最新競馬ニュース

【U指数的分析の結論!】阪急杯2021 マイナス要素のない“凄馬”インディチャンプの中心は揺るがない!


ウマニティ


 1,086  1  0

【U指数的分析の結論!】阪急杯2021 マイナス要素のない“凄馬”インディチャンプの中心は揺るがない! |競馬ニュース|ウマニティ

ウマニティ重賞攻略チームが毎週末の重賞をあらゆる切り口で考察!今回は阪急杯・U指数予想をお届けします!


U指数は、ウマニティが独自に開発した競走馬の能力値「スピード指数」で、その精度の高さから多くのユーザーに支持されています。ウマニティに会員登録(無料)すると重賞レースの出走予定馬全頭のU指数をご覧いただけますので、是非お試しください。
---------------------

過去5年間の結果を見ると、毎年U指数4位以内の上位馬が馬券に絡んでいる一方で、これまた毎年9位以下の指数下位馬が3着以内に食い込んでいる。しかも直近4年は、4位以内の2頭が2~3着、9位以下が1着となっており、まさに両極端。指数下位の一本釣りは難しい状況が続いている。よってアタマ狙いにはこだわらず、連複馬券の軸狙いとして、指数上位に注目するアプローチを採用するのが最も賢明かもしれない。直近3年で2~3着に好走した4位以内馬が、すべて4番人気以内の高い支持を集めていた点も参考になるだろう。
 
U指数上位かつ人気を集めることが予想される面々のなかで、抜けた存在と言えるのは1位のインディチャンプ(103.1)。出走してきたレース、戦ってきた相手が他馬よりワンランクもツーランクも上で、2位に3.2の指数差を付け“凄馬”の評価を受けている。G3に57キロで出走できるとなれば、この馬を軽視した馬券はちょっと考えられない。そのインディチャンプに、前走の阪神Cで快勝している2位のダノンファンタジー(99.9)も外せないだろう。
 
以下、ムラ駆けながら底力は十分にある3位のクリノガウディー(97.7)、実績のある千四で復活が期待される5位タイのレシステンシア(96.2)を押さえておく。

【U指数予想からの注目馬】
インディチャンプ ダノンファンタジー クリノガウディー レシステンシア

 ナイス!(1
 コメント(0

 コメントを書く

コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

関連競馬ニュース

新着競馬ニュース

人気競馬ニュース

会員登録(無料)でできること

レース情報

今週の注目レース

3月14日()
金鯱賞 G2
Fレビュー G2
3月13日()
阪神スプリJ G2
中山牝馬S G3

⇒今週の番組表へ

先週のレース結果

3月7日()
ディープ記念 G2
3月6日()
チューリップ G2
オーシャンS G3

⇒先週の番組表へ

総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 クロノジェネシス 牝5
87,342万円
2 コントレイル 牡4
79,611万円
3 オジュウチョウサン 牡10
78,186万円
4 グランアレグリア 牝5
72,022万円
5 キセキ 牡7
66,256万円
6 ブラストワンピース 牡6
57,236万円
7 マカヒキ 牡8
56,210万円
8 インディチャンプ 牡6
54,149万円
9 ワグネリアン 牡6
51,244万円
10 デアリングタクト 牝4
47,318万円
» もっと見る

3歳
1 ソダシ 牝3
13,437万円
2 ダノンザキッド 牡3
12,555万円
3 メイケイエール 牝3
11,465万円
4 タイトルホルダー 牡3
8,583万円
5 グレナディアガーズ 牡3
7,982万円
6 ステラヴェローチェ 牡3
7,250万円
7 ラーゴム 牡3
6,535万円
8 レッドベルオーブ 牡3
6,437万円
9 モントライゼ 牡3
5,865万円
10 エフフォーリア 牡3
5,572万円
» もっと見る