最新競馬ニュース

【京王杯SC&京都ハイジャンプ】史上2頭目の連覇&障害重賞最多勝利騎手争いも気になる注目点


©サンケイスポーツ


 872  3  0

【京王杯SC&京都ハイジャンプ】史上2頭目の連覇&障害重賞最多勝利騎手争いも気になる注目点

★史上2頭目の連覇なるか 帰国初戦となるラウダシオン/京王杯SC

昨年の京王杯スプリングカップ(GⅡ)を制したラウダシオン(牡5歳、栗東・斉藤崇史厩舎)が、2000、01年のスティンガー以来2頭目の同レース連覇を狙う。ラウダシオンは今年に入り、2月の1351ターフスプリント(サウジアラビア)4着→3月のアルクオーツスプリント(UAE)9着と海外で2回出走しており、今回が帰国初戦となる。2020年のNHKマイルC(GⅠ)を制しているラウダシオンは、今年の京王杯SC登録馬では唯一のGⅠ馬だが、その実力を示して京王杯SC連覇を遂げることができるかどうか。同馬にはM・デムーロ騎手が騎乗する予定。

★過去10年で5勝の高松宮記念組は2頭が登録 重賞連勝を狙うタイムトゥヘヴンも出走予定/京王杯SC

過去10年の京王杯SC(GⅡ)勝ち馬の前走を見ると、高松宮記念組が最多の5勝を挙げている。今年の京王杯SCには、高松宮記念(GⅠ)5着のメイケイエール(牝4歳、栗東・武英智厩舎)、同7着のシャインガーネット(牝5歳、美浦・栗田徹厩舎)が登録しているが(※シャインガーネットヴィクトリアマイル(GI)にも登録)、今年の高松宮記念組は好走することができるかどうか。なお、メイケイエールには池添謙一騎手、シャインガーネットには田辺裕信騎手が騎乗する予定。また、京王杯SCにはダービー卿CT(GⅢ)で重賞初制覇を遂げたタイムトゥヘヴン(牡4歳、美浦・戸田博文厩舎)も登録している。ダービー卿CT組は過去10年の京王杯SCで2勝を挙げているが、タイムトゥヘヴンは前走に続いて重賞を制すことができるかどうか。同馬には大野拓弥騎手が騎乗する予定。

★歴代最多タイの障害重賞21勝で並ぶ 白浜雄造騎手、石神深一騎手が揃って参戦/京都ハイジャンプ

5月9日現在、騎手の障害重賞勝利数を見ると、通算21勝を挙げている白浜雄造騎手、石神深一騎手が歴代1位で並んでいる。両騎手は14日の京都ハイジャンプ(J.GⅡ)に参戦を予定しており、白浜騎手はホシルミエール(セン9歳、栗東・庄野靖志厩舎)、石神騎手はタガノエスプレッソ(牡10歳、栗東'・五十嵐忠男厩舎)に騎乗する予定だが、歴代単独最多の障害重賞22勝目を挙げることができるかどうか。なお、白浜騎手は歴代最多の京都ハイジャンプ5勝を挙げている。また、石神騎手は現在実施されている障害重賞10レースのうち、京都ハイジャンプ小倉サマージャンプ(J・GⅢ)以外の8レースを制しており、タガノエスプレッソが勝てば、障害重賞完全制覇に王手がかかる。

 コメント(0

 コメントを書く

コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

関連競馬ニュース

新着競馬ニュース

人気競馬ニュース

会員登録(無料)でできること

レース情報

今週の注目レース

5月29日()
日本ダービー G1
目黒記念 G2
5月28日()
葵ステークス G3

⇒今週の番組表へ

先週のレース結果

5月22日()
オークス G1
5月21日()
平安S G3

⇒先週の番組表へ

総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 オジュウチョウサン 牡11
94,138万円
2 エフフォーリア 牡4
73,664万円
3 マカヒキ 牡9
63,008万円
4 タイトルホルダー 牡4
58,933万円
5 ディープボンド 牡5
51,083万円
6 ソダシ 牝4
50,142万円
7 デアリングタクト 牝5
50,038万円
8 レシステンシア 牝5
44,953万円
9 エアスピネル 牡9
44,765万円
10 メイショウダッサイ 牡9
38,495万円
» もっと見る

3歳
1 スターズオンアース 牝3
36,651万円
2 ジオグリフ 牡3
23,581万円
3 ダノンスコーピオン 牡3
21,674万円
4 ドウデュース 牡3
15,897万円
5 サークルオブライフ 牝3
13,573万円
6 スタニングローズ 牝3
13,508万円
7 マテンロウオリオン 牡3
12,903万円
8 ウォーターナビレラ 牝3
12,791万円
9 ナムラクレア 牝3
12,625万円
10 セリフォス 牡3
12,500万円
» もっと見る