最新競馬ニュース

【重賞データ分析】ラジオNIKKEI杯京都2歳ステークス2020 グロリアムンディを最上位に、ラーゴムを2番手評価


ウマニティ


 1,352  1  0

【重賞データ分析】ラジオNIKKEI杯京都2歳ステークス2020 グロリアムンディを最上位に、ラーゴムを2番手評価 |競馬ニュース|ウマニティ

ウマニティ重賞攻略チームが毎週末の重賞をあらゆる切り口で考察!今回はラジオNIKKEI杯京都2歳ステークス・データ予想をお届けします!


【前走着順】
前走の着順に関しては、非重賞ならば2着(新馬・未勝利は1着)、重賞の場合は3着がボーダーライン。重賞に昇格した、2014年以降(すべて京都開催)の3着以内全馬がこの条件を満たしていた。

【前走の上がり3ハロン順位】
2014年以降の1~2着馬は、いずれも前走の上がり3ハロンタイムが5位以内だった。前走の上がり3ハロンタイム順位が6位以下だった馬は、劣勢を強いられている。

【初勝利】
2014年以降の2着以内12頭は、すべてデビュー2戦目までに勝ち名乗りを挙げていた。初勝利に3戦以上を要していた馬は、過信禁物とみるべきだろう。


【データ予想からの注目馬】
上記3項目でマイナス面がないのは、グラティトゥーグロリアムンディダノンドリーマーラーゴムの4頭。トップにはグロリアムンディを挙げたい。2014年以降、6年連続で2着連対圏を確保している、前走1番人気馬に該当。当レースで活躍顕著な、前走上がり3ハロン1位かつ1着馬であることも評価ポイントだ、

今回と同じ舞台の阪神芝2000mで勝ち鞍がある、ラーゴムを2番手に。紫菊賞僅差2着のグラティトゥー、2歳コースレコードで勝ち上がったダノンドリーマーにも相応の警戒が必要だろう。

<注目馬>
グロリアムンディ ラーゴム グラティトゥー ダノンドリーマー

 ナイス!(1
 コメント(0

 コメントを書く

コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

関連競馬ニュース

新着競馬ニュース

人気競馬ニュース

会員登録(無料)でできること

レース情報

今週の注目レース

1月31日()
シルクロード G3
根岸S G3

⇒今週の番組表へ

先週のレース結果

1月24日()
AJCC G2
東海S G2

⇒先週の番組表へ

総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 クロノジェネシス 牝5
87,342万円
2 コントレイル 牡4
79,611万円
3 オジュウチョウサン 牡10
78,186万円
4 グランアレグリア 牝5
72,022万円
5 キセキ 牡7
66,256万円
6 ブラストワンピース 牡6
57,236万円
7 マカヒキ 牡8
56,210万円
8 インディチャンプ 牡6
53,529万円
9 ワグネリアン 牡6
50,624万円
10 デアリングタクト 牝4
47,318万円
» もっと見る

3歳
1 ソダシ 牝3
13,437万円
2 ダノンザキッド 牡3
11,144万円
3 グレナディアガーズ 牡3
7,982万円
4 メイケイエール 牝3
7,761万円
5 ステラヴェローチェ 牡3
6,870万円
6 レッドベルオーブ 牡3
6,437万円
7 モントライゼ 牡3
5,865万円
8 オーソクレース 牡3
5,249万円
9 ピクシーナイト 牡3
4,807万円
10 ヨカヨカ 牝3
4,702万円
» もっと見る