最新競馬ニュース

Deep開発者の「ヴィクトリアM」回顧&「オークス」展望


©サンケイスポーツ


 1,782  11  0

Deep開発者の「ヴィクトリアM」回顧&「オークス」展望

 16日のヴィクトリアマイルは1番人気のグランアレグリアが勝利。古馬芝マイルGI完全制覇となりました。



 もはや、この馬のすごさは語るまでもないので、数字的な裏付けを1つご紹介します。今回のレースラップは「11.9-10.8-11.6-11.7-11.6-11.2-10.9-11.3」でした。マイル戦ですべてのラップが12秒を切ったのは、グランプリボスが勝った2011年5月のNHKマイルC以来ちょうど10年ぶり。速い先行馬が引っ張り、本当に強い差し馬がラストまでスピードを維持しないと出せないものです。さらに今回は、10秒台が2つも挟まる極限の高速ラップ。近年は馬場が高速化しているのも確かですが、それ以上に日本生産馬のレベルも上がっているように思います。



 今回もう一つ印象的だったのが、最後の直線でグランアレグリアの後位にすっぽりと収まり、連れるように伸びてきたランブリングアレー。まるで競輪を見ているようでした。ただ、運がよかったと言いたいわけではありません。強い馬に合わせて、一定区間で限界以上のエネルギーを使ってしまうと、逆に失速してしまうケースも多々あります。勝ち馬に離されながらも、ラストまでしっかり脚を伸ばして2着をもぎ取ったあたり、この馬も相当な力があるようです。相手が悪かったとしか言いようがありません。



 今週の日曜(23日)は東京競馬場でGIオークスが行われます。



オークスの特別登録馬柱(想定騎手入り)はこちら



 無敗の桜花賞ソダシの1番人気は間違いないでしょう。ただ、良馬場であれば他の馬にもチャンスはあるとみています。というのもソダシの走法は、序盤から速いペースで行ってもラストまである程度のスピードを維持できる、つまり消耗戦に適したものだからです。そういう意味で阪神JF桜花賞はこの馬にピッタリの流れでしたが、今回は先行したい馬がほとんどいません。ヨーイドンの競馬になれば、やや分が悪いと思います。



 そういう展開でおもしろいのがユーバーレーベンです。



ユーバーレーベンの前走(Deepの特大馬柱より)



 前走はレースの上がり3ハロンが「11.3-11.0-11.5」でした。映像と照らし合わせると、ユーバーレーベンの上がり3ハロンは「11.0-11.0-11.2」のようなものだったと推測されます。ラストでこれだけ速いラップを連続で刻めるのは大きな武器でしょう。ただし、位置どりがあまり後ろでは意味がありません。今回狙い目となるのは、この馬に限らずラストで速いラップを連続で刻めるようなタイプ。さらにスローペースのなか、ある程度の位置が取れた馬に逆転のチャンスが生まれると思います。(Deep開発チーム・岡本)



Deepの使い方や有料サービスの内容はこちらDeep開発チームの公式ツイッターはこちら

 コメント(0

 コメントを書く

コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

関連競馬ニュース

新着競馬ニュース

人気競馬ニュース

会員登録(無料)でできること

レース情報

今週の注目レース

6月20日()
ユニコーンS G3
マーメイドS G3

⇒今週の番組表へ

先週のレース結果

6月13日()
エプソムC G3
函館SS G3

⇒先週の番組表へ

総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 グランアレグリア 牝5
90,189万円
2 クロノジェネシス 牝5
87,342万円
3 コントレイル 牡4
83,051万円
4 オジュウチョウサン 牡10
78,846万円
5 キセキ 牡7
66,926万円
6 インディチャンプ 牡6
59,504万円
7 ダノンスマッシュ 牡6
58,435万円
8 ブラストワンピース 牡6
58,242万円
9 マカヒキ 牡8
56,210万円
10 ワグネリアン 牡6
51,244万円
» もっと見る

3歳
1 シャフリヤール 牡3
28,209万円
2 エフフォーリア 牡3
27,992万円
3 ソダシ 牝3
26,623万円
4 ユーバーレーベン 牝3
19,636万円
5 シュネルマイスター 牡3
18,181万円
6 ステラヴェローチェ 牡3
15,816万円
7 タイトルホルダー 牡3
13,738万円
8 ダノンザキッド 牡3
12,555万円
9 グレナディアガーズ 牡3
12,152万円
10 アカイトリノムスメ 牝3
11,932万円
» もっと見る