最新競馬ニュース

【京王杯SC】安田記念に弾み!ラウダシオン復活V


©サンケイスポーツ


 369  1  0

【京王杯SC】安田記念に弾み!ラウダシオン復活V

 京王杯スプリングCが15日、東京競馬場で17頭によって争われ、M・デムーロ騎乗で1番人気のラウダシオンが早め先頭から押し切って、昨年のNHKマイルC以来の勝利。安田記念(6月6日、東京、GI、芝1600メートル)の優先出走権を獲得した。クビ差の2着に10番人気トゥラヴェスーラ。8番人気のカイザーミノルが3着だった。

 ◇

 約1年の眠りから、強いラウダシオンが目を覚ました。相性のいい府中で昨年のNHKマイルC以来のV。優先出走権を得た安田記念に向けて、復活をアピールした。

 「(近走は)展開や馬場が合わないことが多かったけど、きょうはやっと良馬場。展開も向いたし、この感じならと思いました」

 ミルコ・デムーロ騎手が笑みを浮かべた。GI制覇後は好走と凡走の差が激しかったが、歯車がかみ合えば力が違った。逃げるビオグラフィーを無理には追いかけずに離れた2番手から虎視眈々。「手応えは抜群だったけど先頭に立つと物見するので、少し(追い出しを)待ちました」と余裕を持ってゴーサインを出すと、早々に抜け出して後続を振り切った。

 この日から東京でもファンの入場が再開。ゴール前の声援に「温かい応援ありがとうございます。お客さんがいると全然(気持ちが)違います」と感謝の言葉を述べるミルコ。「能力があるし、本番も楽しみです」とミルコが話すラウダシオンが、東京で再びGIの舞台を盛り上げる。(柴田章利)



★15日東京11R「京王杯SC」の着順&払戻金はこちら



ラウダシオン 父リアルインパクト、母アンティフォナ、母の父ソングアンドアプレイヤー。鹿毛の牡4歳。栗東・斉藤崇史厩舎所属。北海道白老町・(有)社台コーポレーション白老ファームの生産馬。馬主は(有)シルクレーシング。戦績12戦5勝。獲得賞金2億6975万9000円。重賞は2020年GI・NHKマイルCに次いで2勝目。京王杯スプリングCは斉藤崇調史教師が初勝利、ミルコ・デムーロ騎手は17年レッドファルクスに次いで2勝目。馬名は「グレゴリオ聖歌の続唱の一つ。母名より連想」。

 ナイス!(1
 コメント(0

 コメントを書く

コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

関連競馬ニュース

新着競馬ニュース

人気競馬ニュース

会員登録(無料)でできること

レース情報

今週の注目レース

6月20日()
マーメイドS G3
ユニコーンS G3

⇒今週の番組表へ

先週のレース結果

6月13日()
エプソムC G3
函館SS G3

⇒先週の番組表へ

総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 グランアレグリア 牝5
90,189万円
2 クロノジェネシス 牝5
87,342万円
3 コントレイル 牡4
83,051万円
4 オジュウチョウサン 牡10
78,846万円
5 キセキ 牡7
66,926万円
6 インディチャンプ 牡6
59,504万円
7 ダノンスマッシュ 牡6
58,435万円
8 ブラストワンピース 牡6
58,242万円
9 マカヒキ 牡8
56,210万円
10 ワグネリアン 牡6
51,244万円
» もっと見る

3歳
1 シャフリヤール 牡3
28,209万円
2 エフフォーリア 牡3
27,992万円
3 ソダシ 牝3
26,623万円
4 ユーバーレーベン 牝3
19,636万円
5 シュネルマイスター 牡3
18,181万円
6 ステラヴェローチェ 牡3
15,816万円
7 タイトルホルダー 牡3
13,738万円
8 ダノンザキッド 牡3
12,555万円
9 グレナディアガーズ 牡3
12,152万円
10 アカイトリノムスメ 牝3
11,932万円
» もっと見る