最新競馬ニュース

【ズバリ!調教診断(水曜追い切りチェック)】オークス2022 サウンドビバーチェ、サークルオブライフ、ルージュエヴァイユの3頭を高評価!


ウマニティ


 7,335  6  0

【ズバリ!調教診断(水曜追い切りチェック)】オークス2022 サウンドビバーチェ、サークルオブライフ、ルージュエヴァイユの3頭を高評価!

ウマニティ重賞攻略チームが毎週末の重賞をあらゆる切り口で考察!今回はオークス・調教予想(水曜版) をお届けします!


日曜日に行われるオークスの登録馬の水曜追い切り(追い切り映像が確認できた馬に限る)について、1頭ずつシンプルに考察していきます。予想の際にお役立てください。なお、出走馬確定後に最終版記事を改めて掲載します。

※評価は上からA~D、F(判定不能)の5段階

アートハウス【B】
栗東坂路併走。序盤は気負いがちだったが、折り合いはついており、ラストは少し手綱を緩めただけでスッと先着。俊敏な反応と瞬発力は目を引くものがある。体調は良さそうなので、あとは実戦に行って、道中どれだけ脚を温存できるか。それが最大のポイントとなる。

ウォーターナビレラ【B】
栗東CW併走。重心が高く行きたがる素振りを出す場面もあったが、四肢のさばきは柔らかく、完歩も広く見せている。桜花賞の中間に比べると、動きの質は若干劣るも、大きく減点するほどではない。それなりのデキにはある。

エリカヴィータ【B】
美浦南W併走。軽めの内容だったせいか、やや頭の高さが目につくが、気負いはなく最後まで集中を切らさず走れていた。派手さはないものの、大きな完歩でジワジワと脚を伸ばす姿をみるに、距離延長は問題なさそう。警戒を怠れない1頭だ。

コントディヴェール【C】
栗東坂路単走。右手前で長く引っ張るも、中盤すぎまではスムーズに駆け登っていた。だが、手前を替えてからの伸びが今一歩。稽古ではいつもよく見せる馬だけに、物足りなさを感じてしまう。相手強化のG1で大望まではどうか。

サウンドビバーチェ【A】
栗東坂路単走。四肢のさばきは力強く集中力も十分。細かい部分で雑なところはあるが、以前に比べると体を柔らかく使えているし、後肢の送り出しも良くなった。稽古と同様に落ち着いて運ぶことができれば、上位争いに割って入る場面があっても不思議はない。

サークルオブライフ【A】
美浦南W併走。直線を向いて手前を替えなかったが、最終追い切りを手前1本で済ませるのは、この馬にはよくあること。最後まで手ごたえには余裕があったし、前後のバランスもいい。1週前追い切りで見られた、硬さや手脚の重さが解消されているのも好印象。上々の仕上がり。

シンシアウィッシュ【B】
栗東坂路単走。やや上体が高く映るものの、四肢の運びは滑らかで弾力性もある。力みがちではあるが、それでも頭を上げながらの登坂だった1週前追い切りや、前回の最終追い切りよりは随分とマシ。雰囲気は決して悪くない。

シーグラス【C】
美浦坂路単走。やや硬さは残るも、脚元の動きは力強く、フォームも安定している。状態は悪くなさそうだが、1週前、今週と左回りの稽古にもかかわらず、手前を替えなかった点は気がかり。こうしたタイプは府中のG1では善戦止まりのケースが多く、評価は上げづらい。

スタニングローズ【C】
栗東坂路併走。ラストで肩ステッキに素早く反応し、脚を伸ばしたことは評価できる。反面、四肢のさばきに硬さが残り、前肢がまっすぐ出ていない点は気になる。今回の舞台で上位争いに絡むには、展開や馬場など何らかの助けが欲しい。

スターズオンアース【B】
美浦南W併走。やや頭が高く、直線を向くまでは気負う面が目についた。とはいえ、四肢のさばきは柔らかく、前後左右のバランスもいい。抜け出す際の反応も素晴らしかった。ようは実戦に行っての折り合いと脚の使いどころ次第。ジョッキーの手腕に委ねるほかない。

ナミュール【B】
栗東坂路単走。手前を変換する際にヨレる場面もあったが、右手前1本で登坂した1週前追い切りと比べれば、切り替えたぶんだけマシ。最後に手前を戻すも、左回りのレースに臨むことを思えば悪い材料ではない。トビに高さが出てきたことも好感。状態は持ち直しつつある。

ニシノラブウインク【B】
美浦南W併走。後肢こそ少し甘く映るが、ストライドはそれなりに広く、鞍上の合図に対する反応も悪くない。さほどキレは感じないものの、最後までしぶとく脚を伸ばしている点は評価できる。この馬なりに、いい仕上がり具合ではないか。

