最新競馬ニュース

【俺のチェックポイント】激変ある!ダノンプレミアム


©サンケイスポーツ


 2,290  4  0

【俺のチェックポイント】激変ある!ダノンプレミアム |競馬ニュース|ウマニティ

 東西の現場記者がGI出走馬の気になる点を関係者に直撃する「俺のチェックポイント」。天皇賞・秋の3日目は大阪サンスポの宇恵英志記者が昨年の2着馬ダノンプレミアムに熱視線を送った。川田騎手を背に栗東CWコースで1馬身先着。併走追い切り主体に変え、中間は馬具も工夫。安田記念13着からの変わり身ムードが漂う。

 ◇

 熱心な調整過程、馬具の工夫に、安田記念13着からの変わり身を求める陣営の意図が見える。最終追い切りでは、3年前の朝日杯FS勝ち馬ダノンプレミアムをチェックしたかった。川田騎手を背にCWコースでラスト1ハロン11秒7(6ハロン83秒3)と脚を伸ばし、スワーヴドン(1勝クラス)に1馬身先着。追い切り後、普段の調整役を務める猿橋助手を直撃した。

 「先週の追い切り後から、ガラッと毛づやが良くなりました。調子は良さそう。いい雰囲気です」。見逃せないのは、今回は併走追いを主体にしている点。3歳春以降、単走追い中心だった調整方法を変えてきた。手を抜く面が出ないよう、相手と走らせることで気持ちを乗せ、最後まで頑張らせるためだ。

 「いい動きをする馬ですが、体を使って走れていますよ」。1週前追い切り(22日)ではブリンカーを着用し、さらにクロス鼻革も装着する周到ぶりだ。「舌が(ハミから)越さないように、です。(馬具装着が)いい方に出てほしい」。安田記念は直線の入り口付近でバランスを崩した際に、舌を喉に巻き込み、呼吸が苦しくなったのが大敗の理由と考えられる。制御力の強い鼻革を着けることで口を割らず、正常な位置に舌が収まれば前走のような結果にはならないだろう。

 2歳王者に輝き、日本ダービー(6着)では、1番人気に支持された世代最高の能力の持ち主。昨秋の天皇賞、マイルCSで連続2着の走りからも、“単なる2歳王者”にとどまらない高いポテンシャルを秘めている。調教内容の変更、新しい馬具が起爆剤となれば、大変身の走りを披露する可能性は十分にある。

 「スイッチが入ってほしいですよ」と猿橋助手も本領発揮を望んでいる。“OFFからON”へ…。激変の期待が高まってきた。(宇恵英志)

★クロス鼻革…鼻の上に通すX状の革ひもで、クロスノーズバンドともいう。口の閉まり具合が良くなり、走りに集中し、ハミのズレや舌が越すのも防ぐ。

天皇賞・秋の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

 コメント(0

 コメントを書く

コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

関連競馬ニュース

新着競馬ニュース

人気競馬ニュース

会員登録(無料)でできること

レース情報

今週の注目レース

11月29日()
ジャパンC G1
京阪杯 G3
11月28日()
京都2歳S G3

⇒今週の番組表へ

先週のレース結果

11月23日(月)
東スポ2歳S G3
11月22日()
マイルCS G1

⇒先週の番組表へ

総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 アーモンドアイ 牝5
121,633万円
2 オジュウチョウサン 牡9
78,186万円
3 グランアレグリア 牝4
72,022万円
4 ラッキーライラック 牝5
69,247万円
5 キセキ 牡6
66,256万円
6 フィエールマン 牡5
63,378万円
7 ブラストワンピース 牡5
57,236万円
8 クロノジェネシス 牝4
57,002万円
9 マカヒキ 牡7
56,210万円
10 サートゥルナーリア 牡4
52,359万円
» もっと見る

3歳
1 コントレイル 牡3
67,519万円
2 デアリングタクト 牝3
39,771万円
3 サリオス 牡3
33,089万円
4 レシステンシア 牝3
20,813万円
5 ラウダシオン 牡3
19,965万円
6 オーソリティ 牡3
15,779万円
7 ヴェルトライゼンデ 牡3
15,081万円
8 タイセイビジョン 牡3
14,621万円
9 ウインマリリン 牝3
13,921万円
10 サトノフラッグ 牡3
13,424万円
» もっと見る