最新競馬ニュース

【血統アナリシス】アーリントンカップ2021 マイルG1勝ちの実績を持つ非サンデーサイレンス系種牡馬に注目


ウマニティ


 1,131  1  0

【血統アナリシス】アーリントンカップ2021 マイルG1勝ちの実績を持つ非サンデーサイレンス系種牡馬に注目 |競馬ニュース|ウマニティ

ウマニティ重賞攻略チームが毎週末の重賞をあらゆる切り口で考察!今回はアーリントンカップ2021・血統予想をお届けします!


まず、アーリントンカップはNHKマイルカップのトライアルレースに指定されたことで、2018年に施行時期が2月下旬から4月中旬へと変更されている。

2020年タイセイビジョン(父タートルボウル)、2019年イベリス(父ロードカナロア)、2018年タワーオブロンドン(父Raven's Pass)、直近3年の勝ち馬はいずれもマイルG1勝ちの実績を持つ種牡馬の産駒で、勝ち馬3頭含め3着以内に好走した9頭のうち6頭が非サンデーサイレンス系であることも特徴と言えるだろう。

また、過去には中距離向きの血統馬も台頭していたが、マイルG1の前哨戦という明確な位置付けが成されたことで、以前よりもスピード能力を問われる比率が高まっている。事実、イベリスタワーオブロンドンの勝ち馬2頭はのちに芝1200m重賞でも好走しており、後者に至っては2019年スプリンターズSの勝ち馬となった。

ピクシーナイトは、父モーリス×母ピクシーホロウ(母の父キングヘイロー)。父モーリスはマイルG1を4連勝した実績を持ち、非サンデーサイレンス系という条件にも合致する種牡馬。また、近年の短距離質なスピードを問われる傾向についても、本馬は母の父が00年高松宮記念の勝ち馬キングヘイロー、近親にウキヨノカゼクィーンズバーンがいる血統背景を強調できるだろう。ただし、瞬発力勝負では分の悪いところがあるので、前走のように積極的な立ち回りができるか否かにも注目したい。

ホウオウアマゾンは、父キングカメハメハ×母ヒカルアマランサス(母の父アグネスタキオン)。父キングカメハメハは04年NHKマイルカップを制しており、母ヒカルアマランサスも10年京都牝馬Sを勝ち、10年ヴィクトリアマイルで2着になるなどマイル実績は申し分なし。前走朝日杯フューチュリティSの敗戦は着順で悲観するほど悪い内容ではなく、叔父カレンミロティックが息の長い活躍を続けていたことから、これからの成長力にも期待できるタイプだろう。

ジュリオは、父リオンディーズ×母ヒストリックレディ(母の父ネオユニヴァース)。父リオンディーズは15年朝日杯フューチュリティSの勝ち馬で、キングカメハメハ直仔の種牡馬という点では、一昨年の勝ち馬を出したロードカナロアと同じ。また、93年桜花賞を制したベガから続く牝系となり、叔母に14年桜花賞などマイル重賞3勝のハープスター、近親に芝とダートでマイルG1制覇を果たしたアドマイヤドン、と母系のマイル重賞実績には目を見張るものがある。


【血統予想からの注目馬】
ピクシーナイト ⑨ホウオウアマゾン ⑪ジュリオ

 ナイス!(1
 コメント(0

 コメントを書く

コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

関連競馬ニュース

新着競馬ニュース

人気競馬ニュース

会員登録(無料)でできること

レース情報

今週の注目レース

5月9日()
NHKマイル G1
新潟大賞典 G3
5月8日()
京都新聞杯 G2

⇒今週の番組表へ

先週のレース結果

5月2日()
天皇賞(春) G1
5月1日()
青葉賞 G2

⇒先週の番組表へ

総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 クロノジェネシス 牝5
87,342万円
2 コントレイル 牡4
83,051万円
3 オジュウチョウサン 牡10
78,846万円
4 グランアレグリア 牝5
74,022万円
5 キセキ 牡7
66,926万円
6 ダノンスマッシュ 牡6
58,435万円
7 インディチャンプ 牡6
57,504万円
8 ブラストワンピース 牡6
57,236万円
9 マカヒキ 牡8
56,210万円
10 ワグネリアン 牡6
51,244万円
» もっと見る

3歳
1 ソダシ 牝3
26,623万円
2 エフフォーリア 牡3
19,215万円
3 タイトルホルダー 牡3
13,738万円
4 ダノンザキッド 牡3
12,555万円
5 メイケイエール 牝3
11,465万円
6 ステラヴェローチェ 牡3
10,428万円
7 ワンダフルタウン 牡3
10,086万円
8 バスラットレオン 牡3
9,791万円
9 グレナディアガーズ 牡3
9,498万円
10 サトノレイナス 牝3
9,338万円
» もっと見る