タイトルホルダー 牡4
79,311万円
3 エフフォーリア 牡4
73,664万円
4 マカヒキ 牡9
63,008万円
5 デアリングタクト 牝5
55,092万円
6 ディープボンド 牡5
54,083万円
7 ソダシ 牝4
50,142万円
8 レシステンシア 牝5
44,953万円
9 エアスピネル 牡9
44,765万円
10 サリオス 牡5
38,993万円
» もっと見る

3歳
1 ドウデュース 牡3
38,595万円
2 スターズオンアース 牝3
36,651万円
3 ジオグリフ 牡3
23,581万円
4 ダノンスコーピオン 牡3
21,674万円
5 イクイノックス 牡3
20,009万円
6 ナムラクレア 牝3
16,781万円
7 セリフォス 牡3
15,200万円
8 アスクビクターモア 牡3
14,236万円
9 サークルオブライフ 牝3
13,573万円
10 スタニングローズ 牝3
13,508万円
» もっと見る