最新競馬ニュース

【マイルCS】レシステンシアぶっつけ本番なんの!果敢な逃げで後続完封だ


©サンケイスポーツ


 3,327  3  0

【マイルCS】レシステンシアぶっつけ本番なんの!果敢な逃げで後続完封だ |競馬ニュース|ウマニティ

 極限のスピード比べならお任せあれ! 6カ月半ぶりのレシステンシアが究極の“ロングシュート”を突き刺す。

 先週の阪神は相変わらずの超高速馬場。デイリー杯2歳Sで2歳コースレコードが記録され、エリザベス女王杯はコースレコードに0秒2差まで迫った。今週末も好天が続く見込みで、スピードの絶対値に着目したい。

 そこで浮上するのが昨年の2歳女王だ。阪神JFを5馬身差で逃げ切り、タイム1分32秒7(良)は、あのウオッカの2歳コースレコードを13年ぶりに塗り替える快記録。サリオスが勝った翌週の朝日杯FSより0秒3も速く、牡馬一線級に伍してもまったく見劣らない速力の証明となった。

 NHKマイルC2着後に左前脚の軽度の骨折が判明し、今回は約半年ぶりのぶっつけ本番で、調教後馬体重は前走比38キロ増の514キロ。しかし、追い切りの動きには重苦しさなど一切なく、むしろ春よりもパワーアップしている。坂路で11日に4F51秒9、ラスト1F11秒6の猛時計をマークし、18日も馬なりで同52秒0、12秒0。巨体を揺らして駆け上がる姿は迫力満点だ。

 3週連続で追い切りに跨った北村友騎手は、「いつも思っている以上に時計が出ます。本当にスピードがありますね」と改めて能力にほれ込んだ様子。そして「僕が無駄なことをするより、この馬のリズムで走らせたほうが最後まで頑張ってくれそう」と結んだ。

 今年初戦のチューリップ賞は前半をスローに落とした影響もあってか、阪神JFで完封したマルターズディオサクラヴァシュドールに逆転を許しての3着。その後の2戦は手綱が離れてしまった。もう同じ轍は踏まない。果敢な逃走劇で後続をシャットアウトする。

 “究極の3連単”はレシステンシアグランアレグリアを1・2着に固定。3着候補に6頭を置いた12点で勝負!(夕刊フジ)



マイルCSの出馬表はこちら 調教タイムも掲載

 コメント(0

 コメントを書く

コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

関連競馬ニュース

新着競馬ニュース

人気競馬ニュース

会員登録(無料)でできること

レース情報

今週の注目レース

11月29日()
ジャパンC G1
京阪杯 G3
11月28日()
京都2歳S G3

⇒今週の番組表へ

先週のレース結果

11月23日(月)
東スポ2歳S G3
11月22日()
マイルCS G1

⇒先週の番組表へ

総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 アーモンドアイ 牝5
121,633万円
2 オジュウチョウサン 牡9
78,186万円
3 グランアレグリア 牝4
72,022万円
4 ラッキーライラック 牝5
69,247万円
5 キセキ 牡6
66,256万円
6 フィエールマン 牡5
63,378万円
7 ブラストワンピース 牡5
57,236万円
8 クロノジェネシス 牝4
57,002万円
9 マカヒキ 牡7
56,210万円
10 サートゥルナーリア 牡4
52,359万円
» もっと見る

3歳
1 コントレイル 牡3
67,519万円
2 デアリングタクト 牝3
39,771万円
3 サリオス 牡3
33,089万円
4 レシステンシア 牝3
20,813万円
5 ラウダシオン 牡3
19,965万円
6 オーソリティ 牡3
15,779万円
7 ヴェルトライゼンデ 牡3
15,081万円
8 タイセイビジョン 牡3
14,621万円
9 ウインマリリン 牝3
13,921万円
10 サトノフラッグ 牡3
13,424万円
» もっと見る