パーソナルハイ【C】
栗東坂路単走。四肢のさばきが硬く、着地点も安定しない。首を使って懸命に前へ進もうとするあたりは好感が持てるも、踏み込みが浅いせいか馬場をしっかり捉えてないようにも映る。今回は期待よりも不安のほうが大きい。

ピンハイ【B】
栗東坂路単走。重心高めの走りだが、流す程度の調整と思えば深刻に捉える必要はない。力みは見られず、完歩もそれなりに広い。左右のバランスが良く、体も比較的柔らかく使えている。少なくとも、前回のデキを下回るということはない。

プレサージュリフト【B】
美浦南W併走。コーナーでの動きが硬く映るものの、それはいつものこと。直線を向いて手前を替えたあとに一瞬見せた加速は見どころがあった。1週前追い切りと比べて、前肢の使い方も良くなっている。調整は順調に進んでいる様子。警戒を怠れない1頭だ。

ベルクレスタ【C】
栗東坂路併走。手前替えが遅いことや、右手前を多用する点は相変わらず。左回りの長丁場へ臨むにあたり、悪い材料ではないにせよ、走りに余裕が見受けられず、もう少しドッシリした感じが欲しいのも事実。良くも悪くも平行線といったところか。

ホウオウバニラ【C】
栗東CW併走。1週前追い切りと同様、直線で鞍上が手前替えを促すも、切り替えることができない。それでも余力を残してフィニッシュできれば評価できるのだが、ほぼ持ったままの僚馬に捕まってゴール。一変を望めるデキにあるかといえば疑問符が付く。

ライラック【C】
美浦南W併走。重心を低く保ち、四肢のさばきも素軽い。その一方、馬場を撫でるような走りで力強さを欠き、迫力に乏しい。気負いなく折り合いがついているのはいいのだが、もう少し覇気を出して欲しいのも確か。評価を上げるには躊躇してしまう。

ラブパイロー【D】
美浦南W併走。追走先着を果たしたことは評価できるも、四肢のさばきが硬く、脚元の力感も薄め。ストライドも小さい。もっとも気がかりなのは、右後肢の蹴りが弱く映るところ。そのせいか左手前に頼りがち。左回りの府中、それもG1では厳しいように思える。

ルージュエヴァイユ【A】
美浦南W併走。舌を出しながらの走りではあるが、力みを抜くという点では悪くない。低い姿勢を保ち、脚元の弾力性も高い。頭が反るような感じだった1週前追い切りや、芯のない走りに映った前回の最終追い切りと比べれば、随分と様子は良くなった。いい仕上がりで臨めそうだ。

ルージュリナージュ【B】
美浦南W併走。やや後肢が甘い面もあってか、重心こそ高めに映るものの、前肢の使い方が良く、左右のブレも少ない。前に出た僚馬をゴール前できっちり捕えて同入。その後も勢いを弱めることなく脚を伸ばしていた。及第点の仕上がりと判断したい。


【調教予想からの注目馬】
サウンドビバーチェ サークルオブライフ ルージュエヴァイユ

 コメント(0

 コメントを書く

コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

関連競馬ニュース

新着競馬ニュース

人気競馬ニュース

会員登録(無料)でできること

レース情報

今週の注目レース

6月26日()
宝塚記念 G1
6月25日()
東京ジャンプ G3

⇒今週の番組表へ

先週のレース結果

6月19日()
マーメイドS G3
ユニコーンS G3

⇒先週の番組表へ

総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 オジュウチョウサン 牡11
94,138万円
2 エフフォーリア 牡4
73,664万円
3 マカヒキ 牡9
63,008万円
4 タイトルホルダー 牡4
58,933万円
5 ディープボンド 牡5
51,083万円
6 ソダシ 牝4
50,142万円
7 デアリングタクト 牝5
50,038万円
8 レシステンシア 牝5
44,953万円
9 エアスピネル 牡9
44,765万円
10 サリオス 牡5
38,993万円
» もっと見る

3歳
1 ドウデュース 牡3
38,595万円
2 スターズオンアース 牝3
36,651万円
3 ジオグリフ 牡3
23,581万円
4 ダノンスコーピオン 牡3
21,674万円
5 イクイノックス 牡3
20,009万円
6 ナムラクレア 牝3
16,781万円
7 セリフォス 牡3
15,200万円
8 アスクビクターモア 牡3
14,236万円
9 サークルオブライフ 牝3
13,573万円
10 スタニングローズ 牝3
13,508万円
» もっと見る