最新競馬ニュース

【ズバリ!調教診断(水曜追い切りチェック)】菊花賞2021 オーソクレース、セファーラジエル、ヴァイスメテオールの3頭がA評価!


ウマニティ


 7,114  5  0

【ズバリ!調教診断(水曜追い切りチェック)】菊花賞2021 オーソクレース、セファーラジエル、ヴァイスメテオールの3頭がA評価!

ウマニティ重賞攻略チームが毎週末の重賞をあらゆる切り口で考察!今回は菊花賞・調教予想(水曜版) をお届けします!


日曜日に行われる菊花賞の登録馬の水曜追い切り(追い切り映像が確認できた馬に限る)について、1頭ずつシンプルに考察していきます。予想の際にお役立てください。なお、出走馬確定後に最終版記事を改めて掲載します。

※評価は上からA~D、F(判定不能)の5段階

アサマノイタズラ【B】
美浦南W併走。僚馬と並んだ際に気負うような素振りを見せたものの、走り自体に硬さはなく、この馬とすれば四肢の可動域も広い。折り合い面の不安は少し残るが、調子自体は悪くなさそう。道中を落ち着いて追走できれば、出番があってもいい。

アリーヴォ【D】
栗東坂路単走。序盤は気負い気味で素軽さを欠くような走り。そのうえ、促されてから徐々に頭の位置が高くなり、ストライドも小さくなってしまった。加速ラップこそ記録したものの、相手強化のG1、それも3000mの長丁場で過度の期待まではどうか。

エアサージュ【C】
栗東坂路単走。序盤から気負い気味で、走りに余裕が感じられない。最後までトビの高いフォームを維持している点は評価できる反面、折り合い面の不安を覚えるのも確か。2600m戦の勝ち鞍があるとはいえ、今回の舞台ではアテにできないように思える。

オーソクレース【A】
美浦南W併走。時計を抑えた調整ながらも、折り合い良くブレの少ない好フォームで走り抜けた。併走馬になかなか追いつけず緩慢な動きに映った、前走時の最終追い切りとは雰囲気が明らかに変わってきている。好仕上がり。

グラティアス【B】
美浦南W単走。最後まで低い姿勢を保ち、集中を切らすことなく駆け抜けた。状態は良さそうだが、スピードが勝るような走りからパワー馬場の阪神、かつ長丁場の舞台がフィットするかどうか。その点を踏まえて、今回はB判定にとどめておきたい。

ステラヴェローチェ【B】
栗東坂路併走。体勢不利の形でゴールしたが、そもそも抜くことを目的とした調整ではない。この馬の状態が悪いというよりも、相手を褒めるべきだろう。体を柔らかく使えているし、四肢のさばきも力強い。大きな上積みまではどうかも、及第点のデキにはある。

セファーラジエル【A】
栗東CW単走。この馬としてはリラックスしているし、ハミ受けもスムーズ。重心を低く保って、力強くトラックを周回する姿は見映えがする。前回の最終追い時より体を柔らかく使えていることも好印象。上位争いに割って入る場面があっても不思議はない。

タイトルホルダー【B】
美浦坂路併走。輸送を考慮した微調整程度の内容ゆえに、体勢不利でゴールしたことは気にしなくてもいい。フォームは崩れておらず、それなりに制御も利いている。仕上がりは悪くないので。あとは一気の距離延長で気分を損ねず運べるか否か。それが焦点となる。

テーオーロイヤル【B】
栗東坂路単走。動きに硬さはなく、鞍上の指示に対しても従順。少し踏み込みの力強さに欠けるが、しまいまで低い姿勢を保っており、全体的に見ればバランス良く動けている印象。急上昇とはいかないまでも、前回のデキを下回るということはない。

ディヴァインラヴ【B】
栗東CW併走。整える程度の調整ながら、最後まで集中を切らさず、まずまずの伸び脚を見せた。鞍上がハミの制御に気を使っていたあたり、モタれ癖の不安が残るのは確かだが、ひと頃と比べて体の軸が安定してきたことは好感が持てる。順調とみてよさそうだ。

ディープモンスター【C】
栗東CW併走。ラストの伸び脚は目を引くものがあったが、コーナーでは気負っていたし、推進力を上に逃す完歩も多い。春先と同様、見た目以上に折り合いの面で苦労しているように思える。上位進出には鞍上の巧みなエスコートが不可欠といえよう。

ノースザワールド【C】
栗東CW単走。迫力こそ感じないものの、身のこなしは軽く、推進力も前に向いている。その一方で、後肢が流れる場面が見られるなど、まだ体幹がしっかりしていない印象。素質の高さは認めても、相手強化のG1では期待よりも不安のほうが先立つ。

