最新競馬ニュース

ワールドプレミアが引退 菊花賞などGI2勝


©サンケイスポーツ


 845  9  2

ワールドプレミアが引退 菊花賞などGI2勝

 一昨年の菊花賞ワールドプレミア(栗東・友道康夫厩舎、牡5)の引退が25日、発表された。

 父はディープインパクト、母マンデラもドイツオークス3着馬という良血馬で、全兄は重賞2勝のワールドエース。2016年のセレクトセール当歳せりにおいて、2億4000万円(税抜)で落札された素質馬だった。

 2歳10月のデビュー戦で白星を挙げたものの、春のクラシックは見送り、秋の菊花賞で大輪を咲かせた。昨年シーズンは勝ち星から遠ざかったものの、今年の始動戦となった日経賞を3着でまとめると、天皇賞・春でGI2勝目。ステイヤーとしてスタミナを遺憾なく発揮した。

 今秋は天皇賞・秋11着から始動。ジャパンCを目標としていたが、体調が整わず回避していた。友道調教師は「ワールドプレミア菊花賞を勝ってくれたことで、うちの厩舎は牡馬3冠を達成できましたし、すごく思い入れのある存在です。古馬になっても天皇賞・春を勝ってくれたようにスタミナがすごくあった馬ですから、それが産駒にも伝わってくれればいいですね」とコメントした。通算12戦4勝で重賞2勝。総獲得賞金4億5594万3000円。今後は北海道新冠町の優駿スタリオンステーションで種牡馬となる予定。

ワールドプレミアの競走成績はこちら

 コメント(2

 コメントを書く

コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

水道橋の鯉
11月26日(金) 01:53

5歳馬で12戦で引退か。常識的には「まだやれる」と思うが・・・・。この馬には罪はないが、馬主の不祥事でファンが減ったことは間違いないだろう。ここにきてJRAも馬主に何らかの処分でもするのか?いずれにせよワールドプレミア号にはよい種牡馬になって長生きしてほしいと思う。

ナイス! (0)
HELPRO
11月25日(木) 20:41

息の長い良い仔を出して下さい。

ナイス! (1)

関連競馬ニュース

新着競馬ニュース

人気競馬ニュース

会員登録(無料)でできること

レース情報

今週の注目レース

11月28日()
ジャパンC G1
京阪杯 G3
11月27日()
京都2歳S G3

⇒今週の番組表へ

先週のレース結果

11月21日()
マイルCS G1
11月20日()
東スポ2歳S G2

⇒先週の番組表へ

総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 グランアレグリア 牝5
107,381万円
2 クロノジェネシス 牝5
102,623万円
3 コントレイル 牡4
89,147万円
4 オジュウチョウサン 牡10
79,852万円
5 キセキ 牡7
70,140万円
6 マカヒキ 牡8
63,008万円
7 インディチャンプ 牡6
61,504万円
8 ブラストワンピース 牡6
58,942万円
9 ダノンスマッシュ 牡6
58,435万円
10 ダノンキングリー 牡5
51,506万円
» もっと見る

3歳
1 エフフォーリア 牡3
43,328万円
2 ソダシ 牝3
33,714万円
3 シュネルマイスター 牡3
30,270万円
4 シャフリヤール 牡3
29,019万円
5 タイトルホルダー 牡3
28,746万円
6 ステラヴェローチェ 牡3
23,087万円
7 ピクシーナイト 牡3
22,764万円
8 アカイトリノムスメ 牝3
22,268万円
9 ユーバーレーベン 牝3
19,636万円
10 ダノンザキッド 牡3
16,794万円
» もっと見る