最新競馬ニュース

【葵ステークス】レース展望


©サンケイスポーツ


 1,103  0  0

【葵ステークス】レース展望

中京では土曜メインに3歳馬による葵S(28日、GⅢ、芝1200メートル)が行われる。京都競馬場が改修工事中のため、昨年に続く中京開催だが、今年はGⅢに格付けされて初めての実施となる。昨年は13番人気のレイハリアが優勝し、亀田温心騎手が重賞初制覇。3連単の配当は145万4720円の大波乱となった。今年もさまざまな路線からスピード自慢がそろい、混戦模様を呈している。

23日現在、出走が可能な賞金上位馬ではウインマーベル(美浦・深山雅史厩舎、牡)が福島2歳S、前走の橘Sとオープンを2勝し、同じ舞台の中京2歳Sでも2着に入っており、上位争いが期待できる。函館2歳S2着のカイカノキセキ(栗東・池添学厩舎、牝)、カンナS勝ちのコラリン(美浦・木村哲也厩舎、牝)あたりもチャンスはありそうだ。

抽選対象(賞金900万円、20分の13)の中にも有力馬が多く、まずアネゴハダ(栗東・佐々木晶三厩舎、牝)に注目したい。前走の桜花賞(15着)はいい手応えで直線に向いたが、本質的にマイルは長いのだろう。ラストは止まってしまった。小倉2歳Sフィリーズレビューで3着に好走しており、実績はメンバー上位。強敵にもまれた経験を生かし、久しぶりの適距離で重賞初勝利を決める。

ソウテン(美浦・加藤征弘厩舎、牡)は初のスプリント戦だった前走が強い勝ち方。好位から鋭く伸びて、ラストは流す余裕まであったパフォーマンスだった。父がロードカナロア、母が芝1200メートルで3勝を挙げたミスドバウィ。血統背景から高い短距離適性があることが読み取れる。連勝での重賞Vがあってもおかしくない。

ショウナンマッハ(栗東・茶木大樹厩舎、牡)はダッシュ力なら世代屈指だ。前走のマーガレットSでは、外枠から先手を奪うと、しぶとく粘って2着。勝ち馬はのちのニュージーランドT優勝馬ジャングロでレースレベルも高かった。3カ月ぶりだが、状態は良好。22日の追い切りでは栗東CWコースで6ハロン80秒0(ラスト11秒8)の自己ベストをマークした。単騎逃げになるような展開になれば侮れない。

ウインモナーク(美浦・奥平雅士厩舎、牡)は芝1200メートルで2戦2勝。前走の雪うさぎ賞は中団から鋭く伸びて1馬身3/4の着差以上に強さを感じる内容だった。マイルでも上位と差のない競馬を続けてきたが、スプリントが最も合う舞台で注意が必要だろう。

テイエムスパーダ(栗東・五十嵐忠男厩舎、牝)のフィリーズレビュー(13着)は3ハロン通過33秒5のハイペースについていったもので仕方ない。得意の1200メートルに戻って、マイペースで運べるようなら巻き返しても不思議はない。

7戦して着外が1回だけと安定感が光るシゲルファンノユメ(美浦・伊藤圭三厩舎、牡)、ファルコンS3着の実績があるオタルエバー(栗東・中竹和也厩舎、牡)などにもマークが必要だ。

 ナイス!(0
 コメント(0

 コメントを書く

コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

関連競馬ニュース

新着競馬ニュース

人気競馬ニュース

会員登録(無料)でできること

レース情報

今週の注目レース

7月3日()
CBC賞 G3
ラジNIK賞 G3

⇒今週の番組表へ

先週のレース結果

6月26日()
宝塚記念 G1
6月25日()
東京ジャンプ G3

⇒先週の番組表へ

総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 オジュウチョウサン 牡11
94,138万円
2 タイトルホルダー 牡4
79,311万円
3 エフフォーリア 牡4
73,664万円
4 マカヒキ 牡9
63,008万円
5 デアリングタクト 牝5
55,092万円
6 ディープボンド 牡5
54,083万円
7 ソダシ 牝4
50,142万円
8 レシステンシア 牝5
44,953万円
9 エアスピネル 牡9
44,765万円
10 サリオス 牡5
38,993万円
» もっと見る

3歳
1 ドウデュース 牡3
38,595万円
2 スターズオンアース 牝3
36,651万円
3 ジオグリフ 牡3
23,581万円
4 ダノンスコーピオン 牡3
21,674万円
5 イクイノックス 牡3
20,009万円
6 ナムラクレア 牝3
16,781万円
7 セリフォス 牡3
15,200万円
8 アスクビクターモア 牡3
14,236万円
9 サークルオブライフ 牝3
13,573万円
10 スタニングローズ 牝3
13,508万円
» もっと見る