最新競馬ニュース

【京都2歳S】レース展望


©サンケイスポーツ


 985  3  0

【京都2歳S】レース展望

 阪神では土曜メインに京都2歳S(27日、GIII、芝2000メートル)が組まれている。例年同様、今年も登録は11頭と少ないが、同じ2000メートルで施行される暮れのGIホープフルSや来年のクラシックを見据えた重要な一戦。将来性豊かな好素材が顔をそろえた。

 フィデル(栗東・友道康夫厩舎、牡)は7月の小倉芝1800メートルで単勝1・1倍の断然人気に応えて新馬勝ち。4コーナー2番手から楽に抜け出し、ノーステッキで勝利を飾った。着差は1馬身だったが、余力たっぷりの内容だった。今回は5カ月ぶりの実戦となるが、入念に乗り込まれて素晴らしい動きを見せている。小回りの小倉コースを経験している点は強みで、阪神内回りコースも全く問題ない。2020年のセレクトセール1歳で1億9000万円の高値をつけた素質馬の2戦目に注目が集まる。

 トゥデイイズザデイ(栗東・池江泰寿厩舎、牡)は9月の中京芝2000メートルで新馬戦を勝利。前半1000メートル65秒8のスローペースで逃げる形をとったが、上がり3ハロン34秒0の末脚で押し切った。いかにもディープインパクト産駒らしい素軽いフットワークの持ち主で、控える競馬ならさらに鋭い瞬発力を発揮できそう。レースセンスが高く、折り合いもスムーズ。右回りや内回りコースへの条件替わりにも、難なく対応できるだろう。

 キャンデセント(栗東・藤原英昭厩舎、牡)のデビュー戦(新潟芝2000メートル)は後方から長くいい脚を使って差し切り。ポテンシャルは高く、まだ幼さを残していただけに、攻め馬を強化してきた2戦目の上積みも大きそう。初戦は稍重馬場での勝利だったが、良馬場ならさらにいいパフォーマンスが見られるだろう。

 ジャスティンロック(栗東・吉岡辰弥厩舎、牡)はデビュー戦で前記のトゥデイイズザデイの1馬身差2着に敗れたが、2戦目で順当に勝ち上がった。2戦でともに上がり3ハロン33秒台の末脚を発揮しているように、非凡な瞬発力の持ち主。決め手が生きる展開になれば、チャンスは十分ありそう。

 紅一点のライラック(美浦・相沢郁厩舎)は10月東京の新馬戦(芝1800メートル)を好位から鋭く抜け出して勝ち上がった。初めての長距離輸送や右回りなど課題はあるが、牡馬が相手でも能力は十分に通用しそう。祖母のブルーリッジリバーは桜花賞2着馬で、半兄には札幌2歳S勝ちのブラックホール(父ゴールドシップ)。早い時期から活躍できる血統背景も魅力だ。

京都2歳Sの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

 コメント(0

 コメントを書く

コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

関連競馬ニュース

新着競馬ニュース

人気競馬ニュース

会員登録(無料)でできること

レース情報

今週の注目レース

11月28日()
ジャパンC G1
京阪杯 G3
11月27日()
京都2歳S G3

⇒今週の番組表へ

先週のレース結果

11月21日()
マイルCS G1
11月20日()
東スポ2歳S G2

⇒先週の番組表へ

総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 グランアレグリア 牝5
107,381万円
2 クロノジェネシス 牝5
102,623万円
3 コントレイル 牡4
89,147万円
4 オジュウチョウサン 牡10
79,852万円
5 キセキ 牡7
70,140万円
6 マカヒキ 牡8
63,008万円
7 インディチャンプ 牡6
61,504万円
8 ブラストワンピース 牡6
58,942万円
9 ダノンスマッシュ 牡6
58,435万円
10 ダノンキングリー 牡5
51,506万円
» もっと見る

3歳
1 エフフォーリア 牡3
43,328万円
2 ソダシ 牝3
33,714万円
3 シュネルマイスター 牡3
30,270万円
4 シャフリヤール 牡3
29,019万円
5 タイトルホルダー 牡3
28,746万円
6 ステラヴェローチェ 牡3
23,087万円
7 ピクシーナイト 牡3
22,764万円
8 アカイトリノムスメ 牝3
22,268万円
9 ユーバーレーベン 牝3
19,636万円
10 ダノンザキッド 牡3
16,794万円
» もっと見る