最新競馬ニュース

【TCK女王盃】テオレーマ叩き合い制し重賞3勝目


©サンケイスポーツ


 196  0  0

【TCK女王盃】テオレーマ叩き合い制し重賞3勝目

 川田騎乗で1番人気のテオレーマが9番手の追走から直線の外を伸びると、ショウナンナデシコとの叩き合いをクビ差で制して重賞3勝目。メンバー最速となる上がり3ハロン37秒0の豪脚で、JpnI勝ち馬の実力を示した。タイム1分54秒2(良)。さらに2馬身差の3着にブランクチェックが入り、4着のレーヌブランシュまで、JRA勢が上位を占めた。

 ◇ 

 ◆川田騎手(テオレーマ1着)「気分良く、上手に走ってくれたと思います。着差以上に余裕がありましたし、無事に今年の初戦を終えられて何よりです」 ◆吉田隼騎手(ショウナンナデシコ2着)「勝ち馬が思ったより早く来たし、並んだところで脚も止まった。牝馬限定ならやれる」 ◆戸崎騎手(ブランクチェック3着)「ペースが落ち着いてしまったし、追い出しも待たされる感じになった。でも、最後はよく伸びてくれた」 ◆松山騎手(レーヌブランシュ4着)「もうひとつ前のポジションが取れればよかった。大井は得意だから結果を出したかったが…」 ◆矢野貴騎手(メモリーコウ5着)「ペースが遅かったし、動けないところに入ってしまった。展開が向けば、もっとやれる」

テオレーマ 父ジャスタウェイ、母スターズアラインド、母の父シーザスターズ。鹿毛の牝6歳。栗東・石坂公一厩舎所属。北海道浦河町・笠松牧場の生産馬で、馬主は水上行雄氏。戦績22戦7勝(うち地方5戦3勝)。獲得賞金1億7400万7000円(うち地方9885万円)。重賞は2021年JpnIIIマリーンC、JpnIJBCレディスクラシックに次いで3勝目。TCK女王盃石坂公一調教師が初勝利、川田将雅騎手は21年マルシュロレーヌに次いで2勝目。馬名の意味は「定理(スペイン語)」。

 ナイス!(0
 コメント(0

 コメントを書く

コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

関連競馬ニュース

新着競馬ニュース

人気競馬ニュース

会員登録(無料)でできること

レース情報

今週の注目レース

7月3日()
CBC賞 G3
ラジNIK賞 G3

⇒今週の番組表へ

先週のレース結果

6月26日()
宝塚記念 G1
6月25日()
東京ジャンプ G3

⇒先週の番組表へ

総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 オジュウチョウサン 牡11
94,138万円
2 タイトルホルダー 牡4
79,311万円
3 エフフォーリア 牡4
73,664万円
4 マカヒキ 牡9
63,008万円
5 デアリングタクト 牝5
55,092万円
6 ディープボンド 牡5
54,083万円
7 ソダシ 牝4
50,142万円
8 レシステンシア 牝5
44,953万円
9 エアスピネル 牡9
44,765万円
10 サリオス 牡5
38,993万円
» もっと見る

3歳
1 ドウデュース 牡3
38,595万円
2 スターズオンアース 牝3
36,651万円
3 ジオグリフ 牡3
23,581万円
4 ダノンスコーピオン 牡3
21,674万円
5 イクイノックス 牡3
20,009万円
6 ナムラクレア 牝3
16,781万円
7 セリフォス 牡3
15,200万円
8 アスクビクターモア 牡3
14,236万円
9 サークルオブライフ 牝3
13,573万円
10 スタニングローズ 牝3
13,508万円
» もっと見る