最新競馬ニュース

【漆山“教授”のGI因数分解】デアリングタクト優位


©サンケイスポーツ


 1,706  7  0

【漆山“教授”のGI因数分解】デアリングタクト優位 |競馬ニュース|ウマニティ

 東大卒の漆山貴禎記者がGI的中への解法を探る『GI因数分解』。マイルCS的中で勢いに乗る理論派が、ジャパンの“3強”を徹底解析。過去30年の前走傾向から、世紀の対決で優位に立つのはデアリングタクトと断言した。

 ◇

 節目の40回目に世紀の対決が実現するジャパンC。そこで、1990年以降の過去30回の前走別傾向から3冠馬3頭を比較してみる。

 (1)好ステップ

 96年に創設された秋華賞からは過去に9頭が参戦し、【2・2・1・4】で連対率44・4%のハイアベレージをマークしている。さらに、連対していた馬に限定すれば【2・2・1・1】と信頼性がさらにアップ。余裕のあるレース間隔に加えて、軽量53キロのアドバンテージも大きい。

 (2)V馬は勝ち切れず

 牝馬は秋華賞だけでなく、天皇賞・秋をステップにしてきた馬も忘れてはいけない。【4・2・1・7】、連対率42・9%と甲乙つけがたい成績だ。ただし、天皇賞Vから臨んだ馬が【0・2・1・1】と善戦止まりに終わっている点は気がかりだ。ウオッカを例に取れば、2008年は1→3着で翌年は逆に3→1着。激戦を制した反動が出ているのかもしれない。

 (3)菊花賞組は余力?

 前走・菊花賞組は【2・3・3・26】。平均6・2番人気に対し、平均8・2着と苦戦傾向が否めない。しかも、馬体重が減った状態でラスト1冠を戦った馬はジャパンCで【0・0・1・6】だ。しかも、3頭の菊連対馬が含まれているのは軽視できない。マラソンレースを走り切ったあとの、お釣りのない状態で出走し、疲れが出ていると推察する。

 注目馬 “3強”で優位に立つのはデアリングタクトだ。ぶっつけ本番で臨んだ秋華賞を完勝。馬体重も14キロ増と大きく成長していた。絶好のローテに加え、父エピファネイアは14年に4馬身差Vと強調材料に事欠かない。

 アーモンドアイ天皇賞・秋で連覇を達成。ただ、完璧なレース運びだったにもかかわらず、スタート直後に不利のあったフィエールマンに半馬身差まで詰め寄られたのには不満が残る。中3週も気がかりだ。

 コントレイルは2キロ減で臨んだ菊花賞を薄氷のクビ差でV。中間の攻め気配が今ひとつ上がってこないのは、激闘から回復し切っていないからなのか…。今週の追い切りに注目したい。

 GII経由で余力を残して挑むグローリーヴェイズカレンブーケドールも気になる存在。追い切りの動きや枠順を加味して、週末に結論を出す。(漆山貴禎)

ジャパンCの特別登録馬はこちら 調教タイムも掲載

 コメント(0

 コメントを書く

コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

関連競馬ニュース

新着競馬ニュース

人気競馬ニュース

会員登録(無料)でできること

レース情報

今週の注目レース

1月17日()
日経新春杯 G2
京成杯 G3
1月16日()
愛知杯 G3

⇒今週の番組表へ

先週のレース結果

1月11日(月)
フェアリーS G3
1月10日()
シンザン記念 G3

⇒先週の番組表へ

総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 クロノジェネシス 牝5
87,342万円
2 コントレイル 牡4
79,611万円
3 オジュウチョウサン 牡10
78,186万円
4 グランアレグリア 牝5
72,022万円
5 キセキ 牡7
66,256万円
6 ブラストワンピース 牡6
57,236万円
7 マカヒキ 牡8
56,210万円
8 インディチャンプ 牡6
53,529万円
9 サートゥルナーリア 牡5
52,359万円
10 ワグネリアン 牡6
50,624万円
» もっと見る

3歳
1 ソダシ 牝3
13,437万円
2 ダノンザキッド 牡3
11,144万円
3 グレナディアガーズ 牡3
7,982万円
4 メイケイエール 牝3
7,761万円
5 ステラヴェローチェ 牡3
6,870万円
6 レッドベルオーブ 牡3
6,437万円
7 モントライゼ 牡3
5,865万円
8 オーソクレース 牡3
5,249万円
9 ピクシーナイト 牡3
4,807万円
10 ヨカヨカ 牝3
4,702万円
» もっと見る