最新競馬ニュース

【馬場の有利不利、教えます!】ジャパンカップ2020 差し優勢!決め脚の鋭さが求められるコンディション!


ウマニティ


 6,058  5  0

【馬場の有利不利、教えます!】ジャパンカップ2020 差し優勢!決め脚の鋭さが求められるコンディション! |競馬ニュース|ウマニティ

ウマニティ重賞攻略チームが、毎週末の重賞をあらゆる切り口で考察!今回はジャパンカップ・馬場の有利不利、教えます! をお届けします!


土曜日の東京芝のレース結果、近年のジャパンカップの結果をもとに、馬場や血統のバイアスを考察していきます。予想の際にお役立てください。

水曜日に2.5ミリの降雨があったものの、その後の雨量はゼロ。土曜日の芝コースは終日良馬場(JRA発表)でレースが行われた。ちなみに、この中間は一時的な気温の上昇もあってか、連日のように散水作業を実施。そのため、良発表ながらも含水高めのソフトなコンディションだった。

土曜日の結果を見直すと、枠順は外め、脚質的には差し優勢。前開催の雨中競馬、前週の3日連続開催のダメージが残っているところに水分も重なって、内めに進路をとった逃げ・先行勢は苦戦。中~外めからスムーズに運んだ馬、あるいは内から中~外めへスイッチした差し馬の好走頻度が一段と高まっている。

日曜日午後からの降水確率は0%。ジャパンカップ=内優勢が定説ではあるが、土曜日の結果をみるに馬場の乾きが進んだとしても、内有利の状態に様変わりするとは考えづらい。ゆえに、枠順自体を過度に意識する必要はないだろう。

差し優位の状況を踏まえると、枠順よりも鋭い決め脚を備えているかどうかのほうが重要に思える。となれば、頼りになるのは近走でメンバー上位の上がり3ハロンタイムを記録している馬。なかでも、近2走ともに上がり3ハロン上位(2位以内)という、確かな末脚を持つ馬が有利とみる。

血統面に関しては、近5年のジャパンカップを振り返ると、父サンデーサイレンス系、ならびにキングカメハメハの系統産駒が順当に結果を残している印象。この2系統で3着以内延べ15頭すべてを占めている。該当する馬のなかから、軸をチョイスするのが正解だろう。

もう少し掘り下げると、近5年連続でレース全体のラスト1ハロンは12秒台。中盤のラップが緩まず、淀みのない流れになりやすいこともあってか、最後の1ハロンはほぼ平坦にもかかわらず上がりを要している。

相応の持久力が求められるゆえに、牡馬であれば2400m以上のG1で連対歴を持つ馬、牝馬の場合は確かな能力の証左ともいえるG1勝利経験のある馬が強い。近10回の優勝馬はいずれも該当。条件を満たす馬は高く評価してしかるべきだ。

今回の出走馬で、血統面と先述した馬場傾向(近2走ともに上がり3ハロン2位以内)の要点をともに満たしているのは、⑥コントレイル1頭のみ。よって当欄では、⑥コントレイルを本命に指名する。


【馬場予想からの注目馬】
コントレイル

 コメント(0

 コメントを書く

コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

関連競馬ニュース

新着競馬ニュース

人気競馬ニュース

会員登録(無料)でできること

レース情報

今週の注目レース

1月17日()
日経新春杯 G2
京成杯 G3
1月16日()
愛知杯 G3

⇒今週の番組表へ

先週のレース結果

1月11日(月)
フェアリーS G3
1月10日()
シンザン記念 G3

⇒先週の番組表へ

総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 クロノジェネシス 牝5
87,342万円
2 コントレイル 牡4
79,611万円
3 オジュウチョウサン 牡10
78,186万円
4 グランアレグリア 牝5
72,022万円
5 キセキ 牡7
66,256万円
6 ブラストワンピース 牡6
57,236万円
7 マカヒキ 牡8
56,210万円
8 インディチャンプ 牡6
53,529万円
9 サートゥルナーリア 牡5
52,359万円
10 ワグネリアン 牡6
50,624万円
» もっと見る

3歳
1 ソダシ 牝3
13,437万円
2 ダノンザキッド 牡3
11,144万円
3 グレナディアガーズ 牡3
7,982万円
4 メイケイエール 牝3
7,761万円
5 ステラヴェローチェ 牡3
6,870万円
6 レッドベルオーブ 牡3
6,437万円
7 モントライゼ 牡3
5,865万円
8 オーソクレース 牡3
5,249万円
9 ピクシーナイト 牡3
4,807万円
10 ヨカヨカ 牝3
4,702万円
» もっと見る