最新競馬ニュース

【ジャパンC】心身最高潮!ラス闘決めるアーモンド


©サンケイスポーツ


 3,108  2  0

【ジャパンC】心身最高潮!ラス闘決めるアーモンド |競馬ニュース|ウマニティ

 府中の女王よ、永遠に! アーモンドアイが有終の美を飾る。

 天皇賞・秋で史上初の芝GI8勝目。最後は並んで追い上げてきたフィエールマンクロノジェネシスに詰め寄られたものの、好位から抜け出す横綱相撲は盤石だった。

 これで東京の芝2000メートル以上では6戦6勝。安田記念では2年連続してスタートから流れに乗り切れずに敗れたものの、ある程度の距離があれば安心して見ていられる。もちろん、一昨年のジャパンCで驚異の世界レコードを樹立したように芝2400メートルもドンと来いだ。

 今回は中3週での参戦。春に中2週で臨んだ安田記念で2着に終わったために間隔の短さを懸念する声もあるが、今なら心配は無用だ。以前はレース後に熱中症のようなフラつきを見せるほどの“完全燃焼型”だったが、「体質が強くなったのか、天皇賞後は何の問題もなかった。その後も疲れらしい疲れは見られなかった」と、国枝調教師は胸を張る。前走時の馬体重は過去最高の490キロ。5歳秋にして心身とも最高潮とみていい。

 年下の3冠馬2頭とは初対戦だが、牙城は揺るがない。皐月賞日本ダービー2着サリオス桜花賞2着レシステンシアマイルCSで5、8着に終わり、オークス2着ウインマリリンエリザベス女王杯4着。今年の3歳馬が年長馬相手のGIで苦戦していることを思えば恐れるに足りない。

 阪神でのレース前日に美浦まで駆けつけて1週前追いに跨がったルメール騎手は、今週も当然のように愛馬の背中へ。

 「前走よりパワーアップして、トップコンディションになった。彼女はまだ走りたいみたい。改めていい結果を出せると思います」。前走後は人目もはばからずに涙した名手。芝GI9勝を成し遂げ、アーモンド“愛”を結実させる。

 “究極の3連単”はアーモンドを1着に固定。(5)デアリングタクトと(6)コントレイルを2着に従えた12点買いで世紀の一戦を見守る。(夕刊フジ)

ジャパンCの出馬表はこちら 調教タイムも掲載

 ナイス!(2
 コメント(0

 コメントを書く

コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

関連競馬ニュース

新着競馬ニュース

人気競馬ニュース

会員登録(無料)でできること

レース情報

今週の注目レース

1月31日()
根岸S G3
シルクロード G3

⇒今週の番組表へ

先週のレース結果

1月24日()
AJCC G2
東海S G2

⇒先週の番組表へ

総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 クロノジェネシス 牝5
87,342万円
2 コントレイル 牡4
79,611万円
3 オジュウチョウサン 牡10
78,186万円
4 グランアレグリア 牝5
72,022万円
5 キセキ 牡7
66,256万円
6 ブラストワンピース 牡6
57,236万円
7 マカヒキ 牡8
56,210万円
8 インディチャンプ 牡6
53,529万円
9 ワグネリアン 牡6
50,624万円
10 デアリングタクト 牝4
47,318万円
» もっと見る

3歳
1 ソダシ 牝3
13,437万円
2 ダノンザキッド 牡3
11,144万円
3 グレナディアガーズ 牡3
7,982万円
4 メイケイエール 牝3
7,761万円
5 ステラヴェローチェ 牡3
6,870万円
6 レッドベルオーブ 牡3
6,437万円
7 モントライゼ 牡3
5,865万円
8 オーソクレース 牡3
5,249万円
9 ピクシーナイト 牡3
4,807万円
10 ヨカヨカ 牝3
4,702万円
» もっと見る