最新競馬ニュース

【ズバリ!調教診断(水曜追い切りチェック)】チャンピオンズカップ2021 栗東坂路で上々の動き披露のテーオーケインズを高評価!


ウマニティ


 5,416  4  0

【ズバリ!調教診断(水曜追い切りチェック)】チャンピオンズカップ2021 栗東坂路で上々の動き披露のテーオーケインズを高評価!

ウマニティ重賞攻略チームが毎週末の重賞をあらゆる切り口で考察!今回はチャンピオンズカップ・調教予想(水曜版) をお届けします!


日曜日に行われるチャンピオンズカップの登録馬の水曜追い切り(追い切り映像が確認できた馬に限る)について、1頭ずつシンプルに考察していきます。予想の際にお役立てください。なお、出走馬確定後に最終版記事を改めて掲載します。

※評価は上からA~D、F(判定不能)の5段階

アナザートゥルース【C】
美浦南W併走。馬場の重さも影響しているのか、あまり前進気勢を感じず、仕掛けに対する反応も薄い。鞍上が追って追って、ようやくこの馬らしい伸びやかな走りとなったが……。動きと雰囲気は前回のほうが良かったように思える。

インティ【B】
栗東坂路単走。手前をコロコロ替えたあたりは減点材料も、最後まで低い姿勢を保ち、脚勢が衰えなかったことは好感。ともすれば、こぢんまりとした動きに映るが、そもそもピッチ走法型なので深刻に捉える必要はない。この馬なりに順調とみてよさそうだ。

エアスピネル【B】
栗東坂路併走。頭の位置こそ高めだが、身のこなしに硬さはなく、全体的に見ればリズム良く動けている印象。ひと頃より迫力こそ薄れてはいるものの、そのぶん折り合いは楽になっているので差引ゼロといったところか。まずまずの仕上がりだろう。

オーヴェルニュ【B】
栗東CW単走。首が短いため、頭の位置が高く見えるのはいつものこと。この馬としては首を下げているほうだし、活気も十分すぎるほど。四肢のさばきも素軽く、鞍上の手ごたえに見合った走りはできている。少なくとも、前回の中間より雰囲気はいい。

カジノフォンテン【B】
船橋ダ単走。肩ムチにいい反応を示し、活気良く駆け抜けた。コーナーで膨れがちになるのは相変わらずも、その動きに地方所属馬にありがちな重苦しさは感じない。低い重心を保ちつつ、推進力を上に逃さない走りができているのは好印象。侮れない存在だ。

クリンチャー【C】
栗東坂路単走。1週前や前回の中間時よりは、走りに力感が伴ってきているし、活気もそれなりに出てきた。とはいえ、いい頃の躍動感ある動きには今一歩。少しずつ上向いているのは確かだが、本当に良くなるのは、もう少し使ってからかもしれない。

ケイティブレイブ【C】
美浦坂路併走。重心こそ高めだが、適度な活気があり、折り合いもスムーズ。併走馬をパスする際の反応も悪くなかった。ただ、前回からの大きな前進を見込めるほどのデキにあるかといえば疑問符が付く。良くも悪くも平行線といったところか。

サンライズノヴァ【C】
栗東坂路併走。含水多めの馬場を考慮すると、全体時計は十分合格点レベルだが、騎手騎乗で強めに追ってのものであり、それほどの強い活気は感じなかった。良い頃と比べると四肢のさばきが重く、何かダラッとしている印象を受ける。積極的には手が出ない。

サンライズホープ【B】
栗東坂路単走。少し遊び癖を出す場面もあったが、それでも最後までしぶとく脚を伸ばしていた。さほどキレは感じないものの、大きなフットワークを駆使した豪快な走りは見映えがする。デキは安定しており、自身の力を出せる態勢とみていい。

スワーヴアラミス【C】
栗東坂路単走。ずっと気合をつけつつの登坂。にもかかわらず、最後は少しフワッとするようなところも。追われ通しでもバテない点は評価できるが、もう少し覇気を出してほしいのも確か。相手関係を考えると、期待よりも不安のほうが先立つ。

ソダシ【B】
栗東坂路単走。道悪馬場をものともせず、ラスト2Fは24秒1-11秒8。さすがの脚力を見せつけた。反面、重心が高く映るのは気になるところ。馬場によるものなのか、気性的な問題なのか、それ次第で見方が大きく変わってくる。判断に悩ましいが、今回は時計面を評価してのB判定にとどめておきたい。

ダノンファラオ【B】
栗東坂路併走。少しジリな面を見せたが、そもそも坂路ではあまり目立たない馬。その点を考慮すれば、むしろ動いている部類だろう。四肢のさばきには力感があり、身体も柔らかく使えている。雰囲気は決して悪くなく、警戒を怠れない1頭だ。

チュウワウィザード【B】
栗東坂路単走。馬場の重さもあってか、時計こそ地味だが、脚どりに大きな乱れはなく、単走とすれば概ね自身のパフォーマンスは示している。完璧には至らないまでも、着実に状態は持ち直してきている印象。このひと追いで一応の態勢は整いそうだ。

テーオーケインズ【A】
栗東坂路単走。中盤までは鞍上が抑えたぶん顔を右に向けがちだったが、3ハロン目あたりから解放されると、弾力性に富んだスピード感あふれる走りを披露。しまいにかけては、鞍上の手ごたえ以上に時計が出ているようにも映る。前回よりも明らかに具合はいい。

メイショウハリオ【B】
栗東坂路単走。頭の位置こそ高めながら、最後まで集中を切らすことなく駆け抜けた。派手さはないが、安定感のある脚さばきでしっかりと加速ラップを刻めた点は評価できる。大きな底上げまではどうかも、この馬なりにいい状態を維持している印象を持つ。


【調教予想からの注目馬】
テーオーケインズ

 コメント(0

 コメントを書く

コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

関連競馬ニュース

新着競馬ニュース

人気競馬ニュース

会員登録(無料)でできること

レース情報

今週の注目レース

1月30日()
根岸S G3
シルクロード G3

⇒今週の番組表へ

先週のレース結果

1月23日()
AJCC G2
東海S G2

⇒先週の番組表へ

総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 オジュウチョウサン 牡11
86,501万円
2 エフフォーリア 牡4
73,664万円
3 マカヒキ 牡9
63,008万円
4 デアリングタクト 牝5
50,038万円
5 ペルシアンナイト 牡8
46,790万円
6 エアスピネル 牡9
44,765万円
7 レシステンシア 牝5
41,599万円
8 メイショウダッサイ 牡9
38,495万円
9 シャフリヤール 牡4
36,573万円
10 ディープボンド 牡5
36,182万円
» もっと見る

3歳
1 セリフォス 牡3
10,500万円
2 サークルオブライフ 牝3
10,257万円
3 ドウデュース 牡3
9,527万円
4 キラーアビリティ 牡3
8,369万円
5 ナムラクレア 牝3
6,800万円
6 ウォーターナビレラ 牝3
6,283万円
7 ラブリイユアアイズ 牝3
5,917万円
8 オニャンコポン 牡3
5,784万円
9 マテンロウオリオン 牡3
5,371万円
10 キングエルメス 牡3
4,710万円
» もっと見る