ハギノピリナ【B】
栗東坂路単走。左手前の走りが少しぎごちなく映るものの、それでも前回の最終追い切りより反応は良くなっている。攻め駆けしないタイプの同馬とすれば、競る気配が十分出ているし、上がりのラップも合格点レベル。いい仕上がり具合ではないか。

マカオンドール【B】
栗東坂路単走。ひと完歩ごとに頭が上がる見映えの良くない走りだが、これはいつものこと。脚さばきは力強く、反応もスムーズ。ガッツリ追えば伸びそうな雰囲気もある。うまく流れに乗ることができれば、面白い存在になるかもしれない。

モンテディオ【B】
栗東CW併走。手前替えに手こずるところは相変わらず。とはいえ、この馬にしては前肢を柔らかく使えているし、トビに高さもある。僚馬のアオりに惑わされず、最後まで自身のリズムを維持していることも好印象。要警戒の1頭だ。

レッドジェネシス【B】
栗東CW単走。直線を向くまでは平凡な動きだったが、促されると首をグッと下げて、かき込みが利いた走りに。もともと首の使い方が上手ではなく、追われると頭が上がりがちだった馬。その点を踏まえると、長距離仕様に整ったと捉えることもできる。侮れない存在だ。

ロードトゥフェイム【B】
美浦南W併走。少し気合が乗り過ぎているようにも映るが、動きに硬さはなく、手ごたえに見合った走りはできている。状態は悪くなさそうなので、あとは実戦に行っての折り合いひとつ。鞍上がコントロールできれば、という条件付きの狙いとなろう。

ワイドエンペラー【B】
栗東CW併走。持ち前の大きなストライドを駆使して先着を決めた。首のサイズが短めのためか、追われて頭が下がらない点は気になるも、雰囲気は決して悪くない。この馬なりにいい状態を維持している。

ワールドリバイバル【C】
栗東坂路単走。何かに驚いたのか、ヨレながらの力みがちな走り。しまいにかけての伸びやかな動きは目を引いたが、まだまだ発展途上の印象を持つ。そのあたりを踏まえると、今回の舞台で能力を発揮できるかどうかについては疑問。積極的には手が出ない。

ヴァイスメテオール【A】
美浦南W併走。派手な時計こそ出ていないが、脚元の動きは力強く、コーナーリングもスムーズ。3頭併せの真ん中で両サイドから圧を受けながら、それを意に介さず自身のリズムで走れていたことも高く評価できる。いいムードで本番に臨めそうだ。

ヴィクティファルス【B】
栗東坂路単走。追われて頭が高くなった点はマイナスだが、鞍上の合図に対する反応は悪くなく、四肢のさばきも柔らかい。今回の舞台に適性があるかどうかはさておき、ズブさが目立った春二冠の最終追い切りよりも雰囲気は良く映る。

ヴェローチェオロ【B】
栗東坂路併走。ステラヴェローチェを待たねばならない先導役とあって、序盤は気分良く行かせてもらえず、ハミ取りが硬め。それでも最後まで集中を切らさず走れていたし、追われて頭が上がる癖も以前と比べてマシになっている。現状の力を出せる態勢とみたい。


【調教予想からの注目馬】
オーソクレース セファーラジエル ヴァイスメテオール

 コメント(0

 コメントを書く

コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

関連競馬ニュース

新着競馬ニュース

人気競馬ニュース

会員登録(無料)でできること

レース情報

今週の注目レース

12月5日()
チャンピオン G1
12月4日()
ステイヤーズ G2
チャレンジC G3

⇒今週の番組表へ

先週のレース結果

11月28日()
ジャパンC G1
京阪杯 G3
11月27日()
京都2歳S G3

⇒先週の番組表へ

総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 コントレイル 牡4
119,529万円
2 グランアレグリア 牝5
107,381万円
3 クロノジェネシス 牝5
102,623万円
4 オジュウチョウサン 牡10
79,852万円
5 キセキ 牡7
70,140万円
6 マカヒキ 牡8
63,008万円
7 インディチャンプ 牡6
61,504万円
8 ブラストワンピース 牡6
58,942万円
9 ダノンスマッシュ 牡6
58,435万円
10 ダノンキングリー 牡5
51,506万円
» もっと見る

3歳
1 エフフォーリア 牡3
43,328万円
2 シャフリヤール 牡3
36,573万円
3 ソダシ 牝3
33,714万円
4 シュネルマイスター 牡3
30,270万円
5 タイトルホルダー 牡3
28,746万円
6 ステラヴェローチェ 牡3
23,087万円
7 ピクシーナイト 牡3
22,764万円
8 アカイトリノムスメ 牝3
22,268万円
9 ユーバーレーベン 牝3
19,636万円
10 ダノンザキッド 牡3
16,794万円
» もっと見る