最新競馬ニュース

【ズバリ!調教診断(水曜追い切りチェック)】日本ダービー2022 ダノンベルーガ、ドウデュース、プラダリアらが上々のリハーサルを披露!


ウマニティ


 6,432  5  0

【ズバリ!調教診断(水曜追い切りチェック)】日本ダービー2022 ダノンベルーガ、ドウデュース、プラダリアらが上々のリハーサルを披露!

ウマニティ重賞攻略チームが毎週末の重賞をあらゆる切り口で考察!今回は日本ダービー・調教予想(水曜版) をお届けします!


日曜日に行われる日本ダービーの登録馬の水曜追い切り(追い切り映像が確認できた馬に限る)について、1頭ずつシンプルに考察していきます。予想の際にお役立てください。なお、出走馬確定後に最終版記事を改めて掲載します。

※評価は上からA~D、F(判定不能)の5段階

アスクビクターモア【B】
美浦南W単走。この馬とすればリラックスしているし、折り合いも楽。1週前、今週と手前の切り替えでモタつきを見せたのは気になるも、変換後の動きは上々。活気十分に前肢を大きく使った走りができていた。いい意味での平行線だろう。

イクイノックス【B】
美浦南W併走。皐月賞の中間時に感じた硬さや後肢の甘さが緩和されている点は好印象。その一方、コーナーからゴールまで手前は左のまま。手前の変換に融通が利かない面をしばしば見せる馬だけに、適度なところできっちり決めて欲しかったような気も。今回は動きの質を評価してのB判定としておきたい。

オニャンコポン【B】
美浦南W併走。後肢の送り出しが若干弱く映るが、リラックスして走れているし、手前替えもスムーズ。3頭併せの真ん中で両サイドから圧を受けながら、最後まで集中力を維持していたことも評価できる。及第点の仕上がりだろう。

キラーアビリティ【C】
栗東CW併走。1週前追い切りに比べると、体の使い方は良くなった。とはいえ、鞍上の仕掛けに対する反応は薄く、肩ムチを入れつつの追い通しで何とか体勢有利のフィニッシュ。元々遊びグセが多い馬であることや、相手が攻め駆けするジェラルディーナだったにせよ、物足りなさが残る内容だった。

コマンドライン【C】
美浦南W併走。やや首の動きが硬く、後肢に幾分甘さは残るも、ひと頃と比べて前肢のアクションは随分と良くなった。ブリンカー効果もあってか、最後まで集中力も途切れていない。ただ、本番では着用しない方向の様子。不確定要素が多く、当欄の判定はCにとどめておきたい。

ジオグリフ【B】
美浦南W併走。あまり首が前に出ず、頭の位置も高めだが、それはこれまでも同様。脚どりは力強く、相手が前に出ようとすると自ら競りに行く勝負根性も健在。走法や気性的に今回の舞台替わりがプラスに働くかどうかについては疑問も、雰囲気は決して悪くない。

ジャスティンパレス【C】
栗東CW併走。重心が高くフォームの安定性を欠いた1週前追い切りに比べると、道中の走る姿は良くなった。ただ、時折浮くような感じになり、エンジンのかかりが遅い点は変わっていない。体勢有利でゴールしたことは認めても、評価を上げるには躊躇してしまう。

ジャスティンロック【C】
栗東坂路併走。緩い時計でも行きたがる素振りを見せず、しっかり折り合いはついていた。反面、後肢に甘さが残りトビも低め。走りの安定性という面ではひと息に映る。よくて現状維持の範囲内という感が強く、今回の舞台で上位争いを演じるには、何かひと工夫が必要だろう。

ダノンベルーガ【A】
美浦南W併走。先行して最後は僚馬と並んでゴール。一見すると地味だが、四肢のさばきは素軽く、手前の切り替えも実にスムーズ。首の使い方が良く、前躯と後躯の連動性も高い。しっかり追えば伸びそうな余韻を十分に残しているのも好印象。上々の仕上がり。

デシエルト【B】
栗東坂路単走。序盤は鞍上が腰を上げ、馬の気分を損ねないように注意しながらの登坂。相変わらず稽古の動きは力強い。ただ、前回から2ハロン延長の2400m戦に臨むにしては、前進気勢が過ぎるように映るのも確か。ようは本番での折り合い次第。ジョッキーの手腕に託すほかない。

ドウデュース【A】
栗東P単走。適度な前傾姿勢を保ちつつ、ブレの少ないフォームで力強く進むさまは見映えがする。1週前追い切りはコーナーからゴールまでを右手前1本で済ませているだけに、直線を向いて左、ゴール板付近で右と、左右関係なく手前の変換ができることを示したのも好感。高く評価したい。

ビーアストニッシド【C】
栗東坂路併走。重心が高いうえに、頭の位置や顔の向きをコロコロ替えて、落ち着きがない走り。ラストでフォームを大きく崩していたのも気になる。逃げタイプとあって追走の形が不向きにせよ、追い切りの動きを確認する限り、期待よりも不安のほうが先立つ。

ピースオブエイト【B】
栗東CW併走。ハミを強く噛んでいるせいか口元の泡が目につき、頭の振り方も安定しない。とはいえ、それなりに制御は利いているし、手前の変換もスムーズ。四肢の伸縮力が高く、ラストの加速もシャープだった。このひと追いで一応の態勢は整いそうだ。

プラダリア【A】
栗東坂路単走。体軸がしっかりした安定感のあるフットワーク、首を上手に使ってテンポ良く登坂する姿は目を引くものがある。ステッキをあてただけで重心がグッと下がるのもいい。皐月賞組との力関係はさておき、未勝利圧勝→青葉賞制覇の勢いを十分に窺わせる好内容だった。

マテンロウオリオン【C】
栗東CW単走。首を使ってリズム良く走れているし、鞍上の仕掛けに対する反応も悪くない。反面、いい頃の柔らかさを欠いているようにも映る。折り合いを整えていることは評価できるものの、今回の舞台で首位争いに加わるには、もう一段階上の変わり身が欲しいところだ。

マテンロウレオ【B】
栗東CW併走。この馬としては我慢が利いていたし、鞍上の合図に対する反応も悪くない。もう少し迫力が出れば言うことはないが、気難しい面ばかりが目についた皐月賞当時に比べると、多少なりとも操縦性が良くなったように思える。現状の力を出せる仕上がりと判断したい。

ロードレゼル【C】
栗東坂路併走。右手前のままでゴールを迎えたが、本番は左回りなので深刻に捉える必要はない。ただ、軽快感がなくステイヤーのような動きにも見える。ゆえにスピードを求められる競馬になるとどうか。スタミナを問われる馬場や展開になれば、という条件付きの狙いとなろう。


【調教予想からの注目馬】
ダノンベルーガ ドウデュース プラダリア


 コメント(0

 コメントを書く

コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

関連競馬ニュース

新着競馬ニュース

人気競馬ニュース

会員登録(無料)でできること

レース情報

今週の注目レース

7月3日()
ラジNIK賞 G3
CBC賞 G3

⇒今週の番組表へ

先週のレース結果

6月26日()
宝塚記念 G1
6月25日()
東京ジャンプ G3

⇒先週の番組表へ

総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 オジュウチョウサン 牡11
94,138万円
2 タイトルホルダー 牡4
79,311万円
3 エフフォーリア 牡4
73,664万円
4 マカヒキ 牡9
63,008万円
5 デアリングタクト 牝5
55,092万円
6 ディープボンド 牡5
54,083万円
7 ソダシ 牝4
50,142万円
8 レシステンシア 牝5
44,953万円
9 エアスピネル 牡9
44,765万円
10 サリオス 牡5
38,993万円
» もっと見る

3歳
1 ドウデュース 牡3
38,595万円
2 スターズオンアース 牝3
36,651万円
3 ジオグリフ 牡3
23,581万円
4 ダノンスコーピオン 牡3
21,674万円
5 イクイノックス 牡3
20,009万円
6 ナムラクレア 牝3
16,781万円
7 セリフォス 牡3
15,200万円
8 アスクビクターモア 牡3
14,236万円
9 サークルオブライフ 牝3
13,573万円
10 スタニングローズ 牝3
13,508万円
» もっと